山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

雪中梅

甥が勤める会社が直ぐ傍なので、甥と神保町で呑むことにした。この頃、仕事の都合で都心へやってくる機会がすっかり減り、呑み会を口実にすることばかり。わざわざ小一時間かけてやってくるのではなく、会社の帰りに、神保町の裏路地にちょっと寄り道していく、なんて羨ましい限りである。
神保町と云えば、昔から「さかいや」や「ICI石井スポーツ」などの山用品店があるので、高校生の頃から知っていた街。尤も、その頃はまだ、都営新宿線が開業していなかったから、中央線のJR水道橋駅から通っていた。ちなみに、最初に買った(と云うか最初で最後の)キスリングは、「さかいや」オリジナルだった。はじめの頃、パッキングには苦労した。
呑み屋街にしても、以前、隊長の勤め先があった関係上、これまで何度も足を運んだことがあるし、この頃も「カギロイ」(但し、住所は神田小川町)や「酔の助」、「放心亭」、「ミロンガ・ヌオーバ」、「シュヴァルツヴァルト」などに入ったりしているので、結構、馴染み深い街である。しかし、ここ「こんごう庵」はいつも素通りばかりで、久しく入ったことが無かった。
19時過ぎ。覗いてみると、まだいくつかテーブル席が空いている状態。奥に座敷もあるようだ。4人掛けのテーブルに着く。生ビール(550円税別、以下同様)で喉を潤した後は日本酒。ここは越後の有名どころの酒がずらり。久保田萬寿(1,800円!)だってある。でもやっぱり、雪中梅(700円)にした。店員が「口開けですよ」と云いながら、桝に入ったグラスに注いでくれる。いつもながら、何杯でもイケる良い酒である。
つまみは、新潟おつまみ盛り合わせ(1,280円)、ジャンボ油揚げ(580円)、天然地魚盛り合わせ(1,680円)、漬物盛り合わせ(?失念?)を頼んだ。新潟おつまみ盛り合わせは、ひとりだったらこれで十分、と云うくらいのボリューム。ポテトサラダもついてくるが、殆どマヨネーズを使わない、ほっこりタイプで珍しい。天然地魚盛り合わせは、切り身が随分と大ぶりだ。他にも色々あって、もっと頼みたいところだが、腹はもうこれ以上いらない感じ。今度来るときには、違った料理を試してみたい。
そう云えば、ここは新潟の料理をウリにしている店なので、蕎麦もへぎそばである。・・・しまった、蕎麦屋に入ったのに蕎麦を喰うのを忘れた! また来る口実ができたから、いっか!

20160630_190242

20160630_190945

20160630_191202

20160630_191319

20160630_191324

20160630_202826

20160630_210826

 

我らが隊長の韓国転勤という大事態が発生した。本人の公私へのインパクトが最大であるのは当然だが、我等の山岳会への影響も甚大である。元々女性パワーに押されっ放しの男性陣は、今後暫く、益々劣勢に立たされることが確実、もはや風前の灯状態となった。今後はすべて女性陣に牛耳られ、男子連はおこぼれを頂戴するまで、隅っこで小さくなっているしかなさそうな、危機的状況である。もう山登りは女子連にお任せし、我々は居酒屋で山のお帰りを待つということにするか・・・。
それはさておき、壮行会である。和にするか洋にするかで少々悩んだが、当人の意向も伺ってやっぱり蕎麦屋で決定。さて次は、何処の蕎麦屋にしようかと考えるに、参加者は西は立川、東は千葉からやって来るので、適当なところとなるとお茶の水・神田あたりか・・・。そこで神楽坂にあるここ「酒蕎庵まろうど」にしてみた。総勢18名の大宴会になるが、なんとか入ることが出来た。
店に入ると、我々のテーブル席がずらりと並んでいて、左手手前がカウンター席、奥が小上がりとなっていて結構広い。今回頼んだ3,500円のコースは、前菜と刺身、かき揚げ天麩羅、メインはきのこ鍋、そして締めはもちろん蕎麦となっている。
ここの蕎麦はちょっと変わっていて、つなぎに山ゴボウの葉っぱを使っていると云う。そのせいか手繰ってみるとかなりコシが強い。その土地(長野県飯山市富倉)の名前から、富倉蕎麦と称するらしい。調べてみるとこの店は、本店が斑尾高原にある民宿だ。北信の民宿が、東京・神楽坂に蕎麦屋を開いていると云うわけ。何か強い思い入れを感じる。
酒は、妙高界隈の地酒が豊富。君の井、雪中梅、千代の光、鮎正宗、水尾、片っ端から全部頼む。旧新井市生まれのアユラシは当然、全てに通じている。
今回は隊長壮行会ということもあって、普段、なかなか会う機会がない"鳥見チーム"や、時々呑み会には姿を現す方々も一同に会し、大いに盛り上がった。都合が付かずに来られなかった方々を含め、隊長の帰朝時にはまた皆で集まり盛大にやりたい。ちなみに今回の参加者で、男性陣は18人中7人。普段の山行も、そのくらいの比率だったらまだ格好がつくが・・・。今後、残された男性諸氏の一層の奮闘を期待するしかない。

_DSC1288

_DSC1289

_DSC1290

_DSC1291

_DSC1292

_DSC1293

_DSC1294

_DSC1295

_DSC1296

_DSC1297

_DSC1298

_DSC1299

_DSC1302

_DSC1305

_DSC1311

_DSC1312

_DSC1313
 

↑このページのトップヘ