山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

地鶏のたたき

国師ヶ岳&石楠花新道から下りたあとの帰り路は、久しぶりに立川で途中下車。女子連のご要望にお応えして、「ずくなし」へ行くこととなり、念のため予約まで入れて5人で入店。今回で3回目(前回のレポはこちら)。この店は、ひと手間かけた料理も勿論それなりに美味いのだが、モノトーンな店内の雰囲気が和める感じがウケるのだろうし、更に店主の物腰の柔らかさも、この店の味であることは間違いない。
店の入口は、茶室の躙口ほどではないが、十分屈まないと入れないほど鴨居が低い(敷居も低い)ので、リュックサックを背負ったままだと尚更入り難い。何故か、前回訪問時からこの入口に変わったのだが、このせいで、隠れ家度がさらに向上したのは確かだと思う。
そう云えば、穂高駅近くのうどん屋(店名は失念)で、この店以上に鴨居が低い店があって、実際に頭をぶつけたことがある。するとその店の偏屈親父から、頭(ず)が高いと世の中は渡れないゾ、などと講釈を受けた記憶がある。あの店は今どうなっただろうか。話が逸れた。
我々5人の予約席は、前々回(その時のレポはこちら)と同じ、小上がりの板の間。先客はカウンター席に数人と、小上がりに一組。予約していなかったら入れなかったかも知れない。この頃、繁盛しているようである。若い女性店員は、前回は見掛けなかったので新人か。店主が色々教えている様子。
ふとテーブルの上を見ると、箸置きが今日はネコジャラシ(エノコログサ(狗尾草)、花言葉は「愛嬌」)ではなく、ランの花(デンファレ、花言葉は「わがままな美人」)だった。飲み物は、もう日本酒にしようと、ゆきつばき(680円税別、以下同様)。料理はここの定番、クリームチーズの味噌漬け(580円)、チーズのポテトサラダ(450円)、肉豆腐鍋(480円)、地鶏のたたき(680円)、さんま刺し(680円)、やげん軟骨炭火焼(680円)、豚バラの薫製(580円)、エイヒレ(480円)、炙りしめサバ(680円)と、流石に5人もいると色々注文。締めにうどんを喰いたい!という声も出たので、釜玉うどん(450円)と明太子うどん(580円)も注文。皆さん、食欲旺盛である。料理は其々美味かったが、今日は客が沢山押し寄せたせいか、いくつか地酒を切らしていたようだ。普段は、日本酒を呑む客が少ない?ので、我々の様な日本酒党がやってくると忽ち在庫が無くなるのかも知れない。
ここ「ずくなし」は、呑み放題コースも始めたようなので、そのうち宴会にでも来ることになりそうだ。凸さん来るよね?

DSC03704

DSC03705

DSC03706

DSC03707

DSC03708

DSC03709

DSC03710

DSC03711

DSC03712

DSC03713

DSC03714

DSC03715

DSC03716

DSC03717

DSC03718

DSC03719

DSC03720

DSC03721
 

立川駅で「ホリデー快速富士山2号」下車。今日も取りたてて行先を決めないままやって来た。この頃は、大人数でなければ気儘にふらふら歩いて、思い付いた処に適当に入ることにしている。偶々、「ずくなし」へ入る路地の前までやって来た時、前回来た時の居心地の良さを思い出し、また「ずくなし」に入ってみることにした(前回はこちら)。
良く見ると、入口が変わったようだ。確か前回は、暖簾が掛かった普通の引き戸だったが、今日はやけに低い引き戸になっていた。まるで茶室のにじり口。靴を脱いで上がるスタイルは、以前と同様。店内の照明がちょっと抑えめの感じがなかなか良い。これが居心地良さの要因の一つかも知れない。
先客は若いカップルひと組のみ。店主もやや手持ち無沙汰の様子。丁度良いタイミングで我々がやって来たようである。先客と同様、我々もカウンター席に陣取り、先ずは生ビール。
箸置きにエノコログサ(いわゆる、ネコジャラシ)が使われているのもここのスタイルならば、日本酒を頼むとフルートグラスに注がれるのもここのスタイル。肴には、ポテトサラダ(380円税別、以下同様)、地鶏のたたき(680円)、かつおの土佐造り(480円)、ほっけ開き(680円)、揚げ茄子(380円)を注文。ポテトサラダと揚げなすはどちらも美味いので、前回に引き続きの注文である。
ふと気が付いたが、カウンター席の壁に、見たことが無い紙幣が飾ってある。チェ・ゲバラの肖像があるのはキューバの紙幣だろう(ふと改めて、ゲバラの人となりを調べてみると、実はアルゼンチン人だった。いくら革命に功労があったとしても、他国民の肖像を通貨紙幣に使うのは、大らかと云うか凄いことだと思う)。他にも色々ある。店主に訊いてみると、家族で世界一周したとのことで、エピソードなど淡々と語ってくれた。以前、下北沢で店を開いていたというが、その後、世界一周旅行に旅立ち、帰って来てから立川のここに店を持ったようだ。
ここには10人ぐらいで座れる小上がりがある。コース料理もあるようなので、忘年会の候補のひとつとして考えておこう。

DSC02429

DSC02430

DSC02431

DSC02432

DSC02433

DSC02434

DSC02435

 DSC02436
DSC02437

DSC02438

↑このページのトップヘ