山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

白焼き

国立西洋美術館内の「カフェすいれん」でビールをちびちびやっていたとき、そろそろ昼飯時。さて何を喰おうかと考えているところで、カミさんが「うなぎ」を喰いたいと。個人的には半年前、沼津アルプスの帰りに三島のうなぎを喰って以来だが(そのときのレポはこちら)、カミさんとはもう、かれこれ1年前以来だ(そのときのレポはこちら)。もちろん、うなぎに異存があるはずもなく直ちに同意。
この上野界隈でうなぎと云えば、一にも二にも「伊豆栄」が思い浮かぶが、もう何度か入ったことがあるので、それではちと新鮮味が足りない。折角なので入ったことがない店にしようと、Google Mapでちょいと検索。すると見つかったのが「龜屋一睡亭」なる店。下町風俗資料館のすぐ隣。もちろん入ったことはないが、そう云えばそんな名前の店があったなと、なんとなく記憶にある。
すっかり葉桜が茂った上野山の坂をぶらぶら下って、不忍下へ。雑居ビルの1階に「龜屋一睡亭」はあった。商売敵たる「伊豆栄本店」の斜向かい。「伊豆栄本店」に負けず劣らず高級感が漂うエントランスだが、何とかなるだろうと入店。昭和25年創業と云うからもう老舗だ。この店は、静岡県大井川町の伏流水で育てた『霜降りうなぎ』を使っているとのこと。どう違うのだろうか。
店内は細かく仕切られていて全貌は判らないが、たぶんいくつか個室があるのだろう。予約なしの我々は1階の広間。席に着いたら、まずビール(サッポロ黒ラベル大瓶700円税別、以下同様)。つまみには、前菜盛り合わせ(1,500円)、鰻ざく(1,600円)、白焼き(3,100円)を注文。「伊豆栄」と比べても遜色ないお値段。自然と食べ方がゆっくりになる。白焼きにはやはり日本酒だ。そして〆はうな重(松3,600円)を二人でシェア。ここは松が一番安く、次が竹。うなぎは脂のノリは低いように思われる。タレは比較的さっぱりした感じで、「伊豆栄」とちょっと違う。などと、そんなことはちょっとだけ考えるが、もうあとは無心になってうなぎを頬張るだけ。至福の時間だ。

20170501_112703

20170501_112753

20170501_113100

20170501_113207

20170501_113754

20170501_114130_001

20170501_115501

20170501_122451

20170501_121339

20170501_122642

今日もカミさんの用事に合わせて大宮へ出張(笑)。やはり日曜日の昼下がりは空いている店探しが難しいが、今回は13時待ち合わせなので、ランチタイム営業中の店ならばOK。色々と目移りするが、以前から気になっていた「山家本店」といううなぎ屋に入ってみることにした。大宮で創業明治5年と云う、老舗うなぎ屋である。うなぎ屋を検索してみると、大宮よりも浦和の方がずっと多い。何故か調べてみると、こんなHPがあった。
店に入ると、それなりに客が入っていたが、待たされること無く通される。1階以外に、2階にも席がありそうである。あとからぞろぞろ降りてきたところを見ると、大人数向けの大広間や個室のようだ。我々は1階のテーブル席。総じて客層は中高年という感じだが、なかには子連れもいる。小学生がうなぎを喰っているのを見るとつい、小学生の分際で・・・、と軽く嫉妬する。今はそういう時代なのかもしれないが、うなぎは昔も今も高級品。そう云えば、うなぎを初めて喰ったのはいつだったか、忘れてしまった。
席に着いたら、先ずビール。アサヒの「香りの琥珀」あります、なんて張り紙を見たのでそれを注文。こりゃもう、スーパードライじゃないね、サントリーのプレモルだ。サラダと、白焼きと、う巻き玉子を注文。すると、注文取りの女性店員が奥へ引っ込み、奥から厨房への注文の声が聞こえると思ったら、厨房(焼き台)は、我々のいるテーブルスペースからみて道路側(レジ)の裏にあった。つまり、奥から厨房へは、我々がいる席を飛び越えて、インターフォン(?)で伝えているようだった(まさか伝声管じゃないと思うけど)。指令を受けた焼方は、徐に焼き始める。
先ずやってきたのはサラダ。そのすぐ後に白焼。この早さだと、すでに1回、焼いてあったのか。わさび醤油でいただく。これに優る酒の肴があるだろうか。こりゃ、ビールじゃ役不足だ。日本酒が必要、ざっと眺めて「黒龍 純米吟醸」にした。さっぱりしているが旨みがある、申し分なし。ちびちびやっていると、次はう巻き玉子。玉子のあいだに、惜しみなくかば焼きが挟まっている。豪気だ。そして最後はうな重。もちろん、二人で一人前で十分。また至福の時間を過ごした。

20151018_125522_001

20151018_130250

20151018_130456

20151018_130613

20151018_132421

20151018_134814
 

会社帰りに神田で寄り道。ほぼ1年ぶりの「うな正」訪問である。この店はとにかくリーズナブルなところがグッド。
一杯やりたいのであれば、やはり二階だ。仕事の後の生ビールは、山から下りた時に較べるとやや劣るが、それでもそれなりに美味い。その後は、やっぱり日本酒。それでも今日の主役はうなぎなので、淡麗な酒の方が良さそうである。
つまみはう巻き玉子からはじまって、きも焼き、白焼き、うざく、かば焼きと、うなぎのオンパレード。この店には、うなぎ以外の料理、例えば旬の魚の刺身など、結構バリエーションがあるのだが、やっぱりうなぎ料理が充実していると、どうしてもその強力な引力に敵わない。やはり今日もうなぎ三昧となる。
うなぎを食べるときの問題は、美味いのでついつい早喰いしてしまうこと。折角なのでこのひとときをゆっくり味わいたいところなのだが、それがなかなか出来ない庶民の悲しさ、結局、みるみるうちにうなぎは胃袋の中へ消えて行った。

ところで、今日の写真はデジカメ(DSC-RX1-R)ではなく、スマホ(GALAXY S6)で撮影。そのため、いつも通りであれば「鮮明さはご容赦願いたい」と書くところなのだが、以前のS3に較べると、S6は断然、画質が向上しているのに気が付く。色調もかなり良い。S3は光量が不足すると途端に粒子が荒れてしまうが、S6はそれほどではない。何故そんなに違うのか、その理由のひとつはレンズの明るさだろう。
S6にはF1.9のレンズが採用されている(S3はF2.6だった)。iPhone6だってF2.2。この頃のスマホは凄い。(そのせいか、S6はレンズ部分が本体から若干飛び出ている。気になる人には気になる。)その辺のコンデジでは、そんな明るいレンズは付いてない。DSC-RX1-RだってF2.0だ。コンデジが売れなくなってきているのは理解できる。この頃、「夜景に強い」などと云うCMが流れているが、まさしくその通り。
勿論、センサーの大きさが違うRX1-Rと較べること自体間違いなのだが、この程度であればもう、「鮮明」とは云えないものの、「ご容赦」を懇願する程では無くなってきている気がする。

20150629_194044

20150629_194024

20150629_183552

20150629_183658

20150629_183714

20150629_184030

20150629_190051

20150629_190336
 

↑このページのトップヘ