山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

鴨の薫製

大菩薩嶺からの帰り道。締めは、兄が友人と一杯やる際に時々通っていると云う、八王子駅南口にある蕎麦屋「まかど」に行ってみた。念のため電話を入れて、席を確保。八王子は、「ロマン地下」にある「「燻製バル68」」に行って以来(その時のレポはこちら)なので、いつのまにか半年ぶりである。駅南の子安町界隈は、八王子育ちの小生でも馴染みが薄い地区。行く度に新しい発見がある。
店は駅から7、8分ほどの処にあり、外観は古民家風に古木を再利用したような、落ち着いた佇まい。内装も同様で、酒と蕎麦をゆっくり味わえる雰囲気だ。我々は右手奥の大きなテーブルに着地。さて先ずは日本酒。「澤乃井」、「〆張鶴」、「八海山」、「浦霞」と有名どころに加えて、「相模灘」の純米吟醸もあった。ちょっと高めだが(980円)、それ、いってみよう、と注文し乾杯。いただいてみると、旨味があるが基本的にすっきりジューシー系。相模原市の津久井にある造り手(久保田酒造)。意外に身近な場所に美味い酒があった。
つまみには蕎麦屋としてはかなり豊富。豆腐の味噌漬け、冷やしトマト、揚げなす、鴨の薫製、もろきゅうを注文。それと稚鮎の天ぷらがあるというので、せいろとセットで注文。豆腐の味噌漬けは、クリームチーズの様な濃厚な味で、旨味の強い日本酒にもぴったりくる。意外に蕎麦屋のメニューで見掛けることは無い。冷やしトマトもありそうで無いことが多い。日本酒の口直しには丁度良いと思う。
八王子で蕎麦屋と云えば、座忘、車屋、いっこう、山泉と美味い店が多いが、ここ「まかど」の蕎麦もかなり美味い。調べてみると、ここは一茶庵系の店のようだ。酒のつまみが豊富で、蕎麦が美味いとなれば申し分ない。ついでに云えば、八王子の地酒も置いてくれると有難い。子供の頃、たしか4軒ほど造り酒屋があったと記憶しているが、いつのまにか次々廃業していて、今は八木町にある小澤酒造場のみ。銘柄は「桑の都」。是非、これを置いておいて下され。
そおいえば、白春酒造とか中島酒造、西岡酒造なんて昔あったなあ。うちの親父さんは、たしか西岡酒造の「社会冠」を呑んでた。たしか、西岡酒造と小澤酒造場は、道を隔てて向かい合っていた筈。どうしたんだろうと調べてみると、西岡酒造は福井市にある河村酒造と合併・移転して、西岡河村酒造となってしまったようだ。西岡酒造のもう一つのブランドだった「月丸」は、今も西岡河村酒造が造っているらしい。なんとまあ驚いた。

DSC02773

DSC02774

DSC02775

DSC02776

DSC02777

DSC02779

DSC02780

DSC02782

DSC02784

DSC02783

DSC02785

  人気ブログランキングへ

「肉の大山」で少々腹を満たした後は、やっぱり蕎麦で締めくくることにして、さて何処にしようか。「上野藪」は目の前だが、できれば入ったことが無い店にしてみたい。そこで、予てより気になっていた「蓮玉庵」へ行ってみることにした。
安政六年創業。桜田門外の変が安政七年だそうだから、それよりも古いことになる。日本刀を手挟んだ武士が跋扈していた時代からやっていた、と聞くだけでなにやら畏れ多い。逆に、武家の時代が、そんなに昔ではないような気もして来る。明治の文豪、森鴎外や斉藤茂吉も贔屓にしていたとのこと。斉藤茂吉は「蓮玉庵」の実名を入れて詠んだ短歌もあるそうだから、相当な入れ込みである。福山雅治がロハで「蓮玉庵」のテーマソングを作ったようなものである(ちょっと違うか)。坪内逍遥や樋口一葉も、作品の中で描写しているそうだが、どちらも確認できそうに無い(旧かな遣いの文章は、かなり抵抗があるし・・・)。
外観はなかなか渋いが、なかに入ると意外にモダン。丁度、テーブル席が埋まったところのようで、少々お待ち下さいと、姉御肌の女性店員が仰る。すると偶々、もう帰ると立ち上がった客が居て、すんなりと座れた。客はほぼ全て、夫婦かカップルである。たしかに場末居酒屋大好きオヤジ連や、姦しおばさん同志では何だかしっくりこない。みなさん殆ど酒なんか呑まずに、蕎麦を手繰っているだけだ。
こっちはそんな気、毛頭にない。メニューを見ると、板わさや焼き海苔、つくね、玉子焼きなど、ほぼ蕎麦屋定番の一品料理が並んでいる。でも、そのうち、つくねと玉子焼は5時からとなっていて、ランチ時には頼めない。ふーむ、他に無いものかとあたりを見回すと、「鴨の薫製」の貼り紙。では、それを頂こう。さっき、「肉の大山」で揚げものを喰ったので、これ以上頼むと蕎麦が喰えなくなる。ビールもやめて、最初から冷酒。「菊水の辛口」をちびちび呑む。
そうこうしているうちに、せいろそばがやってくる。手繰ってみると、コシと云うよりも弾力を感じる。つるつるっと直ぐに無くなってしまった。蕎麦湯は、やかんに入って出てきた。やけに年季が入っている。モダンな店内で、そこだけがこの店の歴史を語っているような気がした。

DSC00221

DSC00222

DSC00223

DSC00224

DSC00225

DSC00226

DSC00227

DSC00228

なんと・・・、池之端藪蕎麦が閉店してしまった・・・。大ショック。

DSC00229
 

↑このページのトップヘ