山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

鮎正宗

木曜日は適当に効率よく仕事を切り上げて、定時前に逃げるように早退(とは云っても、ちゃんと午後半日年休を取得済)。門前仲町でカミさんと待ち合わせ。今宵の目当ては鮎、である。幸いにも鮎のシーズンが終わる今月末に何とか間に合って帰国することができたが、残念ながら寄居の京亭や何処ぞの簗まで足を延ばすまでの暇がない。そこで都内で鮎料理に舌鼓を打とうと、門前仲町の「山幸」にやってきた次第。他にも鮎をウリにする店はいくつかあるが、ここが最もリーズナブルでかつ交通の利便性も申し分ない。
生憎の本降りの雨だったが、門前仲町は雨でも似合う。17時開店よりも少々早めに到着。それでも既に暖簾は出ていたので早速入店。入って直ぐ左に囲炉裏が切ってあって、椅子が並んでいる。その奥がカウンター席、さらに奥がテーブル席で、詰めれば6人ぐらい座れそうだが、我々二人でそこへ通される。二階には座敷もあるらしい。先客は居なかったが、あとから独り客がカウンター、3人グループが囲炉裏席にやってきただけ。実に静かである。
既に5,400円(税込)の鮎尽しコース料理を予約済み。呑みものは先ず生ビールからだが、そのあと直ぐ日本酒へ移る。ここは日本酒の種類が豊富。折角なので、上越の「鮎正宗」にする。この酒は、基本的に鮎料理店以外でお目にかかることはない。
先付けは甘露煮とうるか。甘露煮は頭まで柔らかい。このうるかは白子がベース。確か、高山の京やでも食べた。これさえあれば、何杯でも酒が進む。次はお作り。美味いのは間違いないが、刺身は鮎らしさが余り感じられずにやや物足りない。その点、やっぱり塩焼きは苦味が利いたワタも一緒に喰えるので、鮎を存分に味わえる。お作りで残った骨は、素揚にしてくれた。心遣いが嬉しいし、香ばしさも格別。天ぷらもほっこり美味い。そして最後は鮎飯とつみれ汁。多少お腹が一杯であっても鮎飯を喰わない選択肢は無い。
この店の鮎尽くしには大満足。何故これほど空いているのか理解できないが、恐らく雨のせいだろう。是非また来たい。

20170928_165841

20170928_170022

20170928_170029

20170928_170054

20170928_170117

20170928_170420

20170928_171450

20170928_171637

20170928_173849

20170928_175213

20170928_180941

20170928_183455

20170928_183732

20170928_185416

20170928_185423

我らが隊長の韓国転勤という大事態が発生した。本人の公私へのインパクトが最大であるのは当然だが、我等の山岳会への影響も甚大である。元々女性パワーに押されっ放しの男性陣は、今後暫く、益々劣勢に立たされることが確実、もはや風前の灯状態となった。今後はすべて女性陣に牛耳られ、男子連はおこぼれを頂戴するまで、隅っこで小さくなっているしかなさそうな、危機的状況である。もう山登りは女子連にお任せし、我々は居酒屋で山のお帰りを待つということにするか・・・。
それはさておき、壮行会である。和にするか洋にするかで少々悩んだが、当人の意向も伺ってやっぱり蕎麦屋で決定。さて次は、何処の蕎麦屋にしようかと考えるに、参加者は西は立川、東は千葉からやって来るので、適当なところとなるとお茶の水・神田あたりか・・・。そこで神楽坂にあるここ「酒蕎庵まろうど」にしてみた。総勢18名の大宴会になるが、なんとか入ることが出来た。
店に入ると、我々のテーブル席がずらりと並んでいて、左手手前がカウンター席、奥が小上がりとなっていて結構広い。今回頼んだ3,500円のコースは、前菜と刺身、かき揚げ天麩羅、メインはきのこ鍋、そして締めはもちろん蕎麦となっている。
ここの蕎麦はちょっと変わっていて、つなぎに山ゴボウの葉っぱを使っていると云う。そのせいか手繰ってみるとかなりコシが強い。その土地(長野県飯山市富倉)の名前から、富倉蕎麦と称するらしい。調べてみるとこの店は、本店が斑尾高原にある民宿だ。北信の民宿が、東京・神楽坂に蕎麦屋を開いていると云うわけ。何か強い思い入れを感じる。
酒は、妙高界隈の地酒が豊富。君の井、雪中梅、千代の光、鮎正宗、水尾、片っ端から全部頼む。旧新井市生まれのアユラシは当然、全てに通じている。
今回は隊長壮行会ということもあって、普段、なかなか会う機会がない"鳥見チーム"や、時々呑み会には姿を現す方々も一同に会し、大いに盛り上がった。都合が付かずに来られなかった方々を含め、隊長の帰朝時にはまた皆で集まり盛大にやりたい。ちなみに今回の参加者で、男性陣は18人中7人。普段の山行も、そのくらいの比率だったらまだ格好がつくが・・・。今後、残された男性諸氏の一層の奮闘を期待するしかない。

_DSC1288

_DSC1289

_DSC1290

_DSC1291

_DSC1292

_DSC1293

_DSC1294

_DSC1295

_DSC1296

_DSC1297

_DSC1298

_DSC1299

_DSC1302

_DSC1305

_DSC1311

_DSC1312

_DSC1313
 

↑このページのトップヘ