山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

ポテトフライ

「酒の大桝 kanda wine-kan」は、つい昨年末に会社の忘年会をやったばかりなのだが、一部の方がここをエラく気に入ったので、別のメンバーも加えて新年会として再訪することになった。忘年会では呑み放題コースにしたが、今回は全てアラカルトにしてみた。
この店は、交通の便が良い。南口からわずか1分である。それでも、神田駅は山手線が通っている方向(南南西~北北東)と、下の道路が走っている向き(南南東~北北西の道と、西南西~東北東)とが微妙にズレているせいで、GPSを見ていても意外に迷い易い(実際、忘年会の時には、あらぬ方向へ進んだ迷子を拾いに行った)。
小生が到着したときには、すでに宴会は始まっていた。
wine-kanサラダ(850円税込、以下同様)は、もの凄いボリューム。4人で食べても飽きてくる。他に、牛バラ肉の赤ワインデミグラスソース煮込み(1,000円)、ポテトフライ(480円)、田舎風そば粉のガレット(800円)、厚切りパテ・ド・カンパーニュ(550円)、牛トリップとアキレスのフォンドボー煮込み(980円)、春野菜のクリームソース・リングイネ(1,000円)、さらにパン3種(250円、お代わり自由!)まで食べれば、もう何も入らない。
生ビールで乾杯した後、ワインは、コノスル・ロス・ガンソス・カベルネ・ソーヴィニヨン2014(2691円)でスタート。調べるとこのワイン、実はカベルネ・ソーヴィニヨン単一ではなく、カベルネ・ソーヴィニヨン85%、カルメネール6%、シラー3%、メルロー2%、マルベック2%、カリニャン1%、アスピラン・ブーシェ1%という、実に複雑なシロモノ。この比率を決定するために、どれだけの試行錯誤を繰り返したのか気になる(チリ人がそんな根気強いとは思えないけど・・・)。それはともかく、味も香りも複雑で申し分なし。
次は、ニーポート・エトカルタ・ティント2013(2,700円)というポルトガルワイン。やけに漫画チックなラベル。調べてみると、何と日本人デザイナーが描いたものだった。これも、トウリガ・フランカ、トウリガ・ナショナル、ティンタロリ、ティンタアマレラ、ティンバ・ローサという5種類のブレンド(配合比不明)。
最後は、マシャレッリ・モンテプルチアーノ・ダブルッツオ2013(2,134円)。流石にイタリアらしく、これはモンテプルチアーノ100%。ともかく、3本ともコスパは極めて良い。通常レストランの場合、店頭価格の3倍くらいするのだが、ここは何れも2倍以下、ともすれば店頭価格と殆ど変らない感じ。酒問屋が直営しているだけのことはある。これだけがっつり呑んで喰って一人4,500円。きっとそのうち、またここへやってくることになるだろう。

20160125_184648

20160125_185243

20160125_185318

20160125_185503

20160125_191221

20160125_191553

20160125_191931

20160125_192051

20160125_193438

20160125_195121

20160125_210234
 

矢沢で沢歩きした後は、立川駅で途中下車。まだ16時過ぎ、この時間で開いている店は、立川と云えどもそう多くは無い。南口には、我々が馴染みの居酒屋「だるま」があるが(この頃、とんとご無沙汰だ)、北口にも全く別の居酒屋「だるま」があると聞いていたので、行ってみた。
外観は何処でも有りがちな大衆居酒屋の風情。一方、内装はこの頃の流行りの便乗しようとしたのか、昭和ノスタルジーを演出しようとした感じは伝わってくる。昔、良く目にした「たばこ」や「塩」のホーロー引き看板、ドリフターズやコント55号の映画ポスター、「バカボン」や「サザエさん」の漫画ポスターなどが飾ってある。テーブル、椅子、壁や天井そのものは、いまどきの建材を使っているため、凝り方が中途半端な感じがしてやや残念。少なくとも「半兵ヱ」くらいの拘りを見せて欲しかった。
ともあれ、席に着き、思い思いの飲み物で乾杯したら、つまみを注文。アボカド刺(300円)、マカロニポテトサラダ(300円)、ポテトフライ(300円)、ハムカツ(298円)、出汁巻き玉子(400円)、おまかせ10本盛(1,120円)、鶏からあげ(450円)にしてみた。どれもそこそこ安いが特段、美味い、というものは無く、全体的に無難なイメージ。若い女性店員が溌剌としているのが、この店のウリと見た。
戸田でご子息の試合の応援をしたなおちゃんは、途中、中央線が人身事故で不通になっていたのにもかかわらず 長躯、立川までおいでいただき、目出度く合流。
今回、参加いただいたグッチー師匠から、かつて黒部第四発電所(いわゆる黒四ダム)の建設工事に携わっていたこと、自分の山の原点が針ノ木岳であること(全くのずぶの素人で初めて登った山であるとのこと)等、とても興味深い話を聞かせて貰う。黒四ダムの建設なんて、物心ついた頃すでにレジェンドという感じだったが、それに直接携わっていた方から、生の話を聞けるとは夢にも思わなかった。今日参加した方は大変お得だ。

DSC_1016

DSC_1017

DSC_1018

DSC_1019

DSC_1020

DSC_1021

DSC_1022

DSC_1023

DSC_1024

DSC_1025

DSC_1026
 

会社帰りに行く店は、同伴者の好みによりたいていワイン系、焼酎系および日本酒系の3つに分かれるが、今日はワイン好き主導のメンバーである。この頃、東京駅界隈は地上も地下も随分とレストランが増えた。単に東京出張者の列車時間調整用のちょい飲み(今時はサク飲みと言うらしい)的かどうかに偏らず、かなり本格的なものが多くなってきているような感じがする。そのなかで、八重洲グランルーフの一角にできた「ACORN」に入ってみた。シーフードがメインのイタリアンバール的店らしいが、肉系の料理もそれなりにありそうだ。老若男女を問わず入れる店という感じかもしれない。今日の酒は白ワインと白のスパークリングワインにしてみた。ドリンクリストを見ると、ワイン以外に数多くのビールやハードリカー系、カクテルなど、かなりバリエーションが豊富である。当然かも知れないが(残念ながら)日本酒は置いてない。料理は、チーズ盛り合わせ、帆立と夏野菜のアヒージョ、フレンチフライの温泉卵添え、アーリオ・オーリオのスパゲッティ、鶏手羽先のスパイシー揚げ、シャルキュトリ(豚肉から作られるハムやサラミなどの加工食品を総称するフランス語、らしい)3種盛り合わせ、焼きバーニャカウダ、シーフードフラタン等々を注文。豪勢でそれなりに美味いのだが、この頃和食系の傾向が増えている(≒基礎代謝量が減少した)我が身には、これら欧米系はややヘビーな感じである。とは言え、もつ焼きやハムカツ、ポテトサラダも喰っているじゃないか、と言われると言葉に詰まる。しかもそれらが、無形文化遺産「和食」に含まれるのかさえも微妙だ。
(残念ながらスマホ(Galaxy S3)画像なので、鮮明さはご容赦願いたい)

20140728_202508


20140728_182844


20140728_182835


20140728_195334


20140728_191804


20140728_190423


20140728_190253


20140728_184750


20140728_184728


20140728_184133


20140728_184127


20140728_184122


20140728_183343

↑このページのトップヘ