山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

焼き鳥

今回も大宮で途中下車。今日は6人いるので、いづみやの「予約席」はちょっと無理だし、到着時間からすると、他の店でも飛び込みではなかなか入れそうにない。そこで、予め上毛高原駅での列車待ち時間(=待合室で、ちびちびやる時間)を利用して暫し検索。
大宮駅で途中下車するのは、基本的に新幹線での帰り路。そうなると大抵は泊まりで行った翌日の日曜日となるケースが多いが、今日は日帰りで土曜日。神田や新橋辺りと違って、土曜日が休みという店は少ないので、基本的には選り取り見取りということになる。
とは云っても、未だ入ったことが無くて気になる店(=個人的データベースに入っている店)はだいぶ少なくなってきた。そろそろ新たな情報を仕入れる必要がありそうだ。それはともかく、ここはどうだろうと「ほっかいや」に電話を入れると、なんとか入れますとの返事。では行ってみよう。
いつもの南銀通りを入り、左側の雑居ビルの中へ。以前入った、「三悟晶」の斜向かい。同じ雑居ビルの中に、「北海」というろばた焼き屋もあるので、少々紛らわしい。
店に入ると、店員たちの活気ある声が飛び交う。カウンター席とテーブル席があり、一見、寿司屋かな、というような雰囲気を感じる。実際は海鮮居酒屋。カウンター席と厨房の間には水槽があって、泳いでいる魚が見える仕掛け。魚の泳ぐ水槽の手前には、ホッピーとかハイサワーのボトルが浸かった水槽があり、勝手に取り出して焼酎を割っていいらしい(勿論、後で空ボトルを計算)。なかなか面白い配置である。
ともかく、席に落ち着いたら生ビールで乾杯。その後は思い思いの酒へ移行。お通しはガッツリ肉じゃがが出てきた。かなり大ぶり。この店の料理は、やっぱり魚介系がウリのようなので、刺盛りを注文。他にホヤ酢、ツナサラダ、アジフライ、焼き鳥、焼き茄子を注文。どれも普通に美味かったが、やはり刺身が美味い。特に、サヨリと白エビの生きが良かった。白エビはなかなか食べる機会が無い。この店は、日替わりで様々な刺身が出るようなので、これからも楽しみである。

DSC01905

DSC01906

DSC01907

DSC01908

DSC01919

DSC01909

DSC01910

DSC01911

DSC01912

DSC01913

DSC01914

DSC01915

DSC01916

DSC01917

DSC01918
 

「藍屋大月店」で風呂上がりのビールを呑みながら皆で協議した結果、今日の打ち上げは、ひさしぶりに「弁慶」に行ってみることとなった。云わずと知れた、「玉河」と共に立川を代表する大衆酒場。個人的にはもうかれこれ3年近く行っていない。別に「弁慶」を厭うつもりは全くないのだが、立川にも実に様々な店があるので、色々物色しているうちに、いつのまにかそれだけ時間が過ぎていたという訳。今日は「弁慶」を愛して止まないWoodyさんや、初「弁慶」の和尚もいるので、訪問は自然な成り行きである。
「弁慶」の開店は17時だと思い込み、大月駅で乗るべき電車まで調整したつもりが、行ってみると16時30分開店だった(昔からそうだっけ?)。既に客はかなり入っていたが、1階左手奥の小上がりに入ることが出来た。佇まいは以前とまったく変化なし。そこが魅力の一つでもある。
既に藍屋で呑んできたが、やっぱり喉が渇いたのでもう一度生ビール(530円税込、以下同様)から。その後はひたすら日本酒大徳利(480円)を傾ける。勿論、皆さん思い思いで焼酎やハイボールも。つまみは、焼き鳥(280円)、モロキュウ・梅キュウ(380円)、アンコウ鍋(850円×2)、もつ煮込み(400円×2)、ジャンボコロッケ(520円×2)、ポテトサラダ(260円×2)、クジラベーコン(450円×2)、ハムカツ(200円×2)、さんま一夜干し(350円×2)。ピリ辛メンマ(180円)と、怒涛の注文。
ポテトサラダはごくスタンダード、少々甘めか。ハムカツは限りなく薄いが、それはそれで悪くは無い。かつてあった、すき焼き鍋はやはり無くなっていた。その代わり、鍋のメニューが随分増えたような気がする。アンコウ鍋で一人前850円とはお得だ。
結構呑んで喰って、締めて13,670円。ひとり2,000円にもならないのだから流石、いつもながら安い。
ところで、大菩薩/丸川荘のHPに、お薦めの店として「弁慶」が細かく紹介されているのを発見した。小屋の親爺のお気に入りなのだろうか。今度、小屋に寄ることがあったら聞いてみよう。

_DSC1759

_DSC1760

_DSC1761

_DSC1762

_DSC1763

_DSC1764

_DSC1765

_DSC1766

_DSC1767

_DSC1768

_DSC1769

_DSC1770

_DSC1771

_DSC1772

_DSC1773

_DSC1774

_DSC1776

_DSC1778
 

月いちの、蕎麦好きおやじさん主催の格安居酒屋ツアー。今日の目的地は六本木。こんなことでもないと、会社帰りに六本木に来ることはない。場所は六本木のど真ん中、俳優座ビルの3階にある「小松」。六本木らしい洒落た店とは真逆でまったく飾らない、場違い的コンセプトの店。裏通りに入口があるので少々判りにくい。例の神楽坂「竹子」と同じ、謎の格安チェーンのひとつらしい。釣り天井が無く、天井裏がむき出しで、テーブル席の上に手荷物用の網棚があるところも良く似ている。
入口の看板には「本日生ビール210円」の文字が堂々と書かれている。つまり、曜日限定(もしかすると「本日」は毎日か?)ではあるものの、フルタイム、この価格ということ。本当にビールなのか疑いたくなる。そして、この鶏手羽揚げは、ひとつなんと50円。従って、生ビール4杯飲んで、手羽揚げ3つ食べても1,000円でおつりがくると云う、まさにセンベロ、育ち盛り御用達の店なのだ(勿論、小生は"量"には魅力を感じないので、そんな飲み方はしないけど)。ビールの後は、焼酎(いいちこ、ボトル2,100円)のお湯割りに移行。
到着は19時頃で意外に空いていたが、20時を過ぎる頃になると、いつのまにかほぼいっぱい。出足が遅いのは、この店は2次会で利用すると云う意味なのか・・・?、ちょっと謎である。麻婆豆腐(580円)、焼餃子(440円/2皿)、ミックスピザ(?忘れた?)、焼き鳥(?忘れた?)なども注文。それぞれ普通に美味い。ベンチマークのポテトサラダは喰い損ねた。きっと、「竹子」と同様、テンコ盛りで出てくるのだろう。わざわざ六本木に行って、ちっとも六本木らしくない店に入るのも、なかなか粋狂かも知れない。・・・そうか、粋狂しか来ないのか、だから直ぐには混まないのかー?!

_DSC4803

_DSC4804

_DSC4805

_DSC4806

_DSC4807

_DSC4808

_DSC4809
 

奥多摩駅前の「天益」で軽くやったあと「ホリデー快速おくたま号」で立川へ移動。梅の湯で汗を流してから予てから気になっていた「玉屋」を覗いてみると、丁度、席が塞がっていて待ってもらうしかありませんとのこと。待つのは基本的に苦手なので、ならば仕方ないかということで、この先の菊松屋に行ってみるとこちらも満席。左様ならばさようなら、と戻って次は「Tempranillo」という看板がかかっている、新しいスペインレストランを覗いてみようかと、再び玉屋の前を通過。ところが偶々、丁度客が四人出てくるのを目にしたので、もう一度聞いてみると今度はOKとのこと。「Tempranillo」はまたの機会にするとして、待望の玉屋入店。焼鳥屋と云うよりも、学生街のパブといった雰囲気である。
手前のカウンター席の奥は、壁に付いたカウンター席と、6人掛けのテーブル席のみ。実に上手い具合にテーブル席が空いたのだった。先ず生ビール。メニューを見るとやっぱり焼鳥がメイン。それもちょっと凝っているようなので7本セットを注文。他に、ポテサラ、しいたけ、トマトベーコン等を注文。飲み物は、日本酒以外にも焼酎、ウィスキー、ワイン、シャンパン等、バリエーションに富んでいる。ポテサラは、いぶりがっことカシューナッツが入っていてかなり意欲的。これはこれでアリだと思う。ビールの後は、久しぶりに獺祭を飲む。その後地酒に切り替え、文佳人 純米吟醸(高知/アリサワ酒造)、会津中将 純米吟醸(福島/鶴乃江酒造)、篠峯 雄町 純米吟醸(奈良/千代酒造)を飲む。どれも芳醇な香りで柔らかな喉越しである。
この頃、立川南口に増えた、焼とり(又は焼とん)の味と活気溢れるサービスで勝負するような店とはひと味違い、更に店の雰囲気も、酒のバリエーションもウリにする店である。その分、値段は少々高めなのだが、代謝量が落ちている吾が身にはこれで量的には丁度良い。きっとまた来ることになるだろうが、なにしろテーブル席はひとつしかないので、4、5人以上で来る際には予約した方が無難であろう。今度はワインにしてみるか。

_DSC4470

_DSC4472

_DSC4475

_DSC4476

_DSC4477

_DSC4479

_DSC4480

_DSC4481

_DSC4482

_DSC4483

_DSC4484

_DSC4485

_DSC4486

_DSC4487
 

↑このページのトップヘ