昼食後、そぞろ歩きにはやや暑い日となったが、腹ごなしに浅草から業平橋まで歩くことにした。浅草松屋は、昨年リニューアルされてアールデコ調の外装が美しい。自分撮りをする外国人で賑わっている吾妻橋を渡り、本所吾妻橋へ。こちら側に来ると、観光客はぐっと減る。浅草から東京スカイツリーまで、徒歩で行く者は少ないようだ。
本所吾妻橋まで来たら、予てより覗いてみたかった店がある。それが「山介」。ちょうど宴会が入っているようで(真っ昼間から宴会!)、入口で店主から「大したものはできませんが、それでもいいですか?」と訊かれたが、こっちも昼食がまだ胃で消化中の身なので、むしろ望むところ、ありがたく入らせてもらう。
入ってみて判ったことは、ここは限りなく居酒屋に近い蕎麦屋ということだ。それに並みの居酒屋どころではなく、とにかく酒の品揃えが半端ではない。思い浮かぶ有名どころは勿論のこと、初めて耳にする日本酒も結構あって、眺めているだけで興味津津である。店内は思いの外新しく、落ち着いた装飾である。
先ず、酒は「上喜元超辛純米吟醸」(山形・酒田酒造)(半合450円)を呑んでみる。「超辛」とは書いてあるが、辛さと云うよりも、キレのある円やかさを感じる。すいすい呑める。「羽根屋純吟プリズム」(富山・富美菊酒造)(半合550円)も呑んでみる。こちらはジューシー。いわゆる濃醇系だが、キレもあってバランスが良い。かなり美味い。
水は如何と云われ、所望すると、「雁木」(山口・八百新酒造)の仕込み水が出てきた。こういうのも呑ませてくれるのか、と感心する。
肴も、どれも食べてみたいようなものばかりだが、腹には溜まりそうもない梅水晶と蕗味噌を頼む。梅水晶にまた会えた。素のまま喰っても、酒にはぴったりだ。蕗味噌、こちらも美味い。新子の刺身があったので追加注文。もう初夏ということか。最後に蕎麦も手繰ってみたいと思ったが、やはり店主が忙しそうなのでまたにする。今度来るときは、じっくりと呑んで味わってみたい。その日が待ち遠しい。 

_DSC7775

_DSC7776

_DSC7777

_DSC7778

_DSC7779

_DSC7782

_DSC7783

_DSC7784

_DSC7793

_DSC7785

_DSC7786

_DSC7787

_DSC7789

_DSC7791

_DSC7792

_DSC7794