立川に帰ってきたのが20時半、山の帰りがこんな時間になるのも珍しい。やっぱり御正体山は登りでがあって、山中湖はけっこう遠いってことだろう。とにかく腹が減った。くまちゃん、なおちゃんの同意を得て、以前から気になっていた南口の中華料理屋に行ってみる。その名は「五十番」。
入ってみると、20時40分が料理ラストオーダーとのこと。おっと、あと5分。ならば諦めるかと思ったが、店の人(後で判ったが店長)が料理の注文さえしてもらえれば何時まででも大丈夫です、飲み物はその後でも大丈夫、と熱心に仰るので、ならばまとめて一回で頼めばいいか、ということでギリギリセーフの入店。この店には2階、3階もあるらしい。
先ずビールをグビッとやったあと、メニューを眺めると、麺類、ご飯類、一品料理等の他に、小皿料理と云うものがある。一品料理は何れも1,000円見当だが、小皿料理はだいたい500~600円台でリーズナブル。ランチの一人分の量とのこと。それならば色々な料理を頼めそうだと、皮蛋、青椒肉絲、カニタマ、フクロタケうま煮、八宝菜、焼き餃子、あんかけ炒飯を頼んだ。ビールの後は紹興酒を注文。
焼き餃子は定番通りに、中はジューシー、外はパリパリもちもち。餡も皮もかなりイケてる。食べ飽きないタイプ、ポイント高いぞこの餃子。其々他の料理も結構本格的で美味い。ただ、注文した量の見積を誤ったため、あんかけ炒飯には全く手が付かず、くまちゃん、そっくりお持ち帰りとなった。
ひと通り料理が出てきた段階で、料理人が次々と帰っていき、店長だけが残った。その店長の話によれば、この店の上のフロアを使って、様々なイベントをやっているそうだ。ライブ演奏や、講演会、料理教室までやるそうだ。また、チャリティーで東日本大震災鎮魂イベントなんていうものまでやっているとのことで、この店長、単なる中華料理店主ではない。
店のBGMに、ふと耳を澄ますと、おんやぁ、「ゲッツ・ジルベルト」だ。訊けば、ここの店長、テナーサックスを吹いているそうである。こりゃ、次は隊長を連れて来なくちゃ。 

_DSC9320

_DSC9321

_DSC9322

_DSC9323

_DSC9324

_DSC9325

_DSC9326

_DSC9327

_DSC9329

_DSC9330


中国料理五十番の社長のブログ: こちら