山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

出汁巻き玉子

また7ヶ月ぶりに久呂無木訪問(前回はこちら)。
今回は、両神山の帰りなので、日曜日の訪問となった。両神山から下りて来た4人のうち、ひろちゃんは用事のため泣く泣く帰宅、その代わりに膝のリハビリ中のくまちゃんが、久呂無木に直接やってきたので、都合4人での入店。そのため、久しぶりに奥の座敷ではなく、小上がりに腰を落ち着けた。勿論、我々は予約済みなのだが、後から後から予約していない客がやって来て、丁重にお断り。相変わらずの人気ぶりである。
早速、久呂無木のご主人のお勧め日本酒をいただく。先ずトップバッターは「花陽浴」。最早、埼玉を代表する日本酒だと思う。この赤ラベルの山田錦(純米吟醸山田錦直汲み)は初めてだ。口に含むと、「花陽浴」ならではのジューシーさと、仄かなパイナップル系の香りが広がるが、程良く旨味も酸味も併せ持っているので、バランスの良さも感じる。流石だ。
つまみはいつもの豚炙り焼き、出汁巻き玉子、さしみゆば、鴨ロース、野菜天ぷら、板わさ、牛しぐれ煮、オニオンスライスをいただく。どれもこれも変わらぬ美味さ。
続いて登場した日本酒は「雁木 純米吟醸無濾過生原酒ノ弐」。旨味があって芳醇なのにさらっと上品。これはすいすいいってしまいそうだ。危険な酒。
次は「智則 純米吟醸 佐香錦 直汲み中取り 無濾過生原酒」。ご主人曰く、「智則」とは杜氏の名前だそうだ。自分の名前を酒の名前にするとは、かなりの自信作ということか。実際、口に含んでみると、これもまた旨味ががつんと来る、骨太な日本酒。まいった。
最後の日本酒は、「まんさくの花 純米吟醸 美郷」という、ちょっと風変わりなラベルの日本酒。裏ラベルには「・・・一際目を引くデザインボトルを作りました。上から順に「日の出」「まんさくの花」「水」をアイコニックに表現したものです。」とある。ご主人の解説によると、酒造(日の丸醸造)の若旦那が、どこぞのデザイナーに、ん百万円で頼んだら、大旦那に「金を使うなら酒造りに金を使え!」と怒られたそうな。小生も大旦那の意見に賛成。呑んでみると、酸味も旨味も程々で、とにかくフレッシュ爽やか。
締めはやっぱりもりそばがいいが、今日はおろしそばもいっしょに頼んでみた。大根おろしの辛みと蕎麦のシコシコ感が良く合う。もりばかりではなく、偶には色々なそばを食べてみるのも良いようだ。毎度様々な日本酒が楽しめるし、蕎麦もいつも通り美味い。何回お邪魔しても楽しめる店である。
 
DSC02574

DSC02575

DSC02576

DSC02577

DSC02578

DSC02579

DSC02580

DSC02581

DSC02582

DSC02583

DSC02584

DSC02585

DSC02586

DSC02587

DSC02588

DSC02589

DSC02590

DSC02591

DSC02592
 

毎年、高尾山の初詣は2月の節分以降になる。今回は、家を出るのがちょっと出遅れたため、11時の護摩に間に合わせるには、山頂まで往復する時間が無くなってしまった。それでも登れるところまで登ろうと、6号路に入る。木々には雪が積もっていて、なかなか奇麗。昨晩、降ったのだろうか。
多くのハイカーは稲荷山コースへと入っていき、こちら6号路は人影もまばら。枇杷滝から6号路へ入る処が閉鎖されていた。先日の雪による倒木が道を塞いでいるらしい。やむなく1号路の方へ上がる道をとる。木々に積もった雪が、陽の光で温められ落ちてくるので、まるで本降りの雨。レインウェアが欲しい程である。途中から2号路を進んで浄心門に出る。参道はさすがに人通りが多い。
薬王院に到着、まだ護摩が始まるまでやや時間があるので、休憩所で薬王院茶を飲んでゆったり。本堂に行くと、今日は意外に護摩に集まった人々(門徒?)が多い。毎年この時期、だいたい10数人ぐらいが普通なのだが、今日はその10倍ぐらいが護摩の開始を待っている。なにか特別な日なのだろうか。流石にこの建物の中には、外国人観光客はいない。
今回気付いたのだが、ご本尊の飯縄大権現は、烏天狗あるいは迦楼羅天(いわゆるガルーダ)の化身と思っていたが、修験道の読経を聞いていて、迦楼羅天のほかに不動明王(インドではシバ)、歓喜天(インドではガネーシャ)、荼枳尼(ダキニ)天、宇賀神の五相合体の姿であることを初めて知った。随分と贅沢な神様である。御利益もそれに応じてテンコ盛りということになるのだろう。
護摩の後、もうすぐ昼飯時なので山を下りる。門前には蕎麦屋が多いが、今日、行ってみようとしている店は、高尾山口駅から高尾駅方面へしばらく歩いたところになる。こんなところに本当に店があるのだろうか、と思うような場所に「杜々」(とと)があった。ランチは予約は受け付けていないとのこと、到着は12時頃。まるで民家の様に玄関から入る。畳敷に座卓が4つ。15人ぐらいが限界だろう。丁度座れたが、我々の後から次々客が現れ、外で待っている様子。運が良かったようだ。
ビール(エチゴビールなる地ビール)と共に、前菜三種盛り、やかき揚げ、出汁巻き玉子を注文。どの料理も素朴な味わいだが、美味い。日本酒は大倉(奈良の酒)にしてみた。そして締めはせいろ。蕎麦の香りを感じる。つゆは、鰹節出汁の香りが強烈。人気の理由が良く判った。今度来る時は、もうちょっと早めにしよう。

_DSC1875

_DSC1876

_DSC1877

_DSC1878

_DSC1879

_DSC1880

_DSC1881

_DSC1882

_DSC1883

_DSC1884

_DSC1886

_DSC1887

_DSC1888

_DSC1889

_DSC1890

_DSC1891

_DSC1893

_DSC1894

_DSC1897

_DSC1898

_DSC1899

_DSC1900

_DSC1901

_DSC1902

_DSC1903

_DSC1904

_DSC1905

_DSC1906

_DSC1907

_DSC1909

_DSC1910

_DSC1912

_DSC1913
 
 杜々のブログ: こちら 

新橋で、(親爺達以外に)人気の店、第2弾。予約しないと入れない店、なのだそうである。「タオ」とは道教の云う「道」のことなのだろうか(それとも店主の名前が田尾さん?)。でも、店の中は意外と洗練された雰囲気で、カフェバー(今は死語か?)あるいはバルと云っても良さそうだ。とても東洋思想との接点は見えない。
しかし店が洗練されている割には、片田舎の駅前食堂に居そうなおばさん店員(ごく個人的な感想なのでスルーして下さい)が給仕しているので、妙な違和感を覚える。そこから「道」、すなわち宇宙とヒトの生との根源的な共通真理を感じてくれ、という深遠な設定なのだろうか。難しくて目眩がしそうだ。
うなぎの寝床の如く長い店。東側の通りに面した入口から入ったが、帰りは西側の通りに出た。東側の看板には堂々と「居酒屋」の看板が掲げられているが、西側には「Dining Bar TAO」 と書いてあり、訳が分からない。確かに居酒屋は酒が呑めるだけでなく、料理も食べられるが・・・。店を東から西へ通り抜けると、東洋から西洋へ。この店にはカオス的空間が渦巻いているのを感じる。
面倒な話はさておき、予約席に案内されると、小生を除く先行組が、すでにテーブルに盛られた料理を、ばくばくもりもり喰っている。とにかく、メンチカツも出汁巻き玉子も、どれも量が多い。とり唐揚げは量も多いが、1つの大きさが半端ない。1つ喰ったらもう十分。2つ目を喰うのに躊躇する大きさである。
それに較べて、飲み物が高め(蕎麦好きオヤジさんの検証結果による)。呑んべえ向きではない、ということだ。従って、とにかく、ばくばくもりもり喰えれば幸せ、という方にはお薦めである。ただし、50代以降でそのような喰い方をすると、身体に毒と思われる。
高かろうが、とにかく先ずビールは呑ませていただく。その後は皆さんと同様、安くて酔うだけの焼酎ボトルで水割り。結果、ひとり2,900円弱だった。個人的には、この店のCPは悪くないと思う。
しかし何故、この店が予約なしでは入れないほど人気があるのか、いまひとつ判らない。とり唐揚げ好きにとっては聖地かも知れないが、そうでない者には、混沌の中にタオを見出すための修行の場のように思えるのだ。

_DSC0259

_DSC0265

_DSC0264

_DSC0260

_DSC0261

_DSC0262

_DSC0263
 
_DSC0266

_DSC0264

 _DSC0267

矢沢で沢歩きした後は、立川駅で途中下車。まだ16時過ぎ、この時間で開いている店は、立川と云えどもそう多くは無い。南口には、我々が馴染みの居酒屋「だるま」があるが(この頃、とんとご無沙汰だ)、北口にも全く別の居酒屋「だるま」があると聞いていたので、行ってみた。
外観は何処でも有りがちな大衆居酒屋の風情。一方、内装はこの頃の流行りの便乗しようとしたのか、昭和ノスタルジーを演出しようとした感じは伝わってくる。昔、良く目にした「たばこ」や「塩」のホーロー引き看板、ドリフターズやコント55号の映画ポスター、「バカボン」や「サザエさん」の漫画ポスターなどが飾ってある。テーブル、椅子、壁や天井そのものは、いまどきの建材を使っているため、凝り方が中途半端な感じがしてやや残念。少なくとも「半兵ヱ」くらいの拘りを見せて欲しかった。
ともあれ、席に着き、思い思いの飲み物で乾杯したら、つまみを注文。アボカド刺(300円)、マカロニポテトサラダ(300円)、ポテトフライ(300円)、ハムカツ(298円)、出汁巻き玉子(400円)、おまかせ10本盛(1,120円)、鶏からあげ(450円)にしてみた。どれもそこそこ安いが特段、美味い、というものは無く、全体的に無難なイメージ。若い女性店員が溌剌としているのが、この店のウリと見た。
戸田でご子息の試合の応援をしたなおちゃんは、途中、中央線が人身事故で不通になっていたのにもかかわらず 長躯、立川までおいでいただき、目出度く合流。
今回、参加いただいたグッチー師匠から、かつて黒部第四発電所(いわゆる黒四ダム)の建設工事に携わっていたこと、自分の山の原点が針ノ木岳であること(全くのずぶの素人で初めて登った山であるとのこと)等、とても興味深い話を聞かせて貰う。黒四ダムの建設なんて、物心ついた頃すでにレジェンドという感じだったが、それに直接携わっていた方から、生の話を聞けるとは夢にも思わなかった。今日参加した方は大変お得だ。

DSC_1016

DSC_1017

DSC_1018

DSC_1019

DSC_1020

DSC_1021

DSC_1022

DSC_1023

DSC_1024

DSC_1025

DSC_1026
 

九鬼山の帰り、「ふろっぴぃ」でひと風呂浴びたあと、送迎バスで高尾駅に戻る。今日の目当ては、高尾駅北口の「あさかわ」か、南口にある「たまの里」のつもりだったが、まだ午後3時過ぎで「あさかわ」はやっていない。それでは、と「たまの里」に入店。今年の2月以来(前回はこちら)だが、小生以外は皆さん、初めて。
今日も店内は、高尾山から下りてきた呑んべえ達で大賑わい。この店が、呑んべえハイカーに愛されているのが良く判る。山から下りてきた時間、普通の呑み屋はまだ開いていない。大っぴらに呑めるとなるとやっぱり蕎麦屋、皆、行き着くところは一緒だ。なんとか我々も、入って左手奥の席を確保できた。前回も感じたことだが、この店は、「酒も出す蕎麦屋」と云うより、「蕎麦も出す居酒屋」に限りなく近い。
本来、高尾山から下って来たハイカー達は、小仏方面や陣場山方面からの下山客は別として、たいていの場合、登山口から高尾山口駅までの間に何軒かある蕎麦屋、例えば「高橋家」とか「栄茶屋」などに引っかかりそうなものだ。事実、小生の場合もそうやってその界隈の蕎麦屋には殆ど入った。ちょっとリッチなハイカーだったら、琵琶家(別館だったら入ったこと有)や橋本屋(敷居が高いので覗いたこともない)に寄るかも知れない。何処の蕎麦屋も、昔は蕎麦以外には、漬物かこんにゃくの味噌おでんくらいしか置いていなかったが、この頃は酒やつまみの種類はそこそこある(例えば、高橋家はこんな感じ)。店の雰囲気だって悪くない。
ハイカー達がそのような網を掻い潜って、高尾駅前の「たまの里」まで我慢してやってくるのは何故だろうか。思い至るのは酒の種類の豊富さと料理のCPだろうか。蕎麦だって安い。天ざるそばだって、870円である。でも今回は、ひたすら酒とつまみで終了、蕎麦を喰い損なった。蕎麦屋であることを忘れさせるほど、ここは酒とつまみが充実しているのである。そう考えると、今度来る時も、蕎麦を喰えるかどうかは甚だ怪しい。

_DSC8983

_DSC8984

_DSC8986

_DSC8988

_DSC8989

_DSC8990

_DSC8991

_DSC8993

_DSC8994

_DSC8995

_DSC8996

_DSC8997

_DSC8998
 

「ペンションすずらん」でまったりした後、立川駅の南口に出る。今回の山には行けなかった、くまちゃんと合流し総勢6名。18時過ぎのせいか、空いている店がなかなか見つからない。以前から気になっていた「ラ・クローヌ」というベルギービール&鉄板ビストロも覗いてみたが、予約でいっぱいとのこと。結構、繁盛しているようだ。
うろうろ彷徨った挙句、ここ、入ったこと無いね、と「旬菜酒場 ほおずき」を覗いてみると、丁度ひとテーブル、6人分の席が空いていた。他の席は完全に埋まっている。まあとにかくラッキーだった。この店は、まだ新規開店して間もないようである。居酒屋と呼ぶには少々洒落た店内、落ち着いた雰囲気である。一応落ち着いたところで酒を注文。ビールの人、いきなり日本酒の人など其々。
一息ついたらメニューを開き、料理を注文。魚系も串焼き系もあって、割となんでもある感じ(もつ焼きはない)。刺身5種盛り合わせ、マカロニサラダ、ハムカツ、チキンサラダ、出汁巻き玉子、鶏半身ロースト、エイヒレ炙り焼きなどをがっつり喰う。ひと手間かけている感じで、どれも普通に美味い。ただ、注文したはずが入っていなかった、などあって、少々ストレスを感じさせる。
日本酒は、新政やばくれん、黒龍などちょっと今どきのトレンド地酒もあるが、どちらかと云うと、ワイン(主に国産地ワイン)や焼酎の方が充実しているようだ。とは云え、やっぱり日本酒にした。
会計を頼むと、なんだかんだで6人で13,160円也。ひとり2,000円ちょっと。安過ぎるようだが、会計は明朗ではない(明細が出てこない)ので、(店側に)見落としがあったかどうかの検証はできない。これがホントならば申し分ないほど安い。 
気が利いた料理を出してくれるのだが、接客サービスがいまいち、こなれてない(っていうか教育不足、経験不足?)。ちょっと残念な感じだ。今後に期待しよう。

_DSC8761

_DSC8762

_DSC8763

_DSC8765

_DSC8766

_DSC8767

_DSC8768

_DSC8769

_DSC8770

_DSC8771

_DSC8772

_DSC8773

_DSC8775
 

子の権現から下りて(山の記録はこちら)「休暇村・奥武蔵」で温まった後、たまには池袋で打ち上げようと云うことで、リサーチャーなおちゃんが予めピックアップしてくれたいくつかの店の中から、「萬屋松風(よろずやまつかぜ)」をチョイス。実は、十数年ほど前に勤務地が池袋だった頃、何度かカミさんと通ったことのある店で、雰囲気は気に入っていた。センベロなど格安居酒屋がカオス的に多い池袋西口にしては、ちょっぴり高級な居酒屋。その外観もこの界隈には似つかわしくない、つまりケバケバしさも場末感も全くない民芸調である。若者には魅力的には映らないかも知れぬ。引き戸を開けて店に入ると、二階へ通される。先客は一組のみ。使い込まれて黒光りする柱や梁、前に来た頃と変わらぬ、陰翳礼讃の世界。
リュックサックを荷物置き場に置いて席に着いたら、喉が渇いたのでやっぱりビールからスタート。プレミアムモルツのハーフ&ハーフを呷る。この店は以前と同様、日本酒の種類が豊富だが、いまトレンドの日本酒銘柄とは一線を画した品揃い。思い思いに水芭蕉、雪の茅舎(ぼうしゃ)、石鎚樽しぼり、星自慢等々を味わう。肴も通常の居酒屋とはちょっと違って、酒好きには堪えられないメニューが多い。刺身おまかせ五点盛り、サバの冷燻製、牡蠣のオイル煮、おからのコロッケ、出汁巻き玉子、関サバ開き、じゃこと大根のサラダ、白子酢の物、レンコンはさみ揚げなどを注文。
以前は満席になるようなことはなかったが、この頃は名前が売れたのか、我々が帰る頃には大入り状態となった。それでも狭い処にぎしぎし詰め込まれるような店とはちょっと違い、隣のテーブルとの程良い距離が落ち着けるので、混んでもさして気にならない。これも魅力のひとつかも知れない。従って、みんなでワイワイやるのではなく、気心が知れたもの同志でゆったりと、会話と酒と肴と店の雰囲気に酔うにはもってこいの店と云えよう。

_DSC5973

_DSC5975

_DSC5974

_DSC5976

_DSC5977

_DSC5978

_DSC5979

_DSC5981

_DSC5982

_DSC5983

_DSC5984

_DSC5985

_DSC5986

_DSC5987

_DSC5988

_DSC5989

_DSC5990
 

↑このページのトップヘ