山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

レバー

隊長の所望により、大門の「秋田屋」にやってきた。前回は寒くてオーバーコートなしには呑んでいられなかったが、2ヶ月経って、立呑みには良い季節になった。でもあと2ヶ月経つと、とてもエアコンが無いところでは呑んでいられなくなるだろう。まったくいい季節は短い。
でもここ「秋田屋」は、仕事の関係で一時期、毎月のようにこの店の前を通っていたから知っているが、もつ焼き好き親爺たちが、四季を問わず、雨天晴天に関係なく群がっていた。その親爺パワーには舌を巻いていたが、その状況は今に至るまで変わっていないようである。
小生の到着は18時40分くらいだったが、室内のカウンター席、テーブル席は勿論のこと、外の立呑みテーブルもほぼ埋まった状態。良く見ると、その一つに隊長とのんちゃんが収まっていた。だいぶ先行している様子。
こちらもさっそく生ビールを注文し、もつ焼きも追加注文しようとすると、すでにテッポウやハツは無いという。この時間でもう無いとはびっくりするが、今日はとりわけ客の入りが良かったようだ。往々にしてと云うか、何故だかと云うべきか、親爺達は月曜日に呑みたくなるもの。晴らさなくてはならない鬱憤を、週末に溜め込んでいるらしい。今日はそのたぐいが特に多かったと云うことか。
やがてカウンター席の端っこが空くようになったので、徐々に座り、やがて和尚、アユラシも到着、小さなテーブルを5人で囲むまでになった。注文取りのおかあさん達は、大宮の「いづみや」と同様、なかなか捕まえるのが難しい。聞こえないふりなのか、本当に聞こえないのかが判別できない。なんとか、追加の焼き物として、レバーとなんこつ、こぶくろを注文できた。ここのもつ焼きは、大ぶりで歯応えがあるのが特徴。
ここには「くさや」もあって、時々臭ってくる。「くさや」は他人が食べている時は単に臭いだけだが、自分のものとなるとそれが余り気にならなくなる。従って、何処かの客が注文し、焼きの臭いが漂って来たら、こちらも追っかけ注文するのが、周りの客にとっても自分たちにとっても、迷惑度が軽減される唯一の秘訣と思う。尤も、その連鎖が拡大し、四六時中臭い店になる可能性もあるが・・・。
(残念ながらスマホ画像なので、鮮明さはご容赦願いたい)

20150427_184147

20150427_190551

20150427_192835

20150427_192841

20150428104240

20150427_200830

 

「玉川屋酒店」で角打ちを堪能した後、アユラシが行きたかったという「秋田屋」に入ってみた。都営地下鉄大門駅の直ぐ傍にある。この店の開店時間は15時30分で、閉店は21時という、健全(?)な店。黄昏時には、数多くの立ち飲み客が店の外に群がっていることで有名なもつ焼き屋である。小生もその光景を何度か目にしたことがあるが、これまで、その中に割って入る勇気が無かった。創業は昭和4年とのこと。
もう20時を回っていたせいか、外で立ち飲みしている客はいないので、この店らしさ感はいまひとつ。もっともこの寒空で外飲みは少々厳しいだろう。中のカウンター席とテーブル席がある店内スペースは、なんと扉が無く、ビニールシートの仕切りが垂れ下がっているだけで、ほぼオープン状態。覗いてみると、椅子に座っている客は皆、コートを着たまま呑んでいる。
我々二人は上手い具合にテーブル席を確保できた。と云っても、社員食堂の様な長テーブルを、他の人とシェアするかたち。狭い店内にギシギシ座る感じで、寒さ対策には丁度良さそうだ。外から風が入ってくるとは云え、外で立ちんぼとは大違いである。後からやってきた客は、店員の指図で階段を上がって行った。2階もあるらしい。やっぱり熱燗を貰おう。酒は高清水のみ。
メニューを見ると、もつ焼き以外にも、いろいろ焼きものがあるが、ここはやっぱりもつでいこう。ところが時間が時間なので、もつ焼きはもう、レバーとテッポウしかなかった。 何れも2本で320円だが、相当ボリュームがあるのでこれで十分。てっぽうは下処理は少ないのか、思いの外、歯応えがある。こんなてっぽうは初めて食べる気がする。
滞在時間は1時間足らずだったが、いつのまにか誰もいなくなり、店から叩き出されるまで呑んでいた。この店で立ち呑みをしたくなければ、もつ焼きの種類は制限されるかもしれないが、我々のように20時過ぎに来て、さっと呑んで喰って、さっと帰る(あるいは追い出されるまで粘る)のが狙い目のようである。

_DSC6530

_DSC6531

_DSC6532

_DSC6535

_DSC6536

_DSC6539

_DSC6540

_DSC6541

 

↑このページのトップヘ