山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

天麩羅盛り合わせ

この頃、山から下りて松本と云えば蕎麦屋、ということになっている。それはひとえに真昼間に大っぴらに呑める店が、蕎麦屋だということに尽きる。松本にも、浅草のホッピー通りや、上野のガード下にあるような居酒屋が1,2軒あると助かるんだけどな。
それはそれとして、以前、Woodyさんから、松本在住のご友人と行く蕎麦屋があると聞いていたので、今回、立山(龍王岳、浄土山)と奥大日岳を登った帰りに行ってみた。駅から歩くと15分くらいの、女鳥羽川沿いにある店で、愛嬌のある看板が目印なので判り易い。
入口を入ると左手に小上がり、右手にテーブル席があり、折角なので靴を脱いで寛ぐことにした。丁度昼時、我々の後から次々に客が入って来て、忽ちほぼ満席となる。良いタイミングだった。今日は平日(月曜日)にもかかわらず、客は近所のさらりーまんやOLではなく、観光客かご近所の家族連れという感じ。きっとここは、観光ガイドブックやネット記事にも紹介されているのに違いない。
建物の影を拾いながらも、炎天下の中を歩いてきたので、ともかくビール(エビスビール、650円)。ふ~、生き返る。流石に下界は暑い。ついさっきまで居た、室堂や黒四ダムの涼しさがもう懐かしい。つまみは、馬刺し(1,295円)、鴨ロース(975円)、とうふ(460円)、天麩羅(1,510円)にした。そうなると日本酒だ。ここの酒は「岩波」だそうだ。松本の地酒である。
馬刺しは、松本の蕎麦屋では定番と云っても良さそうだ。肉は柔らかくて申し分ない。そう云えば、この頃たいていの店に入っても、馬刺しが筋っぽくてなかなか呑み込めない、ということは無くなった。この頃は農耕馬の最終処分、なんてことはないのだろう。熊本だって長野だって、名物と云いながら、恐らくは全部アメリカなどからの輸入品なのだろう。
締めは、ざるそば1,280円と、量的にはたっぷりだがちょっと高めの価格設定。蕎麦2枚でお猪口3つというと、追加料金が必要との仰せ。つゆ一つをとっても忽せにはしない、という職人のプライドの様なものを感じた。もちろん、つゆの出汁加減も蕎麦のコシも忽せにはしていない、全く申し分なかった。

_DSC9562

_DSC9563

_DSC9564

_DSC9565

_DSC9566

_DSC9567

_DSC9568

_DSC9569

_DSC9570

_DSC9571

_DSC9572

_DSC9574

_DSC9575


女鳥羽そばのHP: こちら 

三ツ峠山の帰り、立川に途中下車したが、未だ店は決まらないまま(要するに行き当たりばったりで)、南口を東へふらふらとそぞろ歩き。「だるま」も「味工房」も今日は未だ混んではいない様子。進退極まったらここに戻るか。右手の2階にある「ラ・クローヌ」というベルギービール&鉄板ビストロも気になるが、今日もそのままスルー。「ひだりうま・でん助」、「手打ち蕎麦なかさと」(今日は休みか)を左に見て、更に進む。
このまま何も見つからなければ、立川通り沿いの「青海」でも久しぶりに覗いてみるか、と思い始めた頃、左手に気になる店発見。控えめな看板には「とうせんぼう」と書いてある。なおちゃん、ひろちゃんの同意を得て入ってみると、比較的こじんまりとした店だったが、上手い具合に4人掛けテーブルが空いていた。靴を脱いで上がるスタイル。
店員が着ているTシャツの背中に、「ひだりうま・でん助」の文字を発見。聞けば、この店は、でん助の姉妹店だという。まだ新しいようだ。しかしメニューを見る限り、「ひだりうま・でん助」とは趣が異なる。あちらが炭酸系飲み物&肉系であるのに対し、こちらは魚が主体、日本酒もかなり豊富。何方かと云えば、この頃は此方の方とウマが合う。でん助はワイワイガヤガヤやる感じだが、こちらは気心知れた者同士がゆっくり語り合うという雰囲気である。
昨今、立川は魚が美味い店が増えてきた。それに連れて、日本酒のバリエーションも多くなってきていると思う。一昔前とはだいぶ様変わりしてきた。まことに歓迎すべき状況だ。
ちょっと歩いたので、やっぱりビールで乾杯。注文したつまみは、豆腐サラダ、塩もつ煮トーフ、しろえび刺、天麩羅盛り合わせなど。どれもひと手間かかった料理で好感が持てる。なかでも、塩もつ煮トーフは、その名の通り、味噌も醤油も使っていないものの、スープには旨み(鶏ガラか?)が生きていて、かなり美味い。若い店員の接客も爽やかだし、この店、なかなかイケてる。

_DSC8689

_DSC8690

_DSC8691

_DSC8692

_DSC8693

_DSC8695

_DSC8697

_DSC8699

_DSC8700
 
_DSC8701
 

まただいぶ間が空いてしまったので、先ず「久呂無木」訪問日を決めることにした。その次の問題は、何処の山を登るか、と云うことになる。可能な限り二番煎じ、三番煎じの山はやめたい訳で、これが毎度難題。暫し、国土地理院の地形図とにらめっこ。初めから昭文社/山と高原地図を眺めていると、どうしても赤線で引かれたハイキングコースにイメージが引っ張られ、発想が制約されてしまう。
やがて思い浮かんできたのは、予てより懸案だった仙元尾根だった。もちろん、東京都側から浦山大日堂へ下りることになる。登路は最短距離の倉沢林道から棒杭尾根を上がるのがベストだが、それでも結構長丁場だ。上手くすれば、シロヤシオにも逢えるかもしれない。「久呂無木」開店時間から逆算すると、丁度いい時間の奥多摩駅発東日原行バスを利用すればいいことが判る。これで何とかプランが出来た。山から下りたあとの風呂タイムと風呂上がりビールタイムの裕度は、途中の頑張り如何に掛かっている。
結果(山の記録はこちら)、ほぼ目論見どおりに、多少の余裕を持って「久呂無木」に着くことができた。残念ながら、シロヤシオは盛りを過ぎていて、ごく僅かしか咲いていなかった。昨年の都県境尾根はやや早すぎて、今年は遅すぎた次第だ。
今日の「久呂無木」訪問は前回同様、参加者7名のため、また奥の座敷に入れさせていただいた。山姿の我々にはいつもながら有難い。さて、すでに下地は出来ているので、日本酒からスタート。いつも、今日は何が置いてあるのかと楽しみである。
今回、初めて呑んだ酒は「鳴海(なるか)純米無濾過生酒」と「五十嵐純米直汲み」。「鳴海」は切れ味爽快。千葉・勝浦の酒とは少々意外、千葉にも美味い酒があった(失礼!)。「五十嵐」は地元、埼玉県飯能市の「天覧山」で有名な五十嵐酒造の限定酒。こちらも爽快で口当たり抜群。ついつい、ぐびぐびといってしまう。
肴は概ねいつもの通りに注文し、いつもの通り大満足。締めは勿論そばだが、この頃は専らもりそばしか手繰らないものの、久しぶりにかけそばも頂いてみた。つるつる喉越しが抜群なのは想像通りだが、つゆの美味さと香り高さにちょっと感動した。つゆそばも素晴らしい。ここ「久呂無木」は今年の10月でオープン10周年だそうである。今後も益々楽しみだ。

_DSC8210

_DSC8211

_DSC8215

_DSC8217

_DSC8218

_DSC8219

_DSC8220

_DSC8221

_DSC8222

_DSC8223

_DSC8224

_DSC8225

_DSC8226


_DSC8228

_DSC8227
_DSC8229

_DSC8230

_DSC8231

_DSC8232

_DSC8233

_DSC8234

_DSC8235

_DSC8236

_DSC8238

_DSC8240
 
久呂無木のブログ: こちら 

谷川岳ツアー最終日、造り酒屋見学の後は、昼食。やっぱり蕎麦でしょ、ということで、わずか3週間ぶりで「天丸」に再び入店。特段贔屓にしている訳ではないが、とにかくここは我々にとって立地条件が非常に良い。新幹線の時間を見ながら一杯やって蕎麦を手繰ることができる、上毛高原駅界隈で唯一の店と云っていい(駅構内に立ち食い蕎麦屋があるけれど・・・)。
新治タクシーの古株運転手に、この店と上毛高原駅とで、どちらが古いのか訊いてみたが、たぶん蕎麦屋じゃないかな、とややあやふやながら答えが返ってきた。それが本当だとしたら、本来、蕎麦屋にとっては千載一遇のチャンスだった筈だが、どうも我々以外の客は皆、車でやってきているように見える。食べ終わって駅に向かう客は見あたらない。ということは、立地条件には関係なく、それなりの客の入りがあるようだ。
我々が到着したときにはほぼ満席で、暫し待つことになった。やがて小上がりが空いたが、7人では2テーブルに分かれることになるとのこと。そこで、1テーブルに(女性陣は皆スリムなので)7人が犇めき合って座った。我々が落ち着いた後も、来客が引きも切らない。
2回目ともなると、もう勝手を知っているので、ビール乾杯の後は、地酒の「誉国光本醸造」と「水芭蕉吟醸酒」を其々頼む。この2つの酒とももうすっかり馴染みだ。つまみもほぼ前回同様、板わさ、山菜盛り合わせ、天麩羅盛り合わせ、もつ煮込み、月見芋、漬物盛り合わせ、となる。どれも(月見芋を除き)群馬の地酒に良く合う。
あらかた出来上がったら、締めは勿論、もりそば。今日もしっかりコシがある。ありがたい、ありがたい。またの機会まで、暫しさようなら。

_DSC7986

_DSC7987

_DSC7988

_DSC7990

_DSC7991

_DSC7992

_DSC7993

_DSC7994

_DSC7995
 

日帰り温泉「ゆにーいく」でさっぱりした後、「昼は蕎麦が良い」と和尚が云うので、タクシーの運転手に勧められた、上毛高原駅のすぐ前の「天丸」に入ってみた。外も中も古民家風、なかなか良い風情である。結構、客が入っている。みんな自家用車で来ているようだ。車だったら、こんな新幹線の駅近くでなくても良さそうだが、逆に云えば、他に店が無いのか、ここが余程美味いのか、どちらかだろう。
絶好の場所なので、酒と肴を待つ間に、このちゃんに新幹線の切符を買いに駅まで行ってもらったおかげで、ぎりぎりまで、店でゆっくりできる。
ビールは「ゆにーいく」で呑んできたので、はじめから日本酒で乾杯。「誉国光(ほまれこっこう)」と「水芭蕉吟醸酒」を呑んでみた。どちらも地元、川場村にある造り酒屋、土田酒造と永井酒造が醸した酒。 「誉国光」はいわゆる呑み飽きないタイプで、燗に合う感じ。「水芭蕉」は淡麗だが吟醸酒らしく香りが良い。こちらは池袋の「萬屋松風」でも置いてあった。このところ群馬の酒を飲む機会が増えてきているが、何れも奇を衒わない真っ当な酒というイメージがある。
肴には、板わさ、山菜盛り合わせ、天麩羅盛り合わせ、こんにゃく味噌田楽、月見芋、漬物盛り合わせをいただく。みんなが好きな厚焼き卵は、ここには無かった。厚切りの蒲鉾は、食紅で染めたもので、この頃おせち料理ぐらいでしか見掛けないクラシックタイプ。山菜には菜の花、天麩羅には蕗の薹などがあって、春を感じることができる。
〆はざる蕎麦。太さは普通で、しっかりコシがある。食べてみて、この店が偶々新幹線の駅前にあるだけで、車の客もやってくる訳が判った気がする。その意味で、ここは我々にとっても使い勝手が良い店である。

_DSC7505

_DSC7507

_DSC7509

_DSC7510

_DSC7512

_DSC7514

_DSC7515

_DSC7516

_DSC7518

_DSC7519
 

大洞岩から大同山南尾根を経て百蔵山に登り、湯立人鉱泉で汗を流した後は、高尾へ移動して「たまの里」に初入店。ここは小生の兄貴が推奨する店である。高尾駅南口の目の前にあるドトールコーヒーには土曜日の朝、時々お邪魔することがあるが、その隣にこんな蕎麦屋があるとは気が付かなかった。概して高尾山には蕎麦屋が多いが、その多くは高尾山口駅から先の参道にある。その辺りの蕎麦屋は殆ど入ったことはあるが、ここ高尾駅は全くノーマークだった。
入ってみると、外観同様、小奇麗で明るい。高尾山から下りてきたであろう中高年ハイカー達で、思いの外、繁盛している。みなさん良くご存じのようだ。山登りを口実に使い、かつ蕎麦を隠れ蓑にして、単に酒を呑みたい輩(はて、何処かで聞いたような聞かないような)にはうってつけの店と見た。
ともあれ席を確保したら、早速メニューを拝見。日本酒も肴も実に豊富である。嬉しい。もうこうなると、蕎麦屋が酒と肴を出すと云うよりも、居酒屋が蕎麦も出すと云った方が相応しいが、いちおう看板は蕎麦屋だ。左党も右党も両方面倒見ようと云う魂胆のようだ。
やっぱり、先ずは生ビールから。その後、船中八策純米超辛口、真澄純米吟醸、王禄純米無濾過生酒、浦霞純米吟醸、ささ一純米吟醸無濾過などへ移行。どれも各々特徴があって美味い。この店はどちらかと云うと芳香&辛口系の品揃えという気がする。女性店員は注文の度、一升瓶を持参し、酒をグラスとその下の升まで、零れんばかりに絶妙に注いでくれる。肴は、にしんの甘煮、〆サバの炙り焼き、揚げ出し豆腐、天麩羅盛り合わせ、ポテトサラダ、ヤリイカの酢味噌和え、穴子天麩羅のあんかけ(だったかな?)などを注文。
にしんの甘煮は、いわゆるにしんそばのトッピングという感じだが、もちろん酒の肴にももってこいである。ポテトサラダは、ごくスタンダードなタイプでボリュームも十分。塩とスパイスは酒の肴的にやや濃いめになっていて、山から下りてきた者たちに優しい味だ。最後の締めの蕎麦も申し分ない。まだまだ他にも試していない日本酒や料理があるので、当分楽しめそうである。

_DSC6606

_DSC6607

_DSC6608

_DSC6609

_DSC6610

_DSC6611

_DSC6612

_DSC6613

_DSC6614

_DSC6615

_DSC6617

_DSC6618

_DSC6619
 

「三城」で蕎麦を喰ったものの、未だ上り「あずさ」の発車時刻まで間があり、それに(三城で日本酒は五勺くらいしか飲めなかったため)やや飲み足りない気分。そこで、松本駅ビル内にある蕎麦屋(また蕎麦?!)「いいだや」に入ってみた。蕎麦屋に入って蕎麦を喰わないのは失礼に当たるのかどうかは判らないが(「三城」でそんなこと云うと即刻叩き出されるかも知れないが)、以前、会社の帰りに銀座中学校の裏の蕎麦屋「満留賀」に度々入って、つまみと焼酎の蕎麦湯割りを飲んで蕎麦を喰わなかった。周りもそういう客ばかりだった。蕎麦屋にとっても、酒飲みの方が客単価が高いので心得たものではなかろうか。
閑話休題。暖簾を潜ると、右半分は座敷、左側に4人掛けのテーブルが3つ、真ん中に大きな長テーブルひとつ。真ん中に座る。生ビールに、つまみには馬刺しと天麩羅盛り合わせを注文。このところ馬刺しは毎日の様に喰っているが、なかなか飽きない。それに、店によって味も噛み応えも違うようだ。場所柄、この店は列車の待ち時間に利用する客が多い。従い、割と客の入れ替わりが早くなる。我々も1時間足らずだったが、まったりとできる。時間以外に特段、制約されること無く飲み食いできるのは、やはり普通に良い。

_DSC4349

_DSC4350

_DSC4351
 

↑このページのトップヘ