山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

マグロブツ

蕎麦好きおやじさん等との定例飲み会。場所は、秋葉原。一軒目の「ちょっぷく」は待ち合わせだけで出て、二軒目が、だいぶ草臥れた雑居ビルの地下にある(新橋駅前ビルの地下階を彷彿させる)「町役場」、午前11時開店という昼呑みOKの店である。この店の手前に「村役場」という居酒屋があり、きっと何らかの関係がありそうだ。入ってみると、4人掛け、6人掛けのテーブルがいくつか並んでいて結構広いが、先客は3、4組程度。この時間で、これだけ空いていていいのかと思ってしまう。「村役場」の方が、混んでいる感じ。
ともあれ、席に着いたら、今日はとことんホッピー黒で。サンマが旬でお薦めのようなのだが、我々の注文はそれとはまったく関係なく、マグロブツ、揚げ餃子、冷奴、トンカツ、河童巻きなどを注文(残念ながらポテサラ、ハムカツは置いていない)。味的にもCP的にも、どれもこれも可もなく不可もなく、といったところ。昼飲みOK以外、特段の特徴がないところが、昭和の時代から続くこの店の特徴と言っていいだろう。しかし、おやじ世代にはそれが良いのである。
(残念ながらスマホ(Galaxy S3)画像なので、鮮明さはご容赦願いたい)

20140930_181559

20140930_181706

20140930_181955

20140930_182801

20140930_183259

20140930_191132

20140930_194251
 

立川に戻ってきて、さて何処に行こうか思案し、以前、入ったことがある北口の「磯坊主」に入ってみた。「弁慶」の先、中華料理屋の角を左に曲がって直ぐの店。まだ5時前だが結構入っていて、しかも山帰り姿が目立つ。テーブルや椅子、店の内装は、魚河岸の廃材らしきものを使っていて、魚河岸臨場感を醸している。この店はその名の通り、魚介類の肴がメイン。あまり日本酒にはこだわりがなさそうなので、生ビールの後は、今日はホッピー一本やりでいく。つまみはポテトサラダ、まぐろぶつ、秋刀魚刺身、しらす刺身、まぐろ串焼き、もりもり(塩コンブ)キャベツ、アンチョビポテト、漬物、イカのワタ入り包み焼き、カワハギ唐揚げなどを注文。
先ずベンチマークのポテトサラダをチェック。見た目も味もさっぱりしていて、悪く言えば付け合わせ程度の存在感だが、よく言えば他の料理の口直しに丁度良いと言えるだろう。アンチョビポテトも見た目もネーミングそのままだが、意外に美味い。秋刀魚の刺身も、生しらすの刺身も鮮度を感じられ、旬を味わうことができた。特に、生しらすを出す店は珍しいと思う。まぐろの串焼きも結構イケる。立川で魚が食いたくなって、尚且つチューハイ系を飲みたい場合には、この店がお勧めである。

_DSC4393

_DSC4394

_DSC4395

_DSC4396

_DSC4397

_DSC4398

_DSC4399

_DSC4400

_DSC4401

_DSC4402

_DSC4403

_DSC4404
 

昭和ノスタルジー居酒屋訪問シリーズ第6回は、秋葉原の「赤津加」。秋葉原駅を出て、多くのメイド姿の客引き達を横目で見ながら進んだ先に、こんな店が現れると嬉しいだけでなく、やはりちょっとびっくりするし、よくぞこんなところに残っていてくれたものだと、密かに感動もする。板塀に白壁の建物は、秋葉原の歓楽街にあっては逆に目立つ。時代に媚びない姿勢が素晴らしい。
今回も、予約なしでアユラシがテーブルを確保していてくれた。多少入れ替わりはあるものの、常に殆ど席は埋まっている。席に着いたら、さっそく生ビール。そのあとは、菊正宗燗酒。つまみはマグロブツ、肉じゃが、鶏もつ煮込み、さんまのおろし煮、タコと茄子のうま煮(だったかな?)、お新香盛り合わせ等を注文。さんまのおろし煮などは、居酒屋の肴を超えていて、これだけで結構楽しめる。ここは定番メニュー以外に、季節によっていくつかの旬のメニューを入れ替えているようなので、年中きてもいろいろ楽しめそうだ。
(残念ながらスマホ(Galaxy S3)画像なので、鮮明さはご容赦願いたい)

 20140924_183153

20140924_183352

20140924_183534

20140924_185337

20140924_192734

20140924_194256

20140924_194331

↑このページのトップヘ