山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

漬物ステーキ

酒蔵をひと通り巡った後は、旧市街をぶらぶら歩いて醤油屋や味噌屋も物色(なんだか結局、土産物や小間物店なんかちっとも寄らず、呑み気と喰い気ばかりだったような・・・)。腹も空いて来た。さて何処に入ろうかとしばし考える。6人もいるので、せっかくだからあれこれ色々食べてみたい、というのは女子連の当然の願望。高山市内の店をそれほど知っている訳ではないが、よくありがちな、ランチ時と夜の料理メニューが異なる(即ち、ランチメニュー<ディナーメニュー)店は、正直云って気に入らない。
その点、前回も入った「京や」(その時のレポはこちら)は、ぶ厚いメニューブックに書かれた料理全てが、昼時でも注文できるのがうれしい。接客だって全く問題ない。もちろん、高山名物の朴葉味噌焼きだって、飛騨牛ステーキの炭火焼だってあるし、ご飯物や麺類も充実。ついでに云えば、ランチとディナーの間の中休みも無し。えらい。ちょっと離れているけれど、やっぱりそこにしようと向かう。
「京や」のある町(大新町)は、下一之町の北側、江名子川に架かる朱色の桜橋を渡った先。「京や」は、その橋の袂にある。ここまで来る観光客は少ない。そのおかげで、丁度昼時でも席は選り取り見取り。でも若女将はこちらにどうぞ、と6人には十分ゆったりした窓際のテーブル。真ん中に鉄板焼き用のプレートがあるが、別にここで焼く必要も無し。
さて先ずは喉を潤したいので、生ビールを注文。今日もかなり陽気が良かったので、やっぱりビールが美味い~。付き出しには、小ナスの浅漬けが出て来た。これもなかなか美味い。生ビール(中500円税込、以下同様)の後は、やはり日本酒。「山車」の生酒(1,100円/300ml)からいってみよう。多少マイルドさも感じるが、やっぱり骨太な味わい。落ち着いたところで、さて料理だ。
ページを捲るのが大変な程のメニューを、ひと通り眺める。先ずは、やっぱり飛騨牛入朴葉味噌(1,200円)を頼むしかないだろう。やっぱり地元で食すと味もひとしお。もうこれさえあれば、酒が何杯でも呑めそうである。ついでに、漬物ステーキ(550円)、飛騨牛あみ焼き(1,500円)、鮎のうるか(900円)も注文。
漬物ステーキは、高山名物。白菜の漬物を炒めて卵でとじただけなのだが、これが妙に美味い。うるかは、見た目が白いので、おそらくは白子がベース。卵も入っていてかなり上品な味。こちらでは、このスタイルが普通なのだろうか。これじゃ、酒が足りない、やんちゃ吟醸生酒(1,100円/300ml)も追加。これは高山のすぐ北にある古川町、蒲酒造場の日本酒。こちらはややフルーティだが淡麗。
続けて、天然鮎塩焼き(700円)と在郷盛合せ(1,500円)も頼んでみた。鮎は申し分ない美味さ。在郷盛合せは、その名の通り、飛騨地方の特産である、こも豆腐やころいも、あずき菜、わさび菜などが盛り合わせになっていてなかなか興味深い。そして締めはやっぱり、ざる蕎麦(800円)。飛騨の味を堪能できた。

P8142525

P8142526

DSC02998

DSC02999

DSC03000

DSC03001

DSC03004

P8140580
 
DSC03005

DSC03006

DSC03007

DSC03008

DSC03009

DSC03012

DSC03013

DSC03014

DSC03015

DSC03016

P8140581

DSC03017

DSC03018

P8140582

DSC03019

P8142527

京やのHP: こちら 

昼飯は、どの店にするかあれこれ迷ったが、「京や」に行ってみることにした。これもガイドブックに載っていた店。丁度昼時、混んでないかと少々懸念したが全くの杞憂に終わった。やや、中心街から外れているせいかも知れない。
店の外観も内装も旧家そのものの雰囲気。先客は数組いるが、店内が広いので全く静か。座敷とテーブル席がある。小上がりのテーブルには囲炉裏が切ってあって、自分好みに炭火焼きができるようだ。我々は入り口に近いテーブル席へ。テーブル席は我々だけ。とても元気が良い女将さん(大女将?)が、注文をとりにやって来る。
この店は郷土料理店ということだが、様々な料理が食べられる。もちろん、飛騨牛の炭火焼きだって、朴葉焼きだって何でもある。それが証拠に、ここのメニューはやたらと分厚い。色々あって迷うが、多種多様な料理がついた「在郷定食」(2,500円)と、漬物ステーキ(500円)を頼んでみた。
先ずはビールで喉を潤した後、やっぱり日本酒。もちろん多くが地酒だが、今まで呑んだ事がなかった「裏天領吟醸純米生貯原酒」を注文。これは高山ではなく、下呂の酒。果実のような甘い香りがするが、酸味もコクもほどほどのバランスが良い酒だ。このような酒を、このような店で呑むと、味わいもひとしお。
漬物ステーキは、白菜や大根の漬物を炒めて卵でとじた一品。有りそうで無い、至ってシンプルな料理だが、これも高山の名物料理の一つらしい。これが実に酒に良く合う。
我々の後からも客がぽつぽつとやって来る。中には如何にも外国人もいる。彼らの目当てはやはり飛騨牛の炭火焼きのようである。
高山は酒佳し料理佳しのとても良いところだが、我が家からわざわざ片道5時間をかけていくのはやはり大変。できればこんな店が、我が家のすぐ傍にあったら嬉しい。

_DSC2303

_DSC2305

_DSC2306

_DSC2307

_DSC2308

_DSC2309

_DSC2310

_DSC2311

_DSC2312

_DSC2313

_DSC2314

_DSC2315

_DSC2316

_DSC2318

_DSC2319

_DSC2320

_DSC2321

「京や」のHP: こちら

↑このページのトップヘ