山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

鯖刺身

「ダンダダン酒場」を出た後、駅に向かって歩き出すと、まだ時間は早いですよね、呑み足りないですぅ~、と宣う御方がいらっしゃる。時計を見れば、確かにまだ7時前。ならばもう一軒梯子しますかと、4人で逆方向へ歩き出すことになった。
歩きながら、最寄りの店に考えを巡らすと、「狸穴」が呼んでいる気がした。そう云えばこのところ、ちょっとご無沙汰している。まさか、もう店が無くなっているなんてことないだろうな、などと思いつつ店の入口を潜ると、丁度客が入れ替わったところなのか、それともまだこれから予約客が来るところなのか判らないが、あれれ・・・店主以外、誰もいない・・・。恐る恐る、予約していないけど入れますか?と聞いてしまう。大丈夫ですよ~、と店主が二つ返事。大丈夫なのかね。ともあれ、入れて良かった。
調べてみれば「狸穴」は、一昨年以来4回目(前回の記録はこちら)。例の大雪を未だ経験していない頃のこと。もう、随分昔のような気がする。
席に着いたらとりあえず、日本酒。「小左衛門・純米吟醸・初のしぼり」は初めて呑む酒。片口にたっぷり、すりきり(福井的に、つるつる)一杯いただく。片口の注ぎ口にぐい呑みを置いて溢さないようにするところが良い。この「初のしぼり」は、呑み口すっきりで爽やか。さすが新酒という感じである。次に呑んだ「庭のうぐいす」は、「青海」で呑んで以来だわ、となおちゃんが仰る。恐るべき舌の記憶力である。そのうち、日本酒利き酒師になっても可笑しくない。
つまみは鯖刺身、魚介の燻製盛り合わせ、鯛酒盗、梅水晶を注文。ここの鯖は酢で締めておらず毎度、美味いと思う。わさびでなく、からしで喰うのが狸穴流。我々関東人は、生で鯖を喰うことにやや抵抗を感じるが、その理由はアニサキスの存在。ところが、九州北部で獲れる鯖には何故か、アニサキスは寄生していないか、居たとしても内臓だけらしい。だから九州人は、普通に鯖刺身を喰うと云うわけ。ところでこの店の鯖、まさか九州北部産ですよね・・・?

_DSC1707

_DSC1698

_DSC1699

_DSC1700

_DSC1702

_DSC1703

_DSC1705

_DSC1706

_DSC1709
 

風祭から小田原へ移動、久しぶりに「さくら駅前店」にやってきた。そう云えば、前回も今回も、明星ヶ岳から下りてきた。予め、午後4時半で予約した上での入店。我々が最初の客だったが、続いて熟年女性集団がどやどやと入ってきて、たちまちテーブル席はほぼ一杯。カウンター席も、我々のリュックサックで3分の1ほど埋め尽くされた。
カウンター席に相対して細長い厨房が丸見えの純和風スタイル、料理人姿の男衆ばかり4人が並んでいる。調理中でも、声をかければすぐに応じてくれるところが良い。
席に着いて先ずビールを呷ったあとは、料理を注文する。ここは「地魚の店」という看板を掲げるだけあって、魚料理が豊富。そこで、金目の煮付け、刺身盛り合わせ、桜エビかき揚げ、カマス塩焼き、カレイ唐揚げ、鯖刺身、等々、存分に魚を堪能した。金目鯛はやや旬を過ぎたかも知れないが、脂がのっていて身がぷりぷりである。サクラエビは丁度良い季節。他にデミグラソースを使った牛すじ煮込みや、さくらオムレツ、新竹の子刺身なんてものもいただいた。特に、生竹の子はまさに今が旬、贅沢な喰い物だ。
ビールの後は日本酒。「箱根薔薇」(つまりサンショウバラ)という名前がついた「箱根山」ブランドの吟醸造生貯蔵酒を呑む。すっきり系だが円やかさも併せ持つ、すいすい呑めるあぶない系統の酒である。
この店では、日本酒は木製徳利で出てくる。これがなかなか具合が良い。注ぎ口が細く、かつ酒がスムーズに出てくるので、目いっぱい傾けても猪口がすぐ溢れてしまうようなことにはならない。店の人が最初の一杯を注いでくれるが、その際は、徳利を高く掲げ遥か下の猪口目がけて、溢さずに注ぐパフォーマンスをやってくれる。これは、我々でもすぐ出来るほど、徳利の構造が優れているということ。かなり気に入ったので、思わず通販で探してゲット。さっそく家呑みで愛用している。

_DSC7361

_DSC7362

_DSC7364

_DSC7365

_DSC7366

_DSC7367

_DSC7368

_DSC7369

_DSC7370

_DSC7371

_DSC7372

_DSC7373
 
_DSC7374

_DSC7375

_DSC7376

_DSC7377

_DSC7378

_DSC7379

_DSC7380

_DSC7381
 

↑このページのトップヘ