山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

揚げ茄子

立川駅で「ホリデー快速富士山2号」下車。今日も取りたてて行先を決めないままやって来た。この頃は、大人数でなければ気儘にふらふら歩いて、思い付いた処に適当に入ることにしている。偶々、「ずくなし」へ入る路地の前までやって来た時、前回来た時の居心地の良さを思い出し、また「ずくなし」に入ってみることにした(前回はこちら)。
良く見ると、入口が変わったようだ。確か前回は、暖簾が掛かった普通の引き戸だったが、今日はやけに低い引き戸になっていた。まるで茶室のにじり口。靴を脱いで上がるスタイルは、以前と同様。店内の照明がちょっと抑えめの感じがなかなか良い。これが居心地良さの要因の一つかも知れない。
先客は若いカップルひと組のみ。店主もやや手持ち無沙汰の様子。丁度良いタイミングで我々がやって来たようである。先客と同様、我々もカウンター席に陣取り、先ずは生ビール。
箸置きにエノコログサ(いわゆる、ネコジャラシ)が使われているのもここのスタイルならば、日本酒を頼むとフルートグラスに注がれるのもここのスタイル。肴には、ポテトサラダ(380円税別、以下同様)、地鶏のたたき(680円)、かつおの土佐造り(480円)、ほっけ開き(680円)、揚げ茄子(380円)を注文。ポテトサラダと揚げなすはどちらも美味いので、前回に引き続きの注文である。
ふと気が付いたが、カウンター席の壁に、見たことが無い紙幣が飾ってある。チェ・ゲバラの肖像があるのはキューバの紙幣だろう(ふと改めて、ゲバラの人となりを調べてみると、実はアルゼンチン人だった。いくら革命に功労があったとしても、他国民の肖像を通貨紙幣に使うのは、大らかと云うか凄いことだと思う)。他にも色々ある。店主に訊いてみると、家族で世界一周したとのことで、エピソードなど淡々と語ってくれた。以前、下北沢で店を開いていたというが、その後、世界一周旅行に旅立ち、帰って来てから立川のここに店を持ったようだ。
ここには10人ぐらいで座れる小上がりがある。コース料理もあるようなので、忘年会の候補のひとつとして考えておこう。

DSC02429

DSC02430

DSC02431

DSC02432

DSC02433

DSC02434

DSC02435

 DSC02436
DSC02437

DSC02438

今日も、「さくらの湯」のあと、「ポッポ駅前屋」に集合。まだ午後3時。
跨線橋を渡り、山北駅前を通り過ぎて「ポッポ駅前屋」へ入ろうとすると、目の前に子供連れの家族二組がやってきて、店の中へ入っていった。ところが、店の女主に「ご飯ものができない(米を切らした)」と云われ、残念そうに出て行く。そうか、ここは居酒屋じゃなくって、食堂だったっけ。こちとら、炭水化物は特段、必要が無いので、つい忘れていた。従って、ご飯が無くったってへっちゃらである。酒呑みでよかった、と入店。
小上がりに4人用テーブルを確保したら、早速生ビールを注文。店内を見渡すと、囲炉裏端の席で焼酎やらウィスキーやら、割と静かに一杯やっている連中(たぶん、地元の方々)や、我々のテーブルの奥では、焼酎のボトルを並べて怪気炎を上げてるグループ(たぶん、地元の方々)がいて、まだ陽が高いのに、既にかなりご機嫌な様子である。
やってきた生ビールを写真に撮り、Google+へアップしようとしているうちに、大人数(たぶん10数人)のハイカー(又はトレイルランナー)がやって来たが、さっきの家族同様、炭水化物が目当てだったようで、同じようにすごすご帰っていく。と思えば、又、別のグループがやってきて、今度はアルコールが目当て。目出度く入店となり、小上がりのテーブル席に着いた。今日も大層な客の入りである。この頃、来る度に客の入りが増えているような気がする(このブログでちょっと宣伝し過ぎたせいかな)。
やがてメンバーが揃ったところで乾杯。ビールの後は、ウィスキーの抹茶割を呑んでみる。今日のつまみは、メンチカツと揚げ茄子を喰ったところで時間切れ。これからなおちゃん、アユラシが待つ新宿へ移動だ。
山登りを続ける限り、そしてこの世に西丹沢の山々がある限り、そしてそして山北駅前に「さくらの湯」があって、且つビール販売を始めない限り、ここ「ポッポ駅前屋」 にはまた来るだろう。でも、予約が必要な店にはなって欲しくないので、くれぐれも、よろしく願いたい。

_DSC9845

_DSC9846

_DSC9847

_DSC9848

_DSC9849

_DSC9850

_DSC9851

_DSC9852
 

↑このページのトップヘ