山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

鶏もつ煮込み

ほぼひと月ぶりに、昭和酒場「赤津加」入店。前日、店に電話すると、17時30分から18時30分までに入ることができれば予約可と云われ、18時30分に4人で予約。みんなが揃うまで、テーブル席に座って店内の様子を繁々見ていた限り、一階にある五つのテーブル席は、我々の席を含め全て予約で埋まっている様子。一人、もしくは二人連れだけが予約なしに入ってきて、偶々カウンター席が空いていればラッキー、という感じ。予約の大人数は二階へ上がっていく。でもこの店は、やっぱりカウンター席の方が良さそうだ。もうひとつ気が付いたことだが、この店の照明(特にテーブル席)は抑えめなので、f3.5程度のカメラレンズではフラッシュが無いとちょっと厳しい・・・。
みんなが来ないうちにばくばく喰う訳にもいかないので、ビールの肴に銀杏を注文。大粒で美味い。そのうち、先ず凸さん到着。おつかれさん、とビールで乾杯。鶏もつ煮込みを注文。土鍋に入って出てくる。もつも美味いが、特にスープが絶品である。のんちゃん登場。スマホMapを見ながら問題なく到着できたようだ。またビールでおつかれさん、おひさしぶり、と乾杯。最後に隊長到着し、改めて乾杯。鶏もつ煮込みを追加注文。他に鶏なんこつ、するめとニラ炒め、アナゴ照焼、厚焼き卵などを注文。するめとニラ炒めは如何にも赤津加らしい一品。厚焼き卵は大変、ボリュームがある。酒に切り替え、先ずは菊正宗・生酒、そのあとはひたすら燗酒。だいぶ出来上がった頃、アユラシ出現サプライズ。再び大いに盛り上がった。

PA290514

PA290519

PA290522

PA290523

PA290524

PA290525

PA290526

PA290527
 

昭和ノスタルジー居酒屋訪問シリーズ第6回は、秋葉原の「赤津加」。秋葉原駅を出て、多くのメイド姿の客引き達を横目で見ながら進んだ先に、こんな店が現れると嬉しいだけでなく、やはりちょっとびっくりするし、よくぞこんなところに残っていてくれたものだと、密かに感動もする。板塀に白壁の建物は、秋葉原の歓楽街にあっては逆に目立つ。時代に媚びない姿勢が素晴らしい。
今回も、予約なしでアユラシがテーブルを確保していてくれた。多少入れ替わりはあるものの、常に殆ど席は埋まっている。席に着いたら、さっそく生ビール。そのあとは、菊正宗燗酒。つまみはマグロブツ、肉じゃが、鶏もつ煮込み、さんまのおろし煮、タコと茄子のうま煮(だったかな?)、お新香盛り合わせ等を注文。さんまのおろし煮などは、居酒屋の肴を超えていて、これだけで結構楽しめる。ここは定番メニュー以外に、季節によっていくつかの旬のメニューを入れ替えているようなので、年中きてもいろいろ楽しめそうだ。
(残念ながらスマホ(Galaxy S3)画像なので、鮮明さはご容赦願いたい)

 20140924_183153

20140924_183352

20140924_183534

20140924_185337

20140924_192734

20140924_194256

20140924_194331

↑このページのトップヘ