山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

ホッピー

15時14分大宮下車。さて何処へ、という話になるが、のりちゃんがまだ入ったことが無いというので、「いづみや」で決まり(逆にあひるちゃんは、大宮と云うと「いづみや」ばかりだそうな)。今日は4人なので、「いづみや本店」へ入店。ほぼ1年ぶり(前回はこちら)である。やっぱりというか、まるで図ったように、店の右奥(テレビの下)にある「予約席」に通される。
リュックサックを、ビールケースの上に積み上げれば準備完了。さて、飲み物はホッピーにしよう。ここは、ナカとソトが別々に来なくて、既に調整済みの状態でやってくる。すなわち毎度、お姐さん達が愛情込めて(?)作ってくれる仕組みである。
ひと頃に較べ、お姐さん達はだいぶ変わったが、まだ顔馴染みのお姐さん(と云っても、こちらが一方的に覚えているだけ)もいるのでほっとする。「いづみや」は、やたらに愛想が良い若者店員がいる店とは真逆と云って良いだろうが、ここにはここの良さがあるので、もし「いずみや」で愛想が良い若者を店員に雇ったら、幻滅して足が遠のくのは間違いない。
周囲を見回すと、客の大半はひとり酒かふたり酒の客で、ほぼ全て男性。いつもと変わらぬ風景。我々の様に、リュックサックを背負って団体でやってきて、しかも女性が多数派、という客は相変わらず殆ど見当たらない。先客は我々をどう見ているのか判らないが、さして他人に興味がある訳でも無さそうに、偶にテレビを見上げ、黙々と呑んでサッと居なくなる客が多い。「いづみや」で我々は、明らかに異邦人である。
グッとひと息やったら、次は料理選び。思い付くままに注文すると、ポテトサラダ、モツ煮込み、枝豆、ハムカツ、〆サバ、焼き餃子と、不思議とだいたいいつもと同じ料理になる。これほど料理の種類が多い「いづみや」であっても、そんなには必要ないってことか。でも次回はもっと、他のものも注文してみよう。

DSC00169

DSC00170

DSC00171

DSC00172

DSC00173

DSC00174

DSC00175

DSC00176

DSC00177

DSC00178

DSC00179
 

酒蔵 力(りき)は浦和、大宮界隈に複数店舗が展開する、知る人ぞ知る地元居酒屋チェーン。大宮には云わずと知れた「いづみや」があるので、ここを素通りするのはなかなか困難だが、今回は、鼻曲山を登って軽井沢からの帰りに大宮途中下車、なんとか東口駅前店に入店してみた。アーケード街の、「すずらん通り」に入って直ぐの左側、「いづみや」同様、駅から至近距離にあるので、途中下車組にはとても便利。14時開店とのことで、すでに結構賑わっていたがまだまだ余裕、すっと座れた。
イマドキの店らしく、店員は皆、若くて活気がある。「いづみや」のようにシルバー世代が醸す味はないが、それはそれで良い。飲み物のリストを見てみると、この手の店にしては珍しく日本酒もいくつか取り揃えているが、やっぱりここはホッピーで。つまみには先ず、ポテトサラダ(380円)、もつ煮(390円)、てっぽう(100円/本)を頼む。メニューを良く見ると、この店は基本的にもつ系、ハチノス刺(400円)、センマイ刺(380円)、バクダン(てっぽう入り辛味噌炒め;450円)、等々もあって、もつ好きだったらきっと泣いて喜ぶ品揃えである。
ポテトサラダは若者向けボリュームたっぷり。食材も味付けもごくスタンダード。もつ煮はじっくり煮込んであって、しっかり味が染み込んでいる。てっぽう(塩)には、東松山風に辛味噌が付いてくるスタイル。センマイ刺も注文してみる。さして美味という程ではないにしろ、独特の食感で新鮮さを感じる。新幹線で遠出して臓物系が喰いたくなったら、大宮で途中下車してここに寄る価値は十分にあるだろう。今度来るときには、是非、バクダンを試してみたい。

DSC_0856

DSC_0857

DSC_0858

DSC_0859

DSC_0860
 
店のHP: 酒蔵 力 大宮東口駅前店 

海の日を含めた3連休、予定していた剣岳登山は天候不順のため涙を呑んで断念し、代わりに中央線沿線のお手軽日帰り登山をチョイス。雨の中、サクラ沢峠からセーメーバンに登り、大垈山を経て金山鉱泉に降りたのがまだ12時半だった(山行記録はこちら)。お風呂は未だ沸いておらず、幸か不幸かそれまで1時間かかるとのことで、ビールだけでなく持ち込み日本酒も飲み出す。日本酒は、アユラシが剣岳登山のためにと仕入れていた、「君の井 山廃仕込 越後の蔵秘伝  純米吟醸」と豪勢だ(先日、越後湯沢・ぽんしゅ館の利き酒コーナーで小生が最も気に入った酒を、地元出身のアユラシがわざわざ蔵元に直接出向き、調達してきてくれた)。もちろん、風呂上がりでももう一度ビールを呷ってから、立川に繰り出した。
まだ16時40分、今日は競馬の開催日、悲喜交々のギャンブル人生模様が織りなす立川駅南口、ちょうど我々が駅から町に出ると、JRAウィンズ(場外馬券発売場)から駅に向かうギャンブラーたちの群れと行き交う(駅に真っ直ぐ向かうのは、たぶんスッた方々で、そうでない方々は今頃何処かの店で楽しくやっている筈)。さて今日こそ「かぶら屋」に入ってみようかと覗いてみたが、7人分は残念ながら叶わず。それでは、ということで「ひだりうま・でん助」に入ってみると、まるで予約してあったかの如く、大きなテーブル(8人掛け)が一つ空いていた。この店は年中無休で、土日祝日は午後2時開店という。
この店は、ぱっと見イマドキの立川らしい居酒屋の風情、様々な一品料理に加え、おでんと馬肉料理が特徴。おでんは、しっかりと味が染み込んでいて見掛けもかなり黒っぽい。馬肉ユッケは新鮮で肉も柔らかく、タレと上手く絡んでいて美味い。そのほか、串揚げや厚揚げ、エビマヨなど、どれも合格点以上。飲み物は、チューハイやホッピーなど焼酎系が主体で、他にハイボールやワイン等。日本酒は松竹梅・豪快のみ、日本酒好きにはやや物足りない。まあ今日は既に美味い酒を金山鉱泉で飲んできたので、ビールの後はホッピーで。かなり食べて飲んで、ついでに明後日の計画まで決めて、気が付いたら20時を過ぎていた。今日は、歩いていた時間よりも飲んでいた時間の方が長かったようだ。

 _DSC3386

_DSC3388

_DSC3389

_DSC3390

_DSC3391

_DSC3392

_DSC3393

_DSC3394

_DSC3395

_DSC3396

_DSC3397

_DSC3398

_DSC3399

_DSC3400

_DSC3403
_DSC3402

_DSC3405

↑このページのトップヘ