山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

板そば

山形ツアー2日目は船形山登山。急きょ、家の都合で今日中に帰らなければならなくなった和尚とは別行動で、アユラシ号に乗って午前6時、4人で登山口へと向かう。窓の外はやや小雨模様で、今日も天気が思わしくないな、と思っているうちに、山に近付くにつれて、雲行きはさらに悪くなり、登山口の手前ですっかり雪。すでに積もり始めている。登山口まで車で行けないかも知れないし、さらには、このまま降り続けると登頂どころか、ちゃんと帰ってこられるかどうかも怪しい。仕方ない、今日も敗退だ。
結局、登山口近くまで約2時間のドライブだけで、山に踏み入れることもなく終わった。そうなるともう、観光ぐらいしか、やることがない。仕事に向かうアユラシを見送った後は、さて、既に観光モードの和尚が山寺に行くと云うし、残留組でも山寺に行っていない者がいるので、付き合わせて貰うこととなった。ちなみに小生はこれでいつのまにか4回目(前回はこちら)。すっかり山寺通(つう)になってしまった。いっそ、観光ガイドボランティアでも目指そうか。
前回は5月、若葉の季節だったが、今回は紅葉真っ盛り。五大堂からの眺めも、だいぶ趣きが異なる。そういう意味では、春夏秋冬、いつ来てみても良い処だ。次回は雪の頃に来るとしよう。奥の院まで上がったら、あとは下るだけ。門前の蕎麦屋でも寄ろうか、となれば下る脚も自ずから速くなる。
和尚が、登る前に気になっていたと云う店「信敬坊」に入ってみる。気になっていたのは「いも煮そば」という看板。まだ、山形名物「いも煮」を喰っていない和尚としては、千載一遇のチャンス。これを逃すと、何年先になるのか判らないので、妥当な選択。
店に入ると、昼時なのに客はひとりもいない。団体客はこのような店には入らないのだろうか、それともこの店は評判が悪いのだろうか、とちょっと心配になる。とにかく、先ずビール。そのあと、和尚が食べたいと、こんにゃく玉と、いも煮そばを注文。さてこっちは何を頼もうか、ここには板そばがある。まだ、山寺から下りて来ていない女子連に、蕎麦を喰う気があるかとラインすると「ある!」との返事。ならば、板そばにしよう。
女子連と板そばは相前後して到着。さっそく手繰ってみると、やや太打ちの田舎そば的だが、喉越しも悪くないし、歯応えは強烈。門前の蕎麦は期待できないことが多いイメージだが、この店は真っ当な蕎麦を喰わせてくれる。店のおばちゃんの接客も申し分ないし、何故客が入らないのか、とても不思議だ。
ちなみに、ざるそばが750円で、1.5人前の量と云う板そばが1,650円とは、平仄が合わない気もするが、つけ汁に、なめこおろしや月見とろろが付いていたので、まあ納得。店のサービスで、あけびの煮物が出て来た。こりゃ、珍味だ!

20161104_065331

20161104_065408

DSC03837

DSC03839

DSC03840

DSC03841

DSC03842

DSC03846

20161104-DSC03844

DSC03847

DSC03848

DSC03849

DSC03850

DSC03852

20161104-DSC03854

20161104-DSC03855

DSC03856

DSC03857

DSC03858

DSC03862

DSC03864

DSC03866

DSC03867

DSC03868

DSC03869

20161104_101359

20161104_102329

DSC03870

DSC03871

20161104_101852

DSC03872

DSC03873

DSC03874

DSC03875

DSC03876
 

仙台で昼飯を喰うことにした。思い浮かぶのは蕎麦か牛タンだが、昨日はがっつり喰い過ぎたので、蕎麦にしてみた。仙台単身赴任暮らしが長かった、蕎麦好きおやじさん推奨の店。11時30分の開店に合わせて入店。ここは山形蕎麦の店。仙台は土地が肥えているせいか、蕎麦処ではないようだ。他に紹介してもらった店も皆、山形蕎麦だ。
階段を下りた地下階の店。内装は古民家風。今日は月曜日なので、出張者と思しきさらりーまん姿の客がちらほら見える。皆さん、カウンター席。当然、酒なんぞ呑んじゃいない。蕎麦を手繰ったらさっさと帰って行く。こちらはテーブル席に腰を落ち着け、さてとメニューを見る。やっぱり生ビールから行こうか。ここはプレミアムモルツだった。その後は、日本酒で山形の上喜元純米を「ひや」でいただく。肴は、いかげそ天と、にしん田舎煮にしてみた。後の選択は玉こんにゃくか天麩羅、漬物のみ。やや寂しいが致し方ない。締めはもちろん板そば。比較的細打ちだが、さすが山形らしくたいへん腰がある。而して、つるっとはいかない。
仙台に限らないことだが、昼間から夜まで通しで営業している蕎麦屋は意外と少ない。この店も土日祝日は通しだが、今日は平日、従って昼はランチメニューのみ。残念なことに、夜メニューとは異なり、一品料理はかなり限定的。蕎麦だけ喰えば満足する人には気が付かないかも知れないことだが、昼呑みするには蕎麦屋が一番手っ取り早いし、居心地が良い。そうなると酒には肴も必要、ということになる。仙台は観光地でもあるのだろうから、是非、呑んべえ観光客にも優しい蕎麦屋が増えていって欲しい。

_DSC6876

_DSC6867

_DSC6868

_DSC6869

_DSC6870

_DSC6873

_DSC6874

_DSC6875
 

↑このページのトップヘ