山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

肉じゃが

新年会として、天覧山&多峰主山の帰り(山の記録はこちら)に久しぶりの「百味」入店。今日は九人の大所帯なので、念のため事前に電話予約。まだ松の内だし、それに時間もまだ午後三時前とあって、所沢プロペ通りの人通りも今一つといったところ。入口には「地元密着足かけ五十年」との張り紙。階段を下りると、テーブル席は既にかなり埋まっている状態。この時間でこの混み具合、流石に呑べえに愛されている店だ。
入ってまんなかはテーブル席がずらりと並んでいるが、右手前から奥に掛けて小上がりがあり、左手前と正面奥には広間がある。考えてみれば、この店に入ってテーブル席に座ったことは殆ど記憶なし、専ら小上がりばかりだが、今日、我々は団体なので左手の広間へ通される。ここだけで40人ぐらいは座れそうなほどゆったりしている。
腰を落ち着かせたら、早速注文の段だが、注文取りに来た店員曰く「まだ河岸(つまり魚市場)がやってないのでタラちりはできない。ネギトロ巻きもダメ」と。隊長はショックを隠し切れない。それでも他の定番メニューとして、モツ煮込み、肉じゃが、大根サラダ、豆腐わかめサラダ、コロッケ、等々を注文。どれも安心の味。ビールの後は日本酒。ここは「ねのひ」が定番、大徳利熱燗をじゃんじゃん頼む。隊長はミッチーに新社会人の心得を伝授したり、興が乗ってきてそのうちにアヒルちゃんに電話したり、ちょいと酔いが回ったWoodyさんは、畳の間で他の客もいないのでごろんと横になったり。これもこの店の魅力のうちだろう。さて次回はいつ、どうゆうプランで来ようか。

_DSC5783

_DSC5784

_DSC5785

_DSC5786

_DSC5787

_DSC5788

_DSC5789

_DSC5790

_DSC5791

_DSC5792

_DSC5793

_DSC5794

_DSC5795

_DSC5796

_DSC5798

_DSC5799

_DSC5800
 

昭和ノスタルジー居酒屋訪問シリーズ第6回は、秋葉原の「赤津加」。秋葉原駅を出て、多くのメイド姿の客引き達を横目で見ながら進んだ先に、こんな店が現れると嬉しいだけでなく、やはりちょっとびっくりするし、よくぞこんなところに残っていてくれたものだと、密かに感動もする。板塀に白壁の建物は、秋葉原の歓楽街にあっては逆に目立つ。時代に媚びない姿勢が素晴らしい。
今回も、予約なしでアユラシがテーブルを確保していてくれた。多少入れ替わりはあるものの、常に殆ど席は埋まっている。席に着いたら、さっそく生ビール。そのあとは、菊正宗燗酒。つまみはマグロブツ、肉じゃが、鶏もつ煮込み、さんまのおろし煮、タコと茄子のうま煮(だったかな?)、お新香盛り合わせ等を注文。さんまのおろし煮などは、居酒屋の肴を超えていて、これだけで結構楽しめる。ここは定番メニュー以外に、季節によっていくつかの旬のメニューを入れ替えているようなので、年中きてもいろいろ楽しめそうだ。
(残念ながらスマホ(Galaxy S3)画像なので、鮮明さはご容赦願いたい)

 20140924_183153

20140924_183352

20140924_183534

20140924_185337

20140924_192734

20140924_194256

20140924_194331

丹沢の中川川西沢に行って、本棚まで沢歩きを楽しんだ(山の記録はこちら)後、中川温泉ブナの湯(2時間700円)に立ち寄る。湯上がりには、小さなソファーと卓袱台が置いてある3畳間(何の部屋か?)でひとり、缶ビールを飲む。エアコンは動いておらず、噴き出る汗が止まらない。外の方が涼しいくらいだ(同じ山北町には「さくらの湯」もあるが、こちらはビールが無いのでどっちもどっちである)。その後、新松田までバスで移動し、小田急線に乗り換えて本厚木で途中下車、居酒屋「十和田」に入ってみた。例の「肉の佐藤」の向かいにある店。1階のテーブル席はほぼ満杯なので2階の座敷に通される。やっぱり、始めは生ビール。メニューを見ると、この店の外観、内観に相応しく、昔乍らの大衆居酒屋らしい定番の品揃え。その中から小アジ唐揚げ、焼き餃子(なかなか出てこないので、生ビールをお代りしてしまった)、もつ煮込み、冷しトマト、肉じゃが、茄子焼き、サバ塩焼、串揚げ、いわし刺を注文。酒は、この店の名前にもなっている「十和田」のみ。冷やで大徳利を注文。何も書いてないがおそらくは本醸造。このところ、濃醇かつ吟醸香があって雑味が無い酒(主に純米吟醸)ばかり飲んでいるせいか、このようなさらっと辛口の酒はやや物足りない感じがするのか、女性陣の評価も今一つ。みなさん、日本酒に煩くなってきた。

DSC_0701

DSC_0702

DSC_0703

DSC_0704

DSC_0705

DSC_0706

DSC_0707

DSC_0708

DSC_0709

DSC_0710

DSC_0711

DSC_0712
 

↑このページのトップヘ