山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

珍味盛り合わせ

サッポロビールを呑みながらジンギスカン鍋を軽く突いた後、暫し土産物屋で買い物。一応、気が済むまで物色し、ひと揃い買った後、まだ時間があるので再びレストランフロアへ行って、軽く北海道最後の食事(≒呑み)をすることにした。今度は和食が良いねと、入ったのが「海老善」なる北海道料理の店。エスカレータを上がって直ぐ目の前にある。店の入口に並べられた食品サンプルがもの凄い数だ。なんでもありますよ、って強烈にアピールしている。数ある丼物には興味が湧かないが、一品料理がどれほどあるか、と云う視点でみてもまずまずある。
店に入ってみて先ず驚くのは、とにかく中国系観光客が多いこと。北海道に来た観光客にとっては、北海道らしい食事をしたいというのが人情。それは日本人に限らず万国共通ということではなかろうか。我々のテーブルの両側とも中国系。意外に静かにしているのは、日本のたしなみを学習したのか、単に疲れているのか判らない。我々がノンビリ時間をかけて呑んで喰っている間、入れ替わり立ち替わり、中国系観光客がやってくる。彼らは酒を飲んだりしないので、頼むのはだいたい丼物。喰うだけ喰ったらそのうち出て行く。
我々は、席についたら日本酒でスタート。この店は、意外にも日本酒のバリエーションが豊富。北海道の酒だけではない。酒があって一品料理が充実していれば申し分ない。あとは価格だが、さすがに空港内なので、やや高めであることは否めない。でも恐らく、羽田とか成田に較べればましだろう。
兄貴は国士無双、一本槍、小生は片端からいろいろ呑む。つまみは色々あって迷うが、もうそれ程は要らないので、北海道らしいイカソーメン、ほっけ塩焼き、珍味盛り合わせ、アスパラサラダをいただく。それぞれ、なかなかである。今回の山行の締めくくりには申し分なかった。そう云えば、うに、喰い損なったなー。 

_DSC9243

_DSC9244

_DSC9245

_DSC9246

_DSC9247

_DSC9248

_DSC9249

_DSC9250

_DSC9251
 

既になおちゃん(とのんちゃん)は入店済みの店だったが、気になる店なのでご同行願い行ってみた。人気の店だけあって事前予約が必須のようだが、今回はもう21時を回っていたので問題なく入れた。池袋駅東口、豊島公会堂の東寄り、この辺りは池袋にしては少々人通りが少ないところである。
そう云えば、近くにある「瞠(みはる)」というラーメン屋には、以前、サンシャイン60に仕事場があった10年ぐらい前に、何回か行ったことがある。魚介系濃厚出汁が病みつきになる、インパクトのあるラーメンだったが、今はどうなっているだろうか。
地下に下りて行く階段の左右、天井には、日本酒のラベルが所狭しと、護符の如く貼ってあるので、まるで冥界への入口のようである。店に入ると、靴を脱いで上がるようになっている。見渡すと掘り炬燵席が並んでいて、奥がテーブル席、衝立を隔てた右手がカウンター席のようだ。ごちゃごちゃした感じだが、結構、広い。
席に落ち着いてメニューを開くと、さすが、日本酒がズラリ。どれにしようか迷う。迷うことがうれしい。結果、呑んでみたのは「奥鹿・純米生酛無濾過生原酒(大阪・秋鹿酒造)」、「酒一筋・生酛純米吟醸無濾過生原酒(岡山・利守酒造)」、「玉川・山廃純米吟醸無濾過生原酒(京都・木下酒造)」。偶々かも知れないが、皆、西日本。生酛または山廃らしく、どれも深みのある味、飲みごたえがある。
これらの酒に限らず、全国から地酒を集めてくるのは、なかなか大変だろう。複数の酒店と付き合いがあるのだろう。この店の主人は、日本酒の話を始めたら止まらなくなる。話したくてしようがないようだ。まさしく、この主人にしてこの店あり、だ。
必要最低限のつまみでいいので、クリームチーズの味噌漬けと珍味盛り合わせを頼む。このような濃い味の肴が、これらの酒に良く合う。料理のラインナップも、実にこの店らしい。また、季節が移れば、取り揃えている日本酒の種類もがらっと変わるのだろう。また近いうちに来てみたい。 

_DSC8776

_DSC8778

_DSC8779

_DSC8784

_DSC8780

_DSC8781

_DSC8782

_DSC8783

↑このページのトップヘ