山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

牡蠣のオイル漬け

石和温泉からの帰り道、今日は4人だけなので、成り行きで店を決めようと立川駅南口を出る。それにしても今日の日尻山北尾根は、天気の良さもさることながら、途中から現れる岩尾根の感触が小気味良く、残念ながら高度感は乏しいものの、なかなか印象的だった。フィナーレが黒駒釈迦ヶ岳というのも申し分なし。時々、こんな会心の山に登れたら、またこれ以上のルートを探してみたくなる。
気分が良いまま、駅前から歩き始めて直ぐ、「フレンド書房」と書いてある真っ赤な看板が目に入った。名前は本屋だが、どう見ても呑み屋のようである。ちょっと興味が湧いたので入ってみた。3階まで直線階段を上がり(酔っ払いには危険である)扉を開けてみると、こぢんまりしたCaféという雰囲気。でもその実態は、ワインが楽しめる串焼き屋である。
店主に訊けば、先代まで実際、本屋だったとのこと。本屋の名前を呑み屋に使ってしまうところが、面白い。屋号には思い入れがあるが、それはそれとして呑み屋をやってみたいという思いとの鬩ぎ合いの結果、こういうことになったようである。
飲み物にはシャトー・メルル・ルージュを注文。スパイシーさはあるが、それ以上にフルーティなミディアムボディ。まずまずの赤だと思う。それにしてもボルドーは随分久しぶり。他のワインもだいたい4,000円前後だった。料理は、やっぱり串焼きはオーダーしなくては。お任せセットでいこう。トマトのベーコン巻きや椎茸の肉詰めなど、ワイン向けの串焼きが出てきた。一品料理にあった、おからポテトサラダや牡蠣のオイル漬けも注文。これらもなかなか美味い。
店主が、我々が立川に馴染みがあることを知ると、立川の昔の写真集を置いてあると云うので、見せて貰った。立川駅前の再開発前の駅舎の写真や、母校のかつての校舎も写っている。現在よりも昔の街並みの方に馴染みがあるのは、それだけ馬齢を重ねたせいか。立川で呑んでいると、時としてこのようなことに出会うのが面白い。 

_DSC1161

_DSC1162

_DSC1163

_DSC1164

_DSC1165

_DSC1166

_DSC1167

_DSC1168

_DSC1169

_DSC1170

_DSC1171

_DSC1172

_DSC1173

_DSC1175
 

トヤド浅間から下りた後、藤野駅前の「風里」でしっかり呑んだのだが、とは云えせっかく中央線に乗って、立川をスルーするのも何なので、なおちゃんに取材協力を願って(^^ゞ、途中下車。南口のJRAウィンズ辺りをうろうろ。この辺り、入った店ばかりになってきたなと思いつつ、ここはどうだろうと入ったのがこの店だ(だいぶきこしめしていたのか、店の入口の写真を撮り忘れている。残念!)。お洒落な店構えで、JRA好きの方々は入り難そう(^^ゞ。山やの格好でも一寸憚る感じがしないでもないが、こっちはもう良い調子なのでへっちゃら。でも当然ながら、「とらっとりあ」なんて一人ではまず入ることはないな。
入って右手がオープンキッチンになっている。もう9時なので客は少ない。席に着いたら、先ず飲み物。メニューリストを見るとズラリ様々な種類が並んでいる。ワインに限らずカクテルや日本酒だってある。でもせっかくなのでイタリアンワインにしよう。もうボトルでは飲めないので、グラスワイン赤(ハウスワイン;480円)を注文。お腹も結構、いっぱいになっているので、料理は牡蠣のオイル漬け、蛸のコルク煮だけにしてみた。フォカッチャもついてきた。どれもワインに良く合う。メニューはコース料理はもちろん、単品でも他に色々あって楽しめそうだ。
場外馬券売り場がある南口でも、この頃、カジュアルで且つこじゃれた店が増えてきたように思う。それだけに店同士の競争は激しくなっていることだろう。でもきっとこの店は長く続きそうな感じがする。この次に来るときには、1軒目から入ることにして、いろいろな料理とワインを楽しんでみたい。

_DSC6365

_DSC6366

_DSC6367

_DSC6368

ドンシェ~のHP: こちら

↑このページのトップヘ