山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

生ビール

上野原で「一福食堂」に入った後、立川まで移動し、ほぼ半年ぶりの「梅の湯」入湯(前回はこちら)。風呂は、週替わりで1階と2階が男女入れ替わりになるが、今日は男が1階だった。
いつものように、自動券売機で入浴券(460円)を買って、靴箱の鍵と共にフロントの若旦那へ渡すと、代わりにロッカーの鍵を渡される。我々のように山帰りの者が、脱衣所で一番難儀するのは、リュックサックの置き場。でもここは、比較的ゆったりしたスペースなので、隅っこに置かせてもらう。
ここはスーパー銭湯並みに、石鹸やシャンプーは備え付けとなっているのが有難い。サウナコース(760円)だけでなく、岩盤浴コース(960円)なんてものもあるが、特段、長居するつもりは無いので、いつものように通常入浴のみ。自慢でもなんでもないが、生まれてこの方、別料金が必要なサウナや岩盤浴なんて、経験したことは無い。
ここの銭湯の凄いところは、サウナや岩盤浴だけでなく、(以前も書いたように)1万冊のコミック蔵書とワンピースフィギュアの陳列数だが、それ以外にもSUICAなど電子マネーが使えたり、無料WIFIが使えることも、銭湯では珍しいのではないだろうか。もちろん個人的には、休憩スペースで生ビールが呑めることが凄いと思っている。他に、やきそば、たこやき、おでんもある。
風呂から上がったら、まっすぐまた自動券売機へ行き、コインを入れて「生ビール(中)400円」の釦を押す。これを楽しみにしている客も、間違いなくいると思う。今日は、小生以外でビールを呑んでいるヤツはいないが、特段、目線が気になる訳でもない。休憩スペースにいる殆どの人間(たいてい若者)は、脇目もふらず、飲み物もとらず、まんが本に熱中している。フロントにいる若旦那の目を盗めば、ここへきて金も払わないまま、休憩スペースでまんが本をタダ読みして、結局そのまま風呂にも入らず帰る、なんて輩もいるかも知れない。ま、それは冗談にしても、実際、入浴券だけ買って、風呂には入らず、まんが本を暫く読んで帰るなんて、漫画喫茶の料金相場は知らないが、そうしている者もいるかも知れない。まんが読みに耽っている連中に囲まれていると、そんな気がしていくる。

_DSC0996

_DSC0997

_DSC0998

_DSC1000
 
梅の湯のブログ: こちら

月いち居酒屋ツアー。今日は新橋「まこちゃん」本店。つい4か月前、その支店である「ガード下酒場」に入ったが、本店の「もつ煮込み」が美味いと云う噂を聞きつけ、それを確かめにやってきた次第。戦果は以下の通り。

生ビール:525円×5=2,625円
宝焼酎甲類ボトル:1,860円×2=3,720円
お湯: 160円(で呑み放題)
いわし刺:300円
鶏のから揚げ:465円
ホルモンキムチ炒め:495円
ポテトサラダ:435円
焼き餃子:495円
牛ハラミにんにく醤油タレ:715円
豆腐入りもつ煮込み:570円×2=1,140円
やきとん盛り合わせ:145円×5=725円
 
もつ煮込みは、まあ美味かったが、リピーターになる程ではない。それに、蕎麦好きオヤジさんには、「570円は高い!」と不評だった(そのせいで、ベンチマークのハムカツ(ガード下店でも喰ったが、670円と高額!)を頼みにくくなった・・・)。ポテトサラダは、ごくノーマルなスタイルで、普通に美味い。個人的に、一番美味いと感じたのは、牛ハラミにんにく醤油タレ。味も香りもそっけもない焼酎には、このようなにんにく臭ぷんぷんの肉系が合うようだ。
結果、ひとり2,500円以下に拘る蕎麦好きオヤジさんが、ブレーキを踏み続けたおかげで、ひとり2,200円に収まった。でも月いちなんだから、もうちょっと豪勢に行こうぜ!と云う声が出て、結局ハシゴをすることになった。蕎麦好きオヤジさんの苦難はつづく。
 
20151104_193257

20151104_174203

20151104_175407

20151104_175413

20151104_180204

20151104_181157

20151104_181835

20151104_182121

20151104_184526

20151104_184637

20151105_072412
 

シトシト雨の中、細尾峠から薬師岳に登り(山の記録はこちら)、あとは「やしおの湯」を目指してズッキンバッコンの尾根歩きをしてきた。それにしても、アカヤシオを見た昨年とたった一週間しか違わないのに、今年はアカヤシオの花は影も形も見当たらず、トウゴクミツバツツジもごく僅か、シロヤシオは終わり掛け、ヤマツツジが丁度花盛り、そして新緑が目に沁みるようだった。去年と比べれば、今年は少なくとも3週間は早い。まことに花のタイミングは難しい。それだけ、春から初夏にかけては、季節の移ろいがダイナミックだと改めて感じる。
山から下りるとどんぴしゃり、目の前が「やしおの湯」だった。合羽を脱いでスパッツを外していると、目の前に大型バスがすーっと横付けされ、中高年ハイカー達がドヤドヤと建物へ入って行った。ひ~!タイミング悪し! 風呂場に行くと案の定、洗い場は順番待ち。恐らくは、女湯の方がさらに大混雑だろう。
湯はややカルキ臭を感じるが、無色透明のつるつるすべすべ系。直ぐ近く(と云っても直線で20kmぐらい離れているが)の、日光湯元のにごり湯とは全く趣が異なるから不思議だ。
風呂から上がったら、ロビーのソファー席へ。団体客はここには来ないと見え、そこそこ空いている。反対側には畳敷きの交流室(何故「交流」なんだろ)もある。ロビーの手前には飲食コーナーがあって、食券販売機が置いてある。ここで、ビールと餃子をいただき、暫し寛いでいると、だいぶ遅れてなおちゃんも風呂から上がって来た。大変な混みようだったらしい。それにしても、団体ツアーで公共施設にやってくるのは、止めてほしいものである。 
ところで、東武日光まで向かったタクシーの運転手は、「やしおの湯」よりも「東照温泉」がお気に入りとのことだった。「以前は、女夫渕温泉だったが・・・」と。へ?だったとは・・・?と訊くと、今は閉館しているとのこと。女夫渕温泉が廃業していたとは知らなかった。これも3.11大震災によるものだそうだ。露天風呂(混浴)は開放感たっぷりで気に入っていたのに残念である。

_DSC8100

_DSC8101

_DSC8102

_DSC8103

_DSC8104

P5160241
 

鶴寝山でニリンソウに出会った(山の記録はこちら)あとは、凡そ3年ぶりに「小菅の湯」に下ってさっぱりした。いつものように湯上りはビールを求めて、食事処「ひのき」に入り込む。大広間は閑散としている。ふとメニューを見ると、ここは一品料理が充実しているのに気付く。いわな刺身を注文してみた。川魚の刺身を肴に呑むビールも乙である。
かつては、山梨県ではあっても、奥多摩の西の果てというイメージが強かった小菅村だが、その後、上野原駅から松姫峠までのバス線が開通するようになると、山梨の、しかも上野原文化圏にも影響を受けるようになった。この頃は、大月駅と繋ぐ路線も出来たようだ。こうなれば、やはりここは山梨県の一部だとつくづく感じる。
ついでにいうと、奥多摩駅7時25分発が一番バス(間に合わない~(T_T))、次が10時33分発(遅すぎる~(T_T))なので、埼玉くんだりからやってくる登山者にとっては、全く利便性に欠けるバスダイヤである(西東京バスさんよ、これじゃ富士急山梨バスに敵わないですよ)。
ところで小菅村の人口は、なんと700人を割っているそうである(Wikipediaによる、2015年2月現在の推定人口)。いったい何人いたら地方自治体として維持可能なのだろうか、と心配になる数字である。村内に棲息している鹿の数の方がはるかに多いだろう。「もし世界が100人の村だったら」なんて詩があったが、それほど絵空事ではない。ちなみに小菅村役場の職員数は15人ほど。一人で何役もこなす必要があるだろうなあと思う。
他の村の人口を調べてみると、隣りの丹波山村(山梨県)は600人を割っていた。最少の青ヶ島村(東京都)に至っては200人を割っているが、こちらはここ数年殆ど推移に変化が無い。一方、小菅村も丹波山村も、毎年着実に減っていて、もうあと10数年経てばゼロになりそうな勢いだ。
地域の活性化策などで、自治体の魅力を増す取り組みが為されているものの、結局は雇用を生み出せるかどうかにかかっている。いくら「小菅の湯」や「道の駅こすげ」が魅力的で、観光客が集まるからと云って、直ちに雇用が増えると云う訳でもないだろう。これを根っことして、地道に広げて行くのが唯一最善の方法かもしれない。

_DSC8039

_DSC8040

_DSC8041

_DSC8042

_DSC8043
 
小菅の湯HP: こちら 

「丹三郎」で蕎麦と酒と肴を堪能した後、ぷらぷら歩き、古里駅を目指す。道々、さて蕎麦の後は何処かで汗を流そうと云うことになる。一番最寄りは、多摩川の対岸にある(と云っても傍に橋がないので結構、遠い)松乃湯温泉水香園だが、1年半ほど前、日帰り温泉をやめたそうだ(益々、お忍びの宿らしくなった)。やっぱり馴染みの立川に出ようかとなると、この頃は「じゃあ、梅の湯!」という意見が支配的だ。そうしたら、打ち上げは菊松屋に行くか、などと考えているうちに古里駅に着くと、丁度、電車がやってきているので、跨線橋を息を切らせて渡って、上手い具合に乗れた。
立川に着いて「梅の湯」に入ってみると、今日は男湯は1階だった。これまで4回くらい来ているが、偶々なのか何れも2階だった。男女入れ替えるのを初めて知った。ここは間違いなく銭湯なのだが、なのに生ビールを呑むことができる。銭湯に詳しくは無いが、こういう銭湯は珍しいだろうと思う。他で知っているのは、都留市の泰安温泉ぐらいだが、そこも缶ビールだ。
入浴券やせっけん、タオル等の自動販売機に、飲み物や食べ物(なんと、やきそばもある)のボタンも並んでいる。
ここは飲食ができるだけではない。入って直ぐに気付くことだが、マンガ本がズラリと並んでいるので、マンガ好きは陶酔するし、そうでない者は少々たじろぐ。
休憩スペースで生ビールを呑んでみる。実は初めて。周りで若者がマンガを熟読しているので、ちょっと落ち着かない感じが無いでもない。そう云えば、ここにはFree Wi-Fiも設置されているので、スマホで動画(アニメ?)を見ている奴もいる。風呂上がりにわざわざマンガ本を読んでいる奴と、スマホに熱中している奴と、生ビールを飲んでいる奴とが同居している、普通の銭湯では有り得ない光景が、ここにはある。

_DSC7607

_DSC7608

_DSC7609

_DSC7610

梅の湯のHP: こちら 

田浦梅林での梅見&野点(と云っても勿論茶ではない)のあと、京急田浦駅から弘明寺駅へ電車移動、商店街と住宅街を抜けて10分ほどの「みうら湯弘明寺店」に入湯した。こちらも、ジモピーWoodyさんのお奨め。ここは天然温泉であり、「みうら湯」のHPによればナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉とのこと(泉温の記述はない)。ちなみに看板にも小さく「弘明寺店」と書いてあるが、ここの他に本店や支店がある訳ではないらしく(我らの「日本支部」のようなものかな(^^ゞ)、今後、店舗を増やしていきたいと云う願望の表れのようでもある。
入口を入ると先ず登山靴を靴箱(100円、利用後返却される)に預けるが、鍵そのものはフロントに預ける必要がない。券売機で利用券(非会員750円)を買ってフロントへ渡す仕組み。脱衣所のロッカー(100円、利用後返却される)も、勝手に好きな場所を選ぶことができる。こういったシステムは、施設毎で微妙に違うもの。フロントの人から脱衣所のロッカーの鍵を渡される(つまりロッカーを指定される)ような場合、我々の様にリュックサックを背負って入る者にとって、相応しくないロッカーの種類(大きさ)とか位置をあてがわれることがあり、利便性に欠けることがある。だが、ここ「みうら湯」はその点、自由度が高くてありがたい。
ここには「さっぱりの湯」と「しっとりの湯」があり、週替わりで男女が入れ替わるようだ。今日の男湯は「さっぱりの湯」。無色透明の湯は弱アルカリ性でやわらかい。黒湯もあったらしいが入らなかった。女性陣の話では、「しっとりの湯」は全て黒湯だったとのこと。
黒湯について調べてみるとこんな記事があった。つまり、この色は植物由来の「フミン酸」だと。この「フミン酸」は非火山性地下水には多かれ少なかれ含まれているもので、要は、黒く見えるほど多く含まれているということになる。これら「フミン酸」や「フルボ酸」の地下水内での挙動は、放射性廃棄物の地層処分評価上、関心事の一つである、っとちょっと昔を思い出した。閑話休題。
風呂でさっぱりしたら、(皆が出てくるまで少々時間がありそうなので)やっぱりビールを呑みに食事処へ。この日帰り温泉は京急の橋桁の下にあるせいで、うなぎの寝床の如く、入口からずいぶん奥行きがある。一番奥にある食事処には「みうら亭」という名前がついていた。食券を買って、カウンターで生ビール(520円)を受け取る方式。残念ながら、焼き餃子はメニューに見あたらず。ふと見ると、三崎港が近いせいか、まぐろの竜田揚げ(390円←やや記憶曖昧)なんてものがあったので、それを追加注文。揚がるまで暫し待つ。アツアツを食べてみると、表面がしっとり系。この頃の竜田揚げは、しっとりが主流なのだろうか。でも悪くない。
聞くところによれば、近々京急の橋桁耐震補強工事が行われるため、そのとばっちりで、この4月初めから当分休業するとのこと。ともかく今回、入ることが出来て良かった。

_DSC6747

_DSC6748

_DSC6750

_DSC6751


みうら湯のHP: こちら

アユラシが浜松町をご所望だったので、予め調査しておいた「玉川屋酒店」で待ち合わせ。ここはいわゆる角打ちである。勿論、小生にとっても初入店。表側は素通しのアルミサッシュ扉なので、外から中の様子が良く見える。入って正面が、丸テーブル3つの立ち飲みスペースで、奥がレジ。左手に冷蔵庫とおつまみが並んでいる。まだアユラシは来て無かったのでひとりで入店、とうとう角打ちのひとり呑みに手を出した格好。
立ち飲みだけの店かと思っていたら、冷蔵庫とつまみ置き場の裏側に、簡易テーブル席(テーブルはビールケースの上に板が載っているシロモノ)と椅子が14~16人分くらいあった。つまり、立ち飲みは苦手、と云う人もここはオッケーである。
18時半入店ではまだ早かったのか、立ち飲みは2人連れが2グループと、簡易テーブル席に4人連れ1グループのみ。20時頃にはほぼ満杯になった。結局、ひとり呑みがいたのかどうか判らなかった。而して、ほぼ100%さらりーまん男子。地元の親爺ばかりの店とは違って多少入り易い雰囲気と云える。でもOL女子が一人で呑んでいたらやっぱり目立つことだろう。誰か是非チャレンジしてみて欲しい。
ビールやハイボールは、レジで注文&支払いするが、他の瓶入り飲み物やつまみ類は、勝手に冷蔵庫から出すとかして、レジで支払いをするしくみ。全てキャッシュ・オン・デリバリ。店側は、若夫婦と姑(たぶん)が対応してくれる。接客は、こういう店にしては極めて丁寧、判らないことは優しく教えてくれるので安心。
アユラシがやってきたところで、テーブル席の一番奥(道路側)に座った。石油ストーブは点いていたが、鉄製シャッターの直ぐ脇は、隙間風が入り込むため、コートを脱ぐ訳にはいかない。でも存外、居心地が良い。
つまみはポテトサラダ(160円)、松前漬のような数の子の煮物(?)、やきそば(280円)、牡蠣の燻製(袋入り乾きもの、値段???)、韓国のり(袋入り、値段???)、でんろく豆(袋入り、値段???)をゲット。なかでもポテトサラダとやきそばはバツグンに美味かった。飲み物は、生ビール(280円)、ハートランドビール(360円)、カップ酒(澤乃井、300円)だった。角打ちでハートランドに巡り会えるとは思わなかった。
生ビールの紙コップは、お代わりや瓶ビールを呑む場合には、使い回しをするのがこの店のルール。片づけも基本的にセルフ。かなりぜいたくに呑んで喰ったが、たぶん、ひとり1,300円ぐらいだろうか。この店が、会社の直ぐ傍にあったら頻繁に通ってしまいそうだ。あぶない、あぶない。 

_DSC6514

_DSC6515

_DSC6518

_DSC6519

_DSC6520

_DSC6521

_DSC6522

_DSC6524

_DSC6525

_DSC6528
 

本仁田山を登り、「もえぎの湯」で汗を流した後、待ちに待った「天益」へやってきた。目当ては鹿肉竜田揚げ(700円)を賞味してみること。鹿肉とはもちろん、地元奥多摩産のジビエである。昨今のニホンジカによる食害はまこと惨憺たる状況であるが、この頃、奥多摩にも鹿肉処理場が出来たおかげで、僅かながら流通するようになった。奥多摩ではここ「天益」と、「丹下堂」で提供されている。これで、食害が減ると云う訳ではないが、小生も、ささやかながら奥多摩の環境保全と鹿肉産業(?)の発展に寄与したい(というのは表向きで、実態は単に鹿肉喰って酒を呑みたい)ので、機会があれば寄ってみたいと思っていた次第。
調べてみると、「とうきょう特産食材使用店」という都の登録制度があり、この店も東京産の鹿肉などで登録されている(「丹下堂」でも鹿肉が登録済み)。これに登録されると、東京都のHP等で、その店名を公表する仕組み。ただ、それだけではちょっと有難味というか、インパクトが薄いよね。地産地消をもっと大々的にアピールするためのひとひねりが欲しいね。
前回、昨年10月(レポはこちら)に来た際は、運悪く、鹿肉が品切れていたので、今回は予め、なおちゃんに鹿肉の在庫確保と、店の座敷の予約をお願いし、準備万端整えての入店となった。この店の女将さんは、いつも登山客を相手にしているせいか、顔を合わせて開口一番、今日は何処の山に登ったのか、雪の状態はどうだったか、まで訊いて、ちゃんと情報収集に余念がない。この店が、山やの情報交換の場になっている所以である。
いつもカウンター席なので、奥の座敷は初めて。10人は余裕で座れる大きさ。「もえぎの湯」に浸かったメンバーが三々五々集まり、ビールでスタート。さっそく目当ての鹿肉竜田揚げをいただく。初めて食べたが、「揚げ」というよりは、「ソテー」に近い感じ。でも下味がしっかり付いて、かつ肉も柔らかくジューシー。いけるね~。我々はつい鹿肉のことに話が偏りがちだが、実はこの店の看板料理は、昔から餃子である。ここの餃子は薄皮で美味い。ビールがすすむ。
ビールの後は、澤乃井純米吟醸生原酒立春朝絞り。これは、日本名門酒会に参加する全国の蔵元が、立春の日に合わせて上槽し壜詰するというもの(詳しくはこちら)。いわゆる日本酒版ボジョレーヌーボーのようなものか。これを目当てにする人も居そうだが、こちらは勉強不足で知らなかった。呑んでみた印象は、まことに爽やかで春を感じさせる。
美味い酒を呑んで美味い鹿肉と餃子を喰って1時間強、これで一人約2,000円だった。これは病みつきになりそうだ。そうなると、奥多摩に来たらなるべく簡単な山に登って早いところ「天益」に入ろうなどと、邪まなことを考えてしまいそう。今後の山行プラン立案に、少なからぬ影響が出そうな予感がする。

_DSC6439

_DSC6440

_DSC6441

_DSC6442

_DSC6443

_DSC6445

_DSC6447

_DSC6448

_DSC6449

東京都檜原村の京岳BSから「トヤド浅間」に登って生藤山まで歩き、山梨県上野原市の井戸BSまで歩いたが、思いの外、時間がかかった(山の記録はこちら)。やや積雪があったせいだろうと思う。北面に限らず、南側の植林帯にも結構、雪が残っていたし、林道に出ても轍は凍結状態(のんちゃん、滑って転んで、手に持っていたアイゼンのバンドを破損!)、なかなかアイゼンを外すタイミングが難しかった。
当初計画では神奈川県相模原市の鎌沢入口BSへ下る予定だったが、時間短縮のためには井戸BS側に下り、タクシーを呼んだ方がいいと判断し、軍刀利神社を過ぎたあたりで藤野タクシーに電話すると、受付の女性は、軍刀利神社も井戸BSも判らないと云う。マジですか。上野原のタクシー会社に電話した方が良いとか、挙句には車が出払っているとか云い出すので、はいはいと電話を切った。それではということで、電話番号を登録してあった富士急山梨ハイヤーに電話すると、最寄りの営業所は大月なので、上野原にあるタクシー会社さんへ電話した方が良いと云う。仕方ないのでネット検索してから、上野原タクシーに電話、漸く井戸BSが判るヒトと話が出来た。
それにしても、藤野駅と上野原駅とは隣り駅で、井戸BSからもほぼ同距離だし、東尾垂の湯からも似たり寄ったり。何故、藤野タクシーがそれほどまでに井戸BSに対して消極的なのか判らぬ。逆に、東尾垂の湯からタクシーに乗って、井戸BSへ行く場合には、上野原タクシーだったら遠まわしに断られるのかも知れない。山梨県と神奈川県との行政区の違いがそうさせているのか。ともかくも、県境の近傍を往ったり来たりするには、予め地図での場所確認が必要なようだ。
とにかくタクシーによるリカバリーは不発に終わり、東尾垂の湯にはほぼ1時間遅れで到着。結局、なおちゃんを2時間も待ちぼうけさせてしまった。辺鄙な場所だが、意外に客が多い。その大多数は車利用の客である。
ここは初入湯。源泉かけ流しで、源泉の湯温も45.8℃あり、正真正銘の高温泉。4時間で880円(貸タオル付き)。こういう料金体系を見ていつも思うが、その半分の時間でいいからもうちょっと安いプランもお願いしますよ。「酒類・弁当類の持ち込みは出来ません」とのこと、そのぶんメニューも豊富で、食堂にチカラを入れている様子が窺える。今回はビールの友に、餃子と冷奴、枝豆、げそ揚げを賞味。餃子は皮も具もちょっと変わっていて美味かった(但し、具体的に何故どう違うのかがよく判らなかった)。
藤野駅への送迎バスが、16時15分の次が17時40分までないので(何故きっかり1時間おきじゃないのかな)、その分、ビールを余計に呑んだのは云うまでもない。

_DSC6335

_DSC6337

_DSC6339

_DSC6340

_DSC6342

_DSC6343

_DSC6344

_DSC6345
 
東尾垂の湯のHP: こちら 

「さくらの湯」に浸かった後はお約束通りビールなので、昨年の3月以来の「ポッポ駅前屋」入店。今日は8人と大人数、手前の囲炉裏を囲むことにした。先客は小上がりに家族連れ四名と、囲炉裏端に男性一人連れ客(我々の後に、お連れさんが到来)。男性客は腰を据えて焼酎(JINRO)を呑んでいる。まだ午後4時過ぎ。いいね。
前回は女将さん一人で営業中だったが、今日は新顔の女性店員が注文取りにくる。今日は電車の時間の関係で、ちょっとだけの滞在なので、生ビールともう一品だけ、餃子を注文しようとしたのだが、今はできないとのこと。実は隣の中華料理店のメニューが、この店のメニューにも載っているのだった。良いシステムだと思う(逆に、中華料理店で、たらの芽の天麩羅なんか注文できるのだろうか)。午後4時半になると、隣に調理人がやってくるので注文を受けられるそうだ。それではと、直ぐにできるというつまみの中から叉焼を注文。そう云えば前回は、叉焼が無くて煮豚だった。
「さくらの湯」から上がった我々のメンバーがポツリポツリとやってきて、徐々に囲炉裏端を占領する勢い。男性二人連れは、有難いことにカウンター席の方へ移動してくれた(というよりも、重圧に耐えかねて弾き出された?)。
さて、この先は新宿へ移動して打ち上げと云うことになるのだが、御殿場線はこの時間帯、一時間に二本程度の運行頻度なので、その意味でもこのような店で時間調整できることは有難い。そして勿論、「さくらの湯」ではビールを出してくれないので、その代わりにこの店が存在していることは(呑んべえにとって)とても貴重。それに、この店がランチタイムから切れ目なく、居酒屋タイムまで営業してくれていることも有難い。更に云えば、ランチタイム時はアルコールはビールしか無いだの、つまみは出せないだの堅いことを云う店が時々あるが、この店はつまみの種類は限定されるものの、基本的には酒呑みに優しい。つまり「ポッポ駅前屋」は、我々(と云うより小生だけか?)にとって四重に嬉しい店なのである。誠に有難い、有難い。

_DSC6273

_DSC6274

_DSC6275

_DSC6277
 

↑このページのトップヘ