山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

天ざる

昼食は、中央線への乗り換えの都合もあるので、小淵沢駅界隈が都合が良い。ランチタイムならば、それなりに開いている店もあるだろう。改札口を出ると、かなりの人が駅構内に屯している。多くは観光客。そのうちの何割かは、立ち喰い蕎麦屋「丸政」に群がっている人達である。
駅の窓口で、上りの「あずさ」の指定券を取った後、さて、何処へ入るか。となると、やっぱり蕎麦にしよう、という意見が強い。幾ら蕎麦が美味くても、立ち食いは味気ないので「丸政」は当然、パス。となると、歩いて行ける「雅」へ足を向けるのが順当(前回のレポはこちら)。この「雅」、基本的に蕎麦も、一品料理も、店の雰囲気も全く申し分ないのだが、一点だけ気掛かりがある。
ここの女将(大女将?)さんは、自分の意に反することには極めてそっけない。あたしの云うこと、やることに間違いはないのよ、という自信に溢れているせいか、接客性の点でやや難がある。もうひとりの花番さん(まさか親子でも、姉妹でもないと思うが)は極めてソフト。足して2で割ったら具合が良いんだが・・・。
そんなことを考えつつ、店に入ろうとすると、店の大将も女将も、何故か玄関にいて「・・・。いらっしゃい。」と無表情にお出迎え。恐る恐る、入っても宜しいでしょうか、という感じになる。通されたのは、前回同様、一番奥の座敷。裏も表も開け放たれていて、特に風が入ってくる訳ではないが、暑いと云うことは無い。すでに、3つのグループが食事中。うち、ひと組(中高年男子2名)は酒も入って、だいぶいい調子のようだ。
とりあえずビールだ、と生を注文。グビッと、あー美味い、あーこれで夏も終わりか。今日の付き出しは、枝豆(やっぱり、枝豆が入った小鉢を、でーん、と置いて行かれる)。前回はもっと色々出て来たけど、今日は偶々、そういう日なのかな、残念、とどうしても、考えまで及び腰。ま、そんなことより料理を頼もう。「鳥モツを・・・」と云い掛けたところで、「もう終わりました!」と女将がぴしゃり。「・・・。」と我々。気を取り直して、「板わさと玉子焼きはありますか?」と、びくびくお伺いを立て、了承される。こんにゃくもその後、注文。
では酒にしようと、谷桜を注文。やはり、青竹の徳利に入って出て来る。しかも良く冷えていて、これが美味い。そして天ざるを注文し、天ぷらだけ、先に出して貰う。ここの天ぷらは美味いね~と女子連が云うと、すかさず女将は「うちのは他と違うの」と、嬉々として自慢を喋り出すので、有り難く拝聴。締めの蕎麦は、しこしこ、やっぱり美味い。なかなか、良いこと尽くめにはならないのが世の常というものだが、概ね滞りなく酒とつまみと蕎麦を堪能することができた。めでたし、めでたし。

DSC03097

DSC03098

DSC03099

DSC03100

DSC03101

DSC03102

DSC03103

DSC03104

DSC03105

DSC03106

P8280630

DSC03107




 

「美し森ロッジ」から、メルヘンチックなバス(乗客は女子供ばかりで、やや居心地悪い)に乗って、清里駅に戻る。雨が止まないのでバス移動は有り難い。途中、清泉寮でかなりの人数が入れ替わり。こんな雨なのに、随分と人気だ。
駅に着いたらほぼ午後2時。まだペンションのチェックインには早過ぎるし、小腹も空いているので何処かへ入りたい。この界隈では一昨年、飯盛山に登った帰りに「さと」という蕎麦屋に立ち寄ったことがある(山の記録はこちら)。そこでも良いけど、とりあえす他にも有るだろうと、うろうろしてみるが、丁度ランチタイムが終わる頃なので、なかなか見つからない。
それに、ちょっと気が付いたことだが、駅前でも結構、売りに出ている空き店舗が多い。バブルからは随分経っているので、その名残なのか半信半疑だが、なんとなくシャッターストリート的雰囲気が漂っている。若い女の子を相手にしていたから、時代の変化に付いて行けず、飽きられたんじゃないかな。オヤジ連中だったら飽きもせず、同じ酒、同じ喰い物を当てがっておけば、満足するのだから(あとでネットを調べてみると、廃墟マニアの間では、清里はかなり有名の様である⇒例えばこんなブログ)。
そんななかで見つけたのは、「磯前」という寿司屋。寿司と云っても、蕎麦や丼物等もあるので、気軽に入れる感じだ。しかし、問題は営業時間。恐る恐る入ると、女性店員曰く、「いちおう3時ですが、かまいませんよー。」とのこと。どう、かまわないのか、いまいち判り難いが、まあ叩き出されるまで居ようか、ということでテーブル席に着陸。
「ごめんなさいねー」と云いつつ、通路でごそごそ雨具やスパッツを外す女子連に対して、件の女性店員はやっぱり「全然かまいませんよー」と。気難しい店主がいるような店じゃなくて良かった。
さて、ビール。ここは生は無く、瓶ビール(627円×2税込、以下同様)で乾杯。さっそく付き出しが出て来る。タコとイカの炙り焼きだよ、へー、珍しい。パクッと食べてみれば、これが香ばしくて美味い。なかなかやるな、この店。他の料理も期待して良さそうだ。頼んだのは、新サンマの塩焼き(864円×2)、目光唐揚げ(648円×2)、鉄火巻(1,080円)、それに締めの天ざる(1,404円×2)。今日は大して動いていない割に、結構、頼んだが、まあいいでしょ。張り切って喰おう。
サンマは個人的に、今シーズンの初ものだ。清里で初サンマを喰うとは思わなかった。なかなか脂が乗っていて、こりゃ美味い。目光(メヒカリ、正式名:アオメエソ)も、清里で出会えるとは奇遇だ。ビールの後は、日本酒にしよう。やっぱり地酒が良かろうと、七賢(864円×2)を注文。この酒は、同じ北杜市にある山梨銘醸が造っている。昔から骨太の酒。あー、結構呑んで喰った。どれも美味かった。このままじゃ、ペンションでの夕食に差支えがありそうだ。そうこうしているうちに、噂のペンションから電話が掛かって来た。これから車で迎えに来ると云う。今日のカロリー過多は、解決できずに終わりそうだ。

DSC03051

DSC03052

DSC03053

DSC03054

DSC03056

DSC03057

DSC03058

磯善のHP: こちら 

ごくごくローカルな店なのだが、店内の造りが変わっていたのと、意外(失礼!)にも蕎麦が美味かったのでご紹介。場所は三郷市の外れ、三郷市民でも殆ど寄り付かない処(ふたたび失礼!)。中川が直ぐ傍の郊外だが、ナビがあれば何とか辿り着ける。ここで「蕎麦」と書いたのは、ランチメニューのはじめにせいろうがあったからで、実態は日本料理屋あるいは料亭、と云った方が相応しいかも知れない。大きな敷地に大きな駐車場があり、送迎用のマイクロバスもある。
建物(母屋?)も古民家を移築・改造したような風情で、天井がやたらに高い。中2階の宴席もあるが、総2階建てにしても全く問題が無いと思われる。むしろ、現状では天井が高過ぎて違和感を感じてしまう、そんな店である。宴会向きの大部屋は、また別の棟にあるらしい。
外観はおもいっきり昔ながらの和の雰囲気ながら、中は和モダン風に、いくつか仕切られたスペースが出来上がっている。なかなか言葉で説明し難いが、ちょうどこんなHP(ここを改装した設計事務所?)にビジュアル画面が載っていたのでご覧いただきたい。HPを見ると、つい半年ほど前に出来たようだ。主に、ちょっと斬新な和風居酒屋の内装を手掛けているようである。
母屋に入ると、着物姿の仲居さんがお出迎え。さきほどのビジュアル画面のうちの「全景」にある左側の3つのスペース(中には各々テーブル席が並んでいる)の一番奥に入った。窓に面しているので明るい。我々の後から中年夫婦が入店。別棟は判らないが、母屋の客は二組だけ。
メニューをざっと見渡し、ビールと共に天ざるを頼んだ。空いているせいか、ビールを呑み切らないうちに蕎麦と天麩羅がやって来る。そうなれば先ずは蕎麦から。細麺でつるつるしこしこ。いける。つゆも辛めで好み通り。天麩羅は、というとやや残念ながら、気持ち、サクサク感が足りないようだが、まあ合格点。
こんな僻地(またまた失礼!)のこんな大きな店が、やって行けるのか疑問を感じるが、個人客が通りすがりに入るような店ではないので、きっと会社の宴会とか、接待とか、法事とかで利用される方が多いのだろうと思う。またそのうち、その後どうなったのかを確認がてら、蕎麦を手繰りに来てみたい。

20151004_112922

20151004_112928

20151004_121301

20151004_121318

20151004_113045

20151004_113053

20151004_113355

20151004_113415

20151004_113428

20151004_113508

20151004_115334

20151004_115733

20151004_121242

鈴家のHP: こちら
 

↑このページのトップヘ