河辺温泉「梅の湯」で汗を流した後は、いつものように立川へ移動する。アユラシやくまちゃんも現れるはず。立川は2ヶ月前の「弁慶」以来。前回の一時帰国の時なので、日本に帰ると立川に現れるということになる。そのうち立川の名誉市民になりそうだ。これまで立川では様々な店で何度も打ち上げをしてきたが、今宵は初参加で、イケる口だと仰るまりちゃんに、良さそうな店を選んでもらうことにした。
その結果、予約を入れた店は、駅の北口にある「まる秀」という、「我楽多家」と同じ系列の店で、場所は「居酒屋一休」の下、「磯坊主」の向かいだ。この通りには「しぇ・もと」もあるので、何度も通った馴染みの場所だがこの店は知らなかった。調べてみると開店は4年前のようだ。
この店は、「原始焼き」がウリとのこと。なにが「原始」なのか判りにくいが、いわゆる簗で見られるように、串に刺した鮎を炭火の周りに立てて、遠火でじっくり焼くスタイルらしい。テキサスで、何かとステーキを喰ってきた吾が身としては、このようなシンプルな和食は有り難い。
ビールはひとまず「梅の湯」で呑んできたので、シードルで乾杯。料理は、さんま塩焼き、なす焼き、ズッキーニのチーズ焼き、ししとう、やまいも、エリンギ、ししゃもなど、全て焼き物ばかりいただく。どれもシンプルな味付けで(やまいもはアレルゲンなので食さず)、素材が生きていて美味い。そのうちに、アユラシ、くまちゃんが相次いで登場。
日本酒は昨今の有名どころがずらり。またそのうちテキサスへ戻ることになるので、いまのうちに出来るだけ日本酒を楽しみたい。色々呑み較べたいので、「洌(れつ)」、「不動」、「屋守(おくのかみ)」、「義侠」など、何れも半合ずついただく。「洌」は山形・東光と同じ蔵元。「不動」は成田山の酒で骨太な呑み応え。「屋守」は相変わらずジューシー。「義侠」は旨みたっぷりタイプで、この頃気に入っている。夫々特徴があるが、どれも、原始焼きには合うような気がした。

DSC06385

DSC06388

DSC06389

DSC06390

DSC06391
DSC06392

DSC06393

DSC06394

DSC06395

DSC06396

DSC06398