2週続けて「特急スペーシア」に乗ると云うことは、2週続けて北千住に途中下車、とほぼ同義。今宵も東口へ出る。やはり狙いは学園通りの左手。先日入った「かほりや」のすぐ隣りに、結構賑わっている店があった。こちらもカジュアルな感じでなかなか良い。
丁度、店員が出てきたので、「空いてますか?」と問うと、こちらは如何でしょう、と店の入口の、何も無いスペースを指す。これからテーブルと椅子を持ってくると云う。ふむ、今日は陽気も良いので、外で呑むのも悪くないね、とここに決める。
訊けば、オープンして1年ちょっとの店のようである。店の貼紙やメニューを見ると、「肉と野菜と東北を食べる店」となっている。「東北を食べる」とは面白いコンセプトだ。芭蕉の「奥の細道」にもある通り、ここ、千住は東北への玄関口。其処に「東北を食べる」 店を構えるとは、なかなか味なことをおやりになる。
さて、先ずは生ビールで乾杯。お通しには茎わかめが出て来た。しかも、食べ放題。肴は何にしようか。柱に貼ってあるポスターには、「日本全国の”うまいもの”で一杯いかがでしょう」とあって、和風前菜の盛り合わせ「なでしこ」(900円税別)の宣伝。たしかに美味そうなので、注文。他にあだち菜のおひたしや、自家製キッシュも頼んでみる。
日本酒も月替わりで様々なものを仕入れているようだ。メニューを見れば、ここは100種類の梅酒を100分1,010円で呑み放題のようだ(千住なので”1,010”だそうだ)。道理で、店の中に何だかいっぱいボトルが並んでいた訳だ。梅酒は男子向きではないが、女子には興味があるだろう。
空を見ながらいい調子で呑んでいると、この建物の上にある”Cwave”というインターネット放送局が主催の、”声誕祭2016”のパンフレットを渡され参加しませんかと声を掛けられたり、着物姿のお姐さん方が髪飾りの教室から下りて来て、いっしょにやりませんかと(もちろん、小生にではない)誘われたりと、店の入口にいるとなかなか賑やかで、下町の雰囲気に浸れる。
次回、この店に来るのは、山菜と魚が旬の頃が良さそうな気がする。

DSC00415

DSC00416

DSC00417

DSC00418

DSC00419

DSC00420

DSC00421

DSC00422

DSC00423

DSC00424

DSC00425

DSC00426

DSC00427

DSC00428

DSC00429

DSC00430

DSC00431


プエドバルのHP: こちら