山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

肉豆腐

「かつぬまぶどうまつり2017」で、しこたま呑んでだいぶ大分良い調子になった後、また塩山駅までシャトルバスで戻り、高尾行普通電車に乗車。やってきたのは無粋なロングシート車両だった。向側のシートに座っている若い女性乗客の目線が気になるものの、めげずに持参した酒をちびちびやる。
良い調子だと、車窓から眺める景色はどんどん巡り、あっという間に高尾到着。今宵の打ち上げは、近所に住んでいる兄が入ったことが無いと云うので、一年ぶりに「あさかわ」にした。店まで行くと、おー、暖簾が新しくなっていた。以前までのボロボロの暖簾は、どうせもうすぐ閉店になるのだから、暖簾を取り替えるまでも無い、という意図が働いていたと解釈していたが、更新されたということは、もう移転が無くなった、或いは移転しても店は続けるという意思の表れなのか。
暖簾を潜ると、先客はひと組、熟年男性おふたりだけ(良く見ると、お揃いのTシャツを着ていらっしゃる。あちらも兄弟?それとも・・・)。雨予報が影響したのだろうか。時間が早いとはいえ、珍しい。そしてそのうち、その二人連れ客も帰ってしまい、なんと我々だけになってしまった。こんなこともあるんだ。二人だけだと寂しいので、のりのりも呼んだ。
また、喉が乾いたので生ビール(500円税込、以下同様)で乾杯。つまみは、まずカキフライ(750円)と肉豆腐(600円)にしてみた。ここの店の特徴として、カキフライに付いてくるポテトサラダにも、肉豆腐にも白ゴマが振り掛けてある。あ~、日本だなあ、と感じる。
こうなればやっぱり日本酒。ここの酒は澤ノ井辛口(900円/2合)。つまみに、サバの魚醤焼(600円)といわしの魚醤焼(500円)も追加。あとの追加注文は、基礎代謝量が高いのりのりにお任せ。こちらはもう只、呑むだけ。今日はビールに始まって、ワイン、中締めに日本酒、そして最後の締めにビールと日本酒をいただいた。久しぶりに昼から夜まで箍が外れたように呑んだ。

DSC06443

DSC06444

DSC06445

DSC06446

DSC06447

DSC06448

DSC06449

20171007_191114

DSC06450

西丹沢から下りてきた帰り路、久しぶりの新宿西口探訪。何も考えていないので、そのままふらふらと「思い出横丁」へ行くと、ひと通り巡ってみたが何処もかなりの混みようで満席状態、ややたじろぐ。外国人観光客が増えたせいもあるだろうが、とにかく、通り自体がすんごく、混んでいる。
そこで、「思い出横丁」から離れ、候補として予め調べておいた店に行こうかと考え直す。そこで、最寄りの居酒屋「十徳本店」に入ってみようと行ってみると、なんとここも満席。かなり大きな店の筈だが、やはりこの時間(午後8時頃)ではなかなか難しいか。
「十徳」の前で、次に何処を覗こうかと考えていた時、目の前にも居酒屋が有るのに気が付いた。「酒蔵かんちゃん」と書いてある。いかにも、典型的なオヤジ達の酒場っていう感じ。なおちゃんの同意を得て覗いてみると、カウンター席の手前が空いていたので、直ちに着陸。BGMはいまどき珍しくなってきたが、演歌がかんがん流れている。
ま、とりあえず飲み物はホッピー(360円税込、以下同様)を注文してみると、既に混合状態で出て来た。比率は悪くない感じ。2杯目を頼むと、氷も含め残りを次のグラスへ移して呉れる。あまり見ないサービス(あるいは単に氷の節約?)だがざっくばらんとしていていい感じ。
看板に「九州」の文字が見えたが、メニューを見てもどのあたりが「九州」なのか、わからない。頼んでみたのは、ブリ照り焼き(???円)と肉豆腐(510円)、竹輪磯辺揚げ(370円)。どれも特に安くも無いけど高くも無いという印象。味はと云えば、比較的薄味でやや甘口か。そのへんが、九州を仄かに感じさせるところなのかも知れぬ。一般的に、東京の居酒屋は味が濃い目なので、こういう点が、おふくろの味を感じさせて呉れるのかも知れない。
一頻り呑んで喰って外へ出たとき、中国系観光客集団が店に入ろうとしていた。こんな店がガイドブックに載っているとも思えないが、中国版グルメサイトに書き込みでもあるのだろうか。新宿の居酒屋で、店員が中国系というのは良くあるが、客も中国系とは、これも時代か。少なくとも、新宿は「思い出横丁」だけが観光地、という訳では無くなっているようである。

DSC04426

DSC04427

DSC04428

DSC04429

DSC04430

DSC04431

DSC04432
 

「だいこく屋」で和尚が不完全燃焼だったので、生憎(と云うか運良く)、ハシゴすることとなった。図らずも、再び居酒屋街をウロウロ。色々な店はあるが、やはり焼鳥、焼とん系が多い。もちろん、そんな店もいいが、料理のバリエーションが豊富な店の方が、より良いだろう。
それを踏まえた上で、がっつり喰える店にしようかと、手近な「シチュー屋」へ入ることにした。ここも3、4年は来て無かったはず。名前は「シチュー屋」だが、れっきとした居酒屋であり、メニューにシチューは載っていない。この居酒屋のウリは魚介系。特に、鍋のボリュームが凄いので、和尚の希望にも適う筈。この店は年中、鍋をやっている訳ではない(夏場は無し)のだが、考えてみると、この店で鍋を喰った記憶しかないので、個人的に夏に来たことが無いということだ。
暖簾を潜ると、もうかなり賑わっている。カウンター席も右奥のテーブル席もいっぱいだが、うまい具合に左手奥に4人掛けのテーブル席がひとつ空いていた。店内にはさらりーまんも、学生もいる。年齢層は、北千住にしては低めである。我々は、平均年齢をやや押し上げたようだ。
さて、飲み物はハイボール(角ダブル530円税別、以下同様)にして、北千住2次会スタート。料理は、肉豆腐(530円)、オムレツ(550円)、カキフライ(650円)と、もつ鍋(1,230円×2人前)にした。ここは、鍋は色々あって迷うが、和尚の好みに任せて、もつ鍋にした。この店のもつ鍋は、世間一般的な豚もつではなく、鶏もつである。
肉豆腐はしっかり煮込んであって、パッと見、デミグラソース煮込みかと誤解しそうだが、味はもちろん和であり、なかなか美味い。オムレツは、玉ねぎやひき肉が入った洋食風で、とろとろ、ふわふわ。カキフライは結構大ぶりなものが5個。かなり食べ応えがある。
そして鍋、登場。これで2人前?と思う程、山盛りで出て来る。汁はやや濃いめなので、飲み物は日本酒よりは炭酸系の方が合っている感じ。しかし何れにせよ、もう、酒はそっちのけで、喰うのに精一杯。さすがに締めのうどんまでは辿り着けなかった。馬齢を重ねるにつれて、鍋の旨さが判るようになってきたと自負しているが、ここの鍋は量だけでなく味でも充分、満足できる。この次は1軒目から来て、よせ鍋でも突くとするか。

DSC03621

DSC03622

DSC03623

DSC03624

DSC03625

DSC03626

DSC03627

DSC03628

DSC03629
 

「すすむ」を出た後、案の定、ちょっと喰い足りない、このままじゃ帰れない、と云う意見が大勢を占めたので、はしごすることになった。予め、そんな状況を想定していて、2軒目の候補を2、3考えていたのだったが、何処も満席だったので、ならばと久しぶりに「大越」を覗いてみることにした。
入口から見た限り満席のようだったが、店員に「6人なんだけど・・・」と告げると、少々待たされたものの「どうぞ」と案内される。連れて行かれたのは、下の写真に示す場所。
少なくとも、この写真を見た範囲では、「ここも大越?」と思っても不思議はない。実はここ、2階なのである。たしかに以前から、奥に階段があることは知っていたし、その階段を上り下りする客がいたことも気が付いていたが、2階がどうなっているのかは知る由も無かった。
だいいち、この店はガード下である。そんなスペースなんてあるのか、と半信半疑だった。そのイメージは確かに正しかった。ご覧の様に、2階の部屋へ入るための通路は相当低く、子供でないと立ったままでは通り抜けられない。部屋に入っても、ガード下のレンガ造りのアーチそのままの曲線が、天井に反映されていて、アーチの真ん中から外れると直立は出来ない。座った状態からうっかりそのまま立ち上がると、天井に頭をぶつけることになる(実際、ぶつけてよろめいた)。従って、酔っ払いにはとてもアブナイスペースである。
ともあれ、居場所を決めたらオーダー。皆、思い思いの飲み物(小生はホッピー黒セット)で乾杯。は~、2階席とはいえ、やっぱり落ち着くね。これぞThe 居酒屋。さて、喰い足りなかったのを取り戻すため、料理を注文。トラふぐ皮ポンズ、手羽餃子、ポテトサラダ、肉豆腐、野菜炒め。この店は、どれを喰っても外れは無い。皆、十分満足して「大越」を後にしたのは云うまでも無い。

20160302_192552

20160302_192743

20160302_193432

20160302_193528

20160302_193700

20160302_193714

20160302_194322

20160302_194327

20160302_194427

20160302_194940
 

かねてより、ネット上で評判の店。高尾駅北口の再開発計画に掛かっているため、昨年末に廃業となるはずだったが、計画が延びて今年一杯になったとのこと。初めて入った店だが、もうあと数カ月の命と聞くと妙に哀しい。ところでその計画では、高尾駅が橋上駅になり、あの趣がある駅舎は何処かへ移築されるらしい。どこの駅も皆、橋上駅になって味が無くなっていく。あの駅舎はなんとかそのままにしてほしいが・・・。
ほとんど高尾山、陣馬山界隈に来ることが無いせいか、高尾駅で途中下車することが殆ど無く、それが故にこの店に来る機会が無かった。これには、銭湯や日帰り温泉(ちょっと離れたところに「高尾の湯ふろっぴぃ」があるけど・・・)が高尾駅界隈になかったせいもある。今日は既に「小菅の湯」でさっぱりしてきたので、今日は絶好の機会である。
ちなみに高尾山口駅前に、この秋「極楽湯」が新規オープンするらしいが、年間三百万人もやってくる高尾山の入口では、芋洗い状態間違いなしだろう。
「あさかわ」は北口バス停のすぐ先なので、駅からも見える。外観は至って簡素。入ってみると、結構テーブルは埋まっていたが、4人掛けのテーブルが空いていたので何とか5人で座った。
さて何を呑もうかと張り紙をじっと眺め、にごり酒にしてみる。とろっとしていてフレッシュ感があり美味い。ポテトサラダ、もつ煮込み、肉豆腐、いかと里芋の煮付け、いか丸干し焼き、ししっぽ焼き、はたはた焼きを頼む。ししっぽ焼きは醤油漬けを干したもので、石川県の特産らしい。ポテトサラダはごくスタンダードだが、白ゴマを振ってある。肉豆腐はさっぱり系。長く煮込んだものではないが、なかなか良い味出している。いかと里芋の煮付けは、いかにもおふくろの味である。
この店は4時半から開いていて、まだ5時半入店でも、もう売り切れメニューがあった。今度はもうちょっと早い時間に来るか。それにしても閉店までもう余り猶予が無い。何とか近所の山に来るプランを捻り出したい。

_DSC8045

_DSC8046

_DSC8047

_DSC8048

_DSC8049

_DSC8050

_DSC8051

_DSC8052

_DSC8053

_DSC8054

_DSC8055

_DSC8056

_DSC8057

_DSC8058

_DSC8059
 

加入道山からの帰り、新松田から小田急に乗り新宿へ移動し、(怪我療養中なので)夜の部のみ参加のなおちゃんと合流。久しぶりに西口の思い出横丁にやってきた。「あがっしゃい」はたぶん、皆にとっても初めての入店だと思う。我々は7名の大人数なので、2階へ通される。先客は1階のみ、2階には殆どいない。
ここのやきとりは、「大山鶏」というブランド地鶏がウリの店のようだ。実は個人的に、前日に宴会(会社の送別会)があり、その席でも大山鶏を喰ったばかり(その時はとり鍋)。奇遇だ。というよりも結構ポピュラーになっているということなのか。大山と云っても、丹沢の大山(おおやま)ではなく、鳥取の大山(だいせん)のことである。ちなみにこの店の名前「あがっしゃい」は山形弁で「召し上がれ」の意味らしい。鳥取と山形との関係はいまいち判らないが、山形出身の店主が「やまがた地鶏」よりも「大山鶏」の方を贔屓にしているということだろうか。
初めての店なので、やきとり鑑定士(非公式)の、隊長による厳正かつ慎重な鑑定が行われた。結果はマル。やきとり各種、もつ煮込み、ポテトサラダ、肉どうふ、オムソバ等を注文。やきとりは、肉の歯応えがあるというよりも、ぷりぷり感が強い。ポテトサラダはスパイシー。B級グルメ的オムソバは普通に美味い。この思い出横丁にはディープな(アブノーマルという意味ではない)店が結構あるが、この店は極めてノーマルだし、誰でも安心して入れる店だと云える。
ところで先日、NHKの「クローズアップ現代」で、昨今、若者の間で大衆居酒屋がブームになっているとのレポートがあった。有名居酒屋目当てに、地方からわざわざ飛行機でやってくるつわものもいた。ここで云う大衆居酒屋とは、全国規模の居酒屋チェーン店とは一線を画した、地域に根差した家族経営的な居酒屋のこと。これまでは地元の旦那衆やブルーカラー労働者、年金生活者達のテリトリーだった場所。その番組のなかで、若者たちは大衆居酒屋の居心地の良さに、漸く気付き始めたのではないかと、かの吉田類も橋本健二も云っていた。その背景として、家庭でも無い、仕事場でも無い、第3の場所が息抜きのために必要なのだ、と橋本健二が解説していたが、そのような構図は別に今に始まった訳でもないし、女性にはそもそも既に「どこでも井戸端トーク」があるので、少々その分析が甘いような印象。ただ、何れにしても今は、そのような情報は直ぐに手に入る時代だし、誰でも情報発信できる(かく云うこのブログも末席をけがしております)ようになっているのは事実だろう。
でもたぶん、そのようなトレンド又はファッションを動かす原動力は若い女性だと思うし、青年男子はその女の尻を追いかけているのに過ぎないような気がする。これは昔も、そして未来も変わらないだろう。

_DSC6282

_DSC6283

_DSC6284

_DSC6285

_DSC6286

_DSC6287

_DSC6288

_DSC6289

_DSC6290

_DSC6291

_DSC6292

_DSC6293

_DSC6294

_DSC6295

_DSC6297

_DSC6298

松山(赤岩)に登って「芭蕉月待ちの湯」に浸かった後、先週と同様にホリデー快速富士山2号で立川に移動、昨年の立川花火大会(2013年7月27日)の夜に入った「酒肴亭玉河」の隣にある、大衆酒場「あま利」に初入店。このあたりでは玉河と並んで老舗居酒屋のひとつらしい。「大衆酒場」と銘を打っている割にはこざっぱりした雰囲気で、暖簾を潜っても、玉河の様な猥雑さがない。親爺の愚痴話も、おばさん達の馬鹿笑いも聞こえてこない。かといって気取った雰囲気もなく、強いて云えば自然体の店。地下に通される。奥に畳の間があるが、我々はテーブル席へ通される。直ぐ脇にカウンター席があり、そこにリュックサックを置かせてもらう。
席に着いたら、もうビールはパスして日本酒。各人が、奥播磨山廃純米(800円)、上喜元特別純米(800円)、伯楽星特別純米(800円)、八海山普通酒(700円)を各々注文。それぞれ個性があって美味いが、個人的には、なかでも旨みが濃い奥播磨が気に入った。その後、「鷹来屋五代目(たかきやごだいめ)特別純米手造り槽しぼり」(800円)を飲んでみる。旨みとキレが程々バランス良く、いわゆる呑み飽きがしないタイプ、すいすい呑める。大分の日本酒とは珍しい。
つまみは、ポテトサラダ(390円)、牛すじと大根の煮込み(500円)、どじょう唐揚げ(630円)、特製卵焼き(420円)、肉豆腐(430円)、揚げ茄子のポン酢(390円)、地鶏塩焼き(580円)、いんげんとゆでたてブロッコリー(330円)を注文。ポテトサラダは青海苔がかかっているところを除けばごくノーマル。味付けもあっさり。どじょう唐揚げはカリカリ。まるで海老のように丸まっているが、自然にこうなるのか判らない。地鶏はパリパリ。付け合わせの辛味噌三種が良いアクセントになっている。
この店は、居酒屋にしては全般的に味付けが優しい。ほっと落ち着きたいときに入る店としてお薦めしたい。

_DSC5241

_DSC5242

_DSC5244

_DSC5246

_DSC5247

_DSC5249

_DSC5250

_DSC5251

_DSC5252

_DSC5253

_DSC5254

_DSC5255

_DSC5256

_DSC5257

_DSC5258

_DSC5259

_DSC5260

_DSC5261

_DSC5262
 

今日の山行(含、打ち上げ)は8人の大所帯。元々、上野原駅から飯尾行バスに乗り、大茅尾根を辿って大沢山を目指す筈が、早朝、豊田駅での人身事故発生で急遽、計画変更を余儀無くされた。高尾駅プラットホームでの検討&協議の結果、手頃な場所にある倉岳山を、多少なりとも涼しそうな沢沿いの一般道から登ったのだが、暑くて死にそうだった。安易が過ぎるとろくなことにならない。ヨタヨタとなんとか立川駅に戻り、高砂湯でさっぱり汗を流した後、まだ16時20分だったので「かぶら屋」を覗いてみたのだが、やっぱり既に満席。それでは、と並びの「馬力」に入ってみると、奥の涼しそうなテーブルは(花火見物終了後に入店するという客により)既に予約とのことで、扉の目の前の(暑そうな)テーブルしか空いておらず、左様ならばさようなら。花火祭りと競馬開催日が重なり、意外に人の出足が早く、且つ店側も少々強気の対応。まだ17時前なので主だった店も開いておらず、ならば困った時の「だるま」に入店。丁度ウマイ具合に8人分の席が確保できた。いざという時にほんと頼りになる店である。
いつものようにシロとテッポウを注文し、ビールとチュウハイで乾杯。肉豆腐、メンチカツ、なす味噌炒め等も注文。その後はこの店ならではの時間がゆるく流れる。今日はのんちゃんの長女(さいちゃん)とその彼氏がゲスト参加してくれ、だいぶ酒の肴になってくれたおかげで、みんなたっぷり飲んで満腹になった。 

 _DSC3486

_DSC3477

_DSC3479

_DSC3480

_DSC3482

_DSC3484

_DSC3485

↑このページのトップヘ