山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

ホタテ

さて、今日は日曜日だが、まだ15時台。駅に向かいながら、これまでの実績を踏まえると、このままでは「酒亭 玉河」に救いを求めることになりそうだが、果たして3人で入れるかどうか、などと思案。ならば今回は確実な線でいこうと、北口大通りにある、手近な「磯丸水産」に入ることにした。こういう時には役立つ、24時間営業の店。
以前、大宮の南銀通りの店に入ったことがあった(そのときのレポートはこちら)。大宮にはその店も含め3店舗あるようだが、立川には、ここ1軒だけである。
店に入ると、1階は既に満席の様子で、2階へ通される。2階も広いが、もう半分以上埋まっている感じ。なかなか人気がある。客層は我々よりも低い。家族連れも目立つ。明るいうちから大勢がガンガン呑んでいる姿を見ると、壮観である。さっそく我々も仲間入り。
磯丸水産に限らず、この手の店に入ると炭酸系が呑みたくなる。席に着いたら先ずハイボール(399円税別)を注文。この手の店としては高からず安からずの価格設定。大宮の店とちょっと違い、お通しとしては、氷下魚(?)とさつま揚げが出てきた。これをテーブルコンロで自ら炙ることになる。
この店の特徴は、24時間営業とこのテーブルコンロである。自ら炙ることに消極的な者同士では、たぶんこの店に来ない方が良い。小生はどちらかと云うと、焼き加減が気になる性質なので、つい手が出る方である。会話はそっちのけである。そうなると、焼きに集中するのでやや疲れてくる。従って、できれば誰かに任せたいが、なかなかそれが出来ないのが悩み。だったら、こんな店に来ない方が良いんじゃないの?と云われると、そうかも知れない。
ともあれ、せっかくのコンロなので、厚揚げやホタテも注文する。焼きものが出来上がるまで待てないので、ポテトサラダとちくわの磯辺揚げも注文。在り来たりな肴だが、そこそこ美味い。困った時の「磯丸水産」頼みが増えそうである。 

DSC_1201

DSC_1202

DSC_1203

DSC_1204

DSC_1205

DSC_1206

DSC_1207

DSC_1208
 

「特急あさぎり」で新宿へ移動後、やっぱり途中下車して南口へ。特に当ても無しに歩きだすと、行きつく先は、自然と「思い出横丁」に収斂する。云わば、サルガッソ海のようなところである。ここまで来たら、入ってみたかった店を思い出した。その名は「トロ函」。今年の2月にぞろぞろ入った「あがっしゃい」の2軒先。トロ函(とろばこ)とは、トロ箱、魚を出荷するための箱のこと、だそうだ。
入口に「肉はありません」とか、「浜焼酒場」と書いてある。うちはもつ焼き屋でも焼鳥屋でもありません、と云いたいことが判る。たしかにこの頃、肉系が幅を利かせているのは間違いない。ここ、思い出横丁でもそんな傾向。云わば「トロ函」は、思い出横丁のニューウェーブ、って感じか。
入ってみるとやっぱりと云うか、「海の店」のイメージを一生懸命演出している。海の幸の香りが店内に充満している。かつて江の島や鵠沼海岸辺りにあった店のような雰囲気。きっと今の江の島は、もっと小洒落ているに違いない。さざえやはまぐりを、その場で焼いてアツアツを提供するような店を、街なかでもどうぞ、というコンセプトである。各テーブルにはカセットコンロが並んでいる。あれ、考えてみれば「磯丸水産」と同じスタイルだ。どっちが、さきがけなのだろうか。
店内はそこそこ一杯で、かなり賑やか。客層は若者中心。学生でも大丈夫な料金体系のようである。腰をおろしたら、やっぱりコンロを使ったメニューに目が行きがちになる。そこでホタテとカニ味噌甲羅焼きを頼む。刺身も少々食べますか。ポテトサラダもチェックしなくては(ごく普通のスタイル、味も普通)。おっと、ハムカツもある、肉は無い筈じゃあ・・・。ま、こちらとしては全く問題ないけど。
焼き立てのホタテは美味い。焼き10分、食べ5秒くらいなので、待たされ感が美味さを増幅させる。こういう料理だと、やはり飲み物はホッピーでいくか(ホッピーセット410円)。ここの焼酎はキンミヤだった。

_DSC0249

_DSC0250

_DSC0251

_DSC0252

_DSC0253

_DSC0254

_DSC0255

_DSC0256

_DSC0257

_DSC0258
 

↑このページのトップヘ