山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

炙りしめサバ

国師ヶ岳&石楠花新道から下りたあとの帰り路は、久しぶりに立川で途中下車。女子連のご要望にお応えして、「ずくなし」へ行くこととなり、念のため予約まで入れて5人で入店。今回で3回目(前回のレポはこちら)。この店は、ひと手間かけた料理も勿論それなりに美味いのだが、モノトーンな店内の雰囲気が和める感じがウケるのだろうし、更に店主の物腰の柔らかさも、この店の味であることは間違いない。
店の入口は、茶室の躙口ほどではないが、十分屈まないと入れないほど鴨居が低い(敷居も低い)ので、リュックサックを背負ったままだと尚更入り難い。何故か、前回訪問時からこの入口に変わったのだが、このせいで、隠れ家度がさらに向上したのは確かだと思う。
そう云えば、穂高駅近くのうどん屋(店名は失念)で、この店以上に鴨居が低い店があって、実際に頭をぶつけたことがある。するとその店の偏屈親父から、頭(ず)が高いと世の中は渡れないゾ、などと講釈を受けた記憶がある。あの店は今どうなっただろうか。話が逸れた。
我々5人の予約席は、前々回(その時のレポはこちら)と同じ、小上がりの板の間。先客はカウンター席に数人と、小上がりに一組。予約していなかったら入れなかったかも知れない。この頃、繁盛しているようである。若い女性店員は、前回は見掛けなかったので新人か。店主が色々教えている様子。
ふとテーブルの上を見ると、箸置きが今日はネコジャラシ(エノコログサ(狗尾草)、花言葉は「愛嬌」)ではなく、ランの花(デンファレ、花言葉は「わがままな美人」)だった。飲み物は、もう日本酒にしようと、ゆきつばき(680円税別、以下同様)。料理はここの定番、クリームチーズの味噌漬け(580円)、チーズのポテトサラダ(450円)、肉豆腐鍋(480円)、地鶏のたたき(680円)、さんま刺し(680円)、やげん軟骨炭火焼(680円)、豚バラの薫製(580円)、エイヒレ(480円)、炙りしめサバ(680円)と、流石に5人もいると色々注文。締めにうどんを喰いたい!という声も出たので、釜玉うどん(450円)と明太子うどん(580円)も注文。皆さん、食欲旺盛である。料理は其々美味かったが、今日は客が沢山押し寄せたせいか、いくつか地酒を切らしていたようだ。普段は、日本酒を呑む客が少ない?ので、我々の様な日本酒党がやってくると忽ち在庫が無くなるのかも知れない。
ここ「ずくなし」は、呑み放題コースも始めたようなので、そのうち宴会にでも来ることになりそうだ。凸さん来るよね?

DSC03704

DSC03705

DSC03706

DSC03707

DSC03708

DSC03709

DSC03710

DSC03711

DSC03712

DSC03713

DSC03714

DSC03715

DSC03716

DSC03717

DSC03718

DSC03719

DSC03720

DSC03721
 

この頃番外編ばかりだね、というご批判はさておき、今日も全くの番外編(というか、「山から下りたら」を「山から下りているときは」と寛大に解釈してもらうと、ほら、問題ない)。凸さんから製品展示会の招待を受け、せっかくだからと(もちろん暇にかこつけて)半日休みをとって上京(なにせ仕事場は千葉なので)。時間がたっぷりできたので、先ず昼食。東京交通会館地下の「桃園」で長崎ちゃんぽん(800円;かなりインパクトあり。次回は皿うどんを喰ってみたい。)を喰った後、ついでに映画鑑賞。ほんの行き当たりばったりで「マダム・マロリーと魔法のスパイス」を見てみた。監督は「ショコラ」のラッセ・ハルストレム、製作はなんとスティーヴン・スピルバーグだ。
全く先入観を持たずに見たせいか、ストーリ性やコメディ性はさておき、モチーフ自体がなかなか良かった。ヘレン・ミレンが良い味出ている。初めて見たが、ハッサン役のマニッシュ・ダヤルもマルグリット役のシャルロット・ルボンも悪くない。今後に注目してみたい。ところで原題は"THE HUNDRED-FOOT JOURNEY"、直訳すれば「100フィートの旅」となり、邦題と比べると、受ける印象や視点がまるで違ってくる。日本での配給も同じディズニーなのに、こんなに変えちゃっていいのか?と思ってしまうが、原題の解釈をくどくど説明するとネタばれになってしまいそうなので止めておく。でも邦題には含蓄もひねりも全くないので(大女優を前面に出しての受け狙いか)、原題名の方に大賛成である。
ともあれ、映画館を出て展示会で暫し情報収集のあと、凸さんと秋葉原の居酒屋「殿(しんがり)」に入る。一見、立ち飲み屋風な店構えだが、中に入ればちゃんと椅子がある。ここは、天井からぶら下がっている籠に予め現金を入れておき、品物が出てくる度に店員が清算するシステム。金を使い過ぎない(喰い逃げをさせない)良い仕組みだ。生ビール(中400円)で乾杯の後は肴。
メニューをざっと見た限り、魚系も肉系もまんべんなく揃えた万能居酒屋の感じ。ポテトサラダ(250円)とハムカツ(350円)は外せないとして、もつ煮込み(250円)、島豆腐の厚揚げ(失念!)、炙りしめサバ(450円)、漬物盛り合わせ(300円)、オニオンスライス(250円)、いぶりがっこクリームチーズ(400円)、すき焼きコロッケ(失念!)を次々注文する。ここのポテトサラダはたまご入り。しっかり固めの舌触り、マヨネーズ控え目で美味い。ハムカツは、2枚の薄いハムの間にクリームチーズを挟んで揚げてある。いぶりがっこクリームチーズも面白い。いぶりがっことクリームチーズを交互にミルフィーユ的に重ねてある。組み合わせ自体、今ではかなりポピュラー化しているようだが、これは見た目がやけに洗練されている。何処ぞの食品加工会社の製品ではないかと勘繰りたくなる。すき焼きコロッケには、ソースは不要というか、かけない方が無難。良い具合にすき焼きの味がジャガイモに浸みている。
ビールの後は日本酒に移行。焼酎ほどの充実さは無いが、それでもいくつか珍しい酒がある。どれも500円。先ずは月の輪純米生原酒。岩手の酒。猪口に注がれて気が付くが、うすにごり酒である。口当たりが良く濃醇だがすっきり。次は白龍純米無濾過生原酒。同じ福井には有名な黒龍があるが、白龍もあるとは知らなかった。吟醸酒ではないが、すっと鼻に抜ける芳香族系の香りが少々強い。でもそれがマイナスではない。最後は舟出活性にごり。福島は白河の造り酒屋。いわゆるどぶろくだが、舌にぴりぴり、炭酸を感じる。清涼感たっぷりだ。
結構呑んで喰ってひとり3,500円だった。ここは総じて肴にひと手間かけたこだわり料理が多い。まだまだ食べていない料理もいっぱいあるし、珍しい日本酒も日替わり的に仕入れているようなので、次回が楽しみである。

20141210_160051

_DSC5303

_DSC5304

_DSC5305

_DSC5306

_DSC5307

_DSC5308

_DSC5309

_DSC5310

_DSC5311

_DSC5312

_DSC5313

_DSC5314

_DSC5315

_DSC5316

_DSC5317

_DSC5320

_DSC5321

 居酒屋「殿」のブログ: こちら

↑このページのトップヘ