山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

揚げ出し豆腐

「リバティけごん40号」は18時15分、黄昏時の浅草到着。とうきょうスカイツリー駅(かつての業平橋駅という名前の方が数段、粋だと思うが・・・)を過ぎて隅田川を渡ると、ああ、もう浅草に着いたか、と微かな旅愁を感じる。川面に屋形船でも浮かんでいると尚のことだ。この頃は、スカイツリーという大きな目印が出来たが、浅草の景色に馴染むまではまだ時間が必要だと思う。
今宵は早いうちから、浅草へ行くのであれば、ほぼ1年ぶりに「水口食堂」を覗いてみるつもりだった。もちろん、浅草には食事処は数多あるが、生粋の居酒屋は意外に少ない。そもそも「水口食堂」も居酒屋ではない。大衆食堂である。それでも、如何にも浅草らしい雰囲気を漂わせているので、個人的にお勧め。連れの3人も、浅草で呑むことは少ないだろうから、特に異論は出なかった。
1階はそこそこ客が入っていたので、2階へ通される。こちらはテーブル席も小上がりも疏らだったが、女性店員(エスパー店員はこの子だった・・・!?)が我々のなりを見ると、小上がりへどうぞ通され、有り難くリュックサックを置かせてもらう。
腰を落ち着かせたら、生ビール(中ジョッキ580円税込、以下同様)で乾杯。さてつまみは、何にしようか。ここ程、メニューが充実した店も少ない。少なくとも浅草では此所が一番。小生はまず、この店の名物である、いり豚(580円)を注文。皆さんもお好きなのをどうぞ、と云っても頼んだのは、栃尾の油揚げ焼き(380円)に厚焼き玉子(530円)。それって、普通の居酒屋と同じじゃん、ということで、その後に野菜炒め(580円)、揚げ出し豆腐(480円)、焼にしん(530円)、自家製ポテトサラダ(380円)、豚肉生姜焼(630円)、あじフライ(480円)なども注文。んー、それでも皆さん、なかなか普段喰っているものから離れられないもんだなー、と妙に感心した。

DSC_1656

DSC_1657

DSC_1658

DSC_1659

DSC_1660

DSC_1661

DSC_1662

DSC_1663

DSC_1664

DSC_1665

DSC_1666

DSC_1667

DSC_1668

DSC_1669

DSC_1670

西丹沢の山から下りたら、山北駅前か松田駅前で引っ掛かって、松田駅から「あさぎり」に乗って帰ると云う、鉄板の方程式が出来上がっている。今回は、すでに「落合館」で汗を流しているので、山北の「さくらの湯」や松田の「健楽の湯」に寄る必要はない。
何処に引っ掛かろうと自由自在なのだが、もう1年半も「ポッポ駅前屋」はご無沙汰しているので(前回はこちら)、今回は何とか寄りたいと思っていた。シダンゴ山から日影山までのトレースが極めて順調に出来たので、「あさぎり6号」までまだたっぷり時間がある。久しぶりにゆっくりしよう。
珍しく全員纏まって入店(たいてい、「さくらの湯」から上がった順に三々五々入店)。先客は二組だけで、寂しいくらいに静か。でも直ちに、女将さんから「ごはんはもう、ありませんけど」と告げられる。もちろん、それで困る我々ではない(Woodyさんだけは食べたかったかも知れない)。
これほど空いているのは、まだハイキングもトレールランも、シーズン前のせいだろうか。こういう時もある。我々はおもむろに小上がりの右手奥に着地した。ここは、座椅子があるので楽チンだ。ついさっき、「落合館」で喉を潤してきたので、みんなで生ビールはちょっと多い感じ。そこで、先ず瓶ビールで乾杯。その後はウィスキーの抹茶割を呑む。これがなかなかイケる。
料理はここの定番、足柄牛ごぼうメンチ(600円)、ハムカツ(500円)、揚げ出し豆腐(450円)、野菜天三点盛り(1,200円)を注文。その後、お腹が空いているWoodyさんのご要望により、焼きそばと、餃子とラーメン(17時になると、隣りの「柳麺八」のメニューもいただくことができる)も注文。かなりガッツリ喰った。もうお腹はパンパンだ。

20170311_153605

P3110497

P3110498

20170311_154226

20170311_154258

20170311_155315

20170311_155700

20170311_155750

20170311_161632

20170311_171134

20170311_171230

20170311_172013

20170311_175147
 

九鬼山の帰り、「ふろっぴぃ」でひと風呂浴びたあと、送迎バスで高尾駅に戻る。今日の目当ては、高尾駅北口の「あさかわ」か、南口にある「たまの里」のつもりだったが、まだ午後3時過ぎで「あさかわ」はやっていない。それでは、と「たまの里」に入店。今年の2月以来(前回はこちら)だが、小生以外は皆さん、初めて。
今日も店内は、高尾山から下りてきた呑んべえ達で大賑わい。この店が、呑んべえハイカーに愛されているのが良く判る。山から下りてきた時間、普通の呑み屋はまだ開いていない。大っぴらに呑めるとなるとやっぱり蕎麦屋、皆、行き着くところは一緒だ。なんとか我々も、入って左手奥の席を確保できた。前回も感じたことだが、この店は、「酒も出す蕎麦屋」と云うより、「蕎麦も出す居酒屋」に限りなく近い。
本来、高尾山から下って来たハイカー達は、小仏方面や陣場山方面からの下山客は別として、たいていの場合、登山口から高尾山口駅までの間に何軒かある蕎麦屋、例えば「高橋家」とか「栄茶屋」などに引っかかりそうなものだ。事実、小生の場合もそうやってその界隈の蕎麦屋には殆ど入った。ちょっとリッチなハイカーだったら、琵琶家(別館だったら入ったこと有)や橋本屋(敷居が高いので覗いたこともない)に寄るかも知れない。何処の蕎麦屋も、昔は蕎麦以外には、漬物かこんにゃくの味噌おでんくらいしか置いていなかったが、この頃は酒やつまみの種類はそこそこある(例えば、高橋家はこんな感じ)。店の雰囲気だって悪くない。
ハイカー達がそのような網を掻い潜って、高尾駅前の「たまの里」まで我慢してやってくるのは何故だろうか。思い至るのは酒の種類の豊富さと料理のCPだろうか。蕎麦だって安い。天ざるそばだって、870円である。でも今回は、ひたすら酒とつまみで終了、蕎麦を喰い損なった。蕎麦屋であることを忘れさせるほど、ここは酒とつまみが充実しているのである。そう考えると、今度来る時も、蕎麦を喰えるかどうかは甚だ怪しい。

_DSC8983

_DSC8984

_DSC8986

_DSC8988

_DSC8989

_DSC8990

_DSC8991

_DSC8993

_DSC8994

_DSC8995

_DSC8996

_DSC8997

_DSC8998
 

大洞岩から大同山南尾根を経て百蔵山に登り、湯立人鉱泉で汗を流した後は、高尾へ移動して「たまの里」に初入店。ここは小生の兄貴が推奨する店である。高尾駅南口の目の前にあるドトールコーヒーには土曜日の朝、時々お邪魔することがあるが、その隣にこんな蕎麦屋があるとは気が付かなかった。概して高尾山には蕎麦屋が多いが、その多くは高尾山口駅から先の参道にある。その辺りの蕎麦屋は殆ど入ったことはあるが、ここ高尾駅は全くノーマークだった。
入ってみると、外観同様、小奇麗で明るい。高尾山から下りてきたであろう中高年ハイカー達で、思いの外、繁盛している。みなさん良くご存じのようだ。山登りを口実に使い、かつ蕎麦を隠れ蓑にして、単に酒を呑みたい輩(はて、何処かで聞いたような聞かないような)にはうってつけの店と見た。
ともあれ席を確保したら、早速メニューを拝見。日本酒も肴も実に豊富である。嬉しい。もうこうなると、蕎麦屋が酒と肴を出すと云うよりも、居酒屋が蕎麦も出すと云った方が相応しいが、いちおう看板は蕎麦屋だ。左党も右党も両方面倒見ようと云う魂胆のようだ。
やっぱり、先ずは生ビールから。その後、船中八策純米超辛口、真澄純米吟醸、王禄純米無濾過生酒、浦霞純米吟醸、ささ一純米吟醸無濾過などへ移行。どれも各々特徴があって美味い。この店はどちらかと云うと芳香&辛口系の品揃えという気がする。女性店員は注文の度、一升瓶を持参し、酒をグラスとその下の升まで、零れんばかりに絶妙に注いでくれる。肴は、にしんの甘煮、〆サバの炙り焼き、揚げ出し豆腐、天麩羅盛り合わせ、ポテトサラダ、ヤリイカの酢味噌和え、穴子天麩羅のあんかけ(だったかな?)などを注文。
にしんの甘煮は、いわゆるにしんそばのトッピングという感じだが、もちろん酒の肴にももってこいである。ポテトサラダは、ごくスタンダードなタイプでボリュームも十分。塩とスパイスは酒の肴的にやや濃いめになっていて、山から下りてきた者たちに優しい味だ。最後の締めの蕎麦も申し分ない。まだまだ他にも試していない日本酒や料理があるので、当分楽しめそうである。

_DSC6606

_DSC6607

_DSC6608

_DSC6609

_DSC6610

_DSC6611

_DSC6612

_DSC6613

_DSC6614

_DSC6615

_DSC6617

_DSC6618

_DSC6619
 

前日はガチ雪の男山に登り、ペンション「ドライブ気分」で一泊。翌日は天気も最高だったので、軽く飯盛山にスノーハイク(山の記録はこちら)。八ヶ岳や南アルプスの大展望に酔ったあとは、「天女の湯」で温まってから清里駅前の「そば処さと」に入った。昼下がりのせいか、真冬のせいか、先客なし。我々の後から1組入店。テーブル席以外に座敷もあったが、(オフシーズンのため?)今は使えないとのこと。清里駅界隈にはメルヘンチックな店が多いが、ここはうって変わって和モダンなロッジ風で窓が大きく、周囲の自然とも程良く調和している。清里と言えば砂糖菓子で出来ているような店が立ち並んでいるイメージがあって、自然と足が遠ざかっていたが、このような店があると、清里はギャルだけの街ではなかったと実感できる。この「そば処さと」も、蕎麦屋定番の一品料理が揃っていて嬉しい。板わさや出汁巻き卵、天ぷらに加え、揚げ出し豆腐や茄子の揚げ出しもある。酒は地酒の谷桜。こくがあって個人的な好みに合う。仕上げのせいろも申し分なし。また男山か天狗山に来るときには是非寄ってみたい。

62 板わさ、冷奴。

65 野菜天ぷら盛り合わせ。

68 満足して頂けたでしょうか?




 

↑このページのトップヘ