甲子温泉2日目。送迎バスは午前10時なので、かなりゆっくりできる。珍しく、朝風呂まで入ってしまった。部屋にあったガイドやパンフレットはすっかり読んだ。もうひとつ、地熱発電と温泉文化との共存を訴える、ぶ厚い書籍(題名は失念)が置いてあった。とても全部は読み切れないが、地熱発電所ができたことで、温泉がすっかり枯渇した例などが書かれている。
温泉が止まれば温泉宿にとっては死活問題、たしかに共存するための方策は必要だろう。また地熱発電所自体も、生産井(=熱水を汲み上げる井戸)を増やし続けないと、発電量はじり貧になっていくらしい。再生可能エネルギーとして、地熱発電は良質な電力が得られる(昼夜変動や季節変動が無いので)と思っていたが、なかなか難しい問題があるようだ。電力は全て再生可能エネルギーにしろ、などと安易に叫ぶ何処かの呑気な政党も、実態に踏み込んで議論すべきだろう。
部屋で寛ぎ、ロビーのソファーでも寛いで、新聞をじっくり読んでから送迎バスに乗車。客は我々以外、若いカップル一組だけ。やはり皆さん、マイカーばかりだ。
送迎の途中、バスの運転手さんのお勧めで、ちょっと寄り道して「雪割橋」に向かう。この橋も阿武隈川に掛かっていて、橋桁からの高さは50mもあるという。高所恐怖症の人はやめた方がよろしい。まわりは鬱蒼とした森。「雪割橋」という名前の由来は、一面銀世界となる冬景色を、割るように阿武隈川が流れること、によるらしい。紅葉の頃も良いけど、是非、雪の頃に来てみて下さい、と運転手。たしかにそんな景色を見てみたい。すると、あと2回は来なくてはならない。
40分ほどで新白河駅到着。運転手が、白河城を見なくていいですか、見るのであればそのまま連れて行きますよ、と訊ねてきたが、まあ男二人で城見学も何なので、丁重にお断り。50数年前にWoodyさんがこちらに来た時には、石垣しか無かったとのことだが、今は立派な天守閣が復元されていて、東日本大震災での被災も最近、修復されたようだ。
まだ昼飯には早い時間ので、キオスクで駅弁を買うことにした。それも、ちょっと小さめの「東日本うまいもの詰め合わせ弁当」(598円税込)なるもの。それこそ様々なものが詰め込まれていて、酒の肴にもなる。これはお勧めである。

DSC03273

DSC03274

DSC03275

DSC03276

DSC03277

DSC03278

DSC03281

DSC03279

DSC03280

DSC03282