山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

菊正宗

今週は下町ぶらり旅。森下駅からスタート。それほど寒くもなく、勿論、暑くもないので散歩日和。先ず目指すのは昼飯処。今回は、カミさんが探してきた深川めしにした。ここ「みや古」は、大正13年(1924年)の創業とのこと、建物自体は鉄筋コンクリート造りとなっているが、上手に、内装は昭和の風情そのものになっていて、良い味出している。「割烹」なんて書いてあるが、そんなに肩肘を張る雰囲気ではない。
靴を脱いで通された処は、ざっと五十人ぐらいは入れる大部屋。既に八人連れの中年女子がランチ女子会の真っ最中。他にも友達同士、家族連れ、若い恋人同士、などが来ている。それでも女性客が多いのは、やはりご飯がメインの店だからか。
ここは、昼から夜まで通して営業している有難い店である。メニュー見ても、酒の肴がかなり充実している。実に良い。先ずビールを頼むと、付き出しに、のれそれ(穴子の稚魚)の酢の物が出てくる。やっぱり、場末の酒場とはちょっと違う。料理は、ふき味噌と、穴子玉子とじ、そして深川めしのてんぷらセットを一人前だけ注文した。各一人前ずつ米を食べるとなると、酒が呑めなくなる恐れがあるからだ(でも昼間なので、もちろん抑えめではある)。
ふき味噌は、こんぶの香りが程良く利いていて、こりゃ日本酒を頼むしかない、じゃあ菊正宗をひやで、となる。穴子玉子とじは、普通に美味い。深川めしは、アサリの旨味と香りがごはんにしっかり染み込んでいて極めて美味い。これだけで十分、酒の肴になる。うな重の場合だと、逸る気持ちを抑えることがなかなか難しいが、ここの深川めしは一口ずつ噛みしめ、ゆっくり酒が呑める。これは新しい発見だ。これならば、女のランチ会で賑わう店であっても、それに交じって酒呑み親爺もゆっくりできるわけだ。下町には、こういう店がまだ結構残っているようなので、これから先も楽しみである。さしあたり、次にこの店へ来るときは、(鬼平犯科帳の中で長谷川平蔵が好んでいたと云う)深川鍋を喰ってみたい。

_DSC6988

_DSC6989

_DSC6991

_DSC6993

_DSC6994

_DSC6995

_DSC6996

_DSC6997

_DSC6998

_DSC6999

_DSC7000

_DSC7003

_DSC7004

_DSC7005

_DSC7006

_DSC7007

_DSC7008

_DSC7009
 

ほぼひと月ぶりに、昭和酒場「赤津加」入店。前日、店に電話すると、17時30分から18時30分までに入ることができれば予約可と云われ、18時30分に4人で予約。みんなが揃うまで、テーブル席に座って店内の様子を繁々見ていた限り、一階にある五つのテーブル席は、我々の席を含め全て予約で埋まっている様子。一人、もしくは二人連れだけが予約なしに入ってきて、偶々カウンター席が空いていればラッキー、という感じ。予約の大人数は二階へ上がっていく。でもこの店は、やっぱりカウンター席の方が良さそうだ。もうひとつ気が付いたことだが、この店の照明(特にテーブル席)は抑えめなので、f3.5程度のカメラレンズではフラッシュが無いとちょっと厳しい・・・。
みんなが来ないうちにばくばく喰う訳にもいかないので、ビールの肴に銀杏を注文。大粒で美味い。そのうち、先ず凸さん到着。おつかれさん、とビールで乾杯。鶏もつ煮込みを注文。土鍋に入って出てくる。もつも美味いが、特にスープが絶品である。のんちゃん登場。スマホMapを見ながら問題なく到着できたようだ。またビールでおつかれさん、おひさしぶり、と乾杯。最後に隊長到着し、改めて乾杯。鶏もつ煮込みを追加注文。他に鶏なんこつ、するめとニラ炒め、アナゴ照焼、厚焼き卵などを注文。するめとニラ炒めは如何にも赤津加らしい一品。厚焼き卵は大変、ボリュームがある。酒に切り替え、先ずは菊正宗・生酒、そのあとはひたすら燗酒。だいぶ出来上がった頃、アユラシ出現サプライズ。再び大いに盛り上がった。

PA290514

PA290519

PA290522

PA290523

PA290524

PA290525

PA290526

PA290527
 

↑このページのトップヘ