山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

ビール

「酒蔵 信濃」から駅に戻って新幹線の切符を買おうとすると、意外に夕刻の本数が少なく、しかも直近の18時34分の「はくたか572号」、19時20分の「あさま628号」は既に指定席が満席状態。そんなに「信濃」に長居した訳でも無いが、やっぱり念には念を入れて、呑む前に指定券を買っておけばよかったか、迂闊だったと反省。立ったまま帰る選択肢も無い訳では無いが、せっかく良い気分になっているのに興醒めだ。明日も休みなので、今日はゆっくり帰るとしようと、19時50分発の「はくたか574号」の指定席を確保。席はバラバラだが、座れるだけ有り難い。
残念ながら、と云うか嬉しいことに、と云うか、まだ1時間半ある。もちろん、小生としてはハシゴをすること自体、吝かではない。ともかく再び、駅の外へ繰り出す。雪がしんしんと降っているので、やはり近場にしようと、「ゴールデン酒場」と書かれた看板に釣られて店に入る。
1階はかなり混んでいる様子で、2階へ通される。この店は、居酒屋ではあるが若者が好みそうな雰囲気。調べてみると、長野県内に展開している居酒屋チェーン店のようである。午後3時から営業しているので、我々のように帰りが遠い者向きの店である。
飲み物のメニューを覗くと、ここにも信濃の地酒が色々あるが、ハイボールの類もずらりと並んでいる。さっきは日本酒だったので、ここでは炭酸系でいくことにする。この店では、普通のハイボール(ウイスキーベース)のことを、態々ウイスキーハイボール(380円税別、以下同様)と呼んでいる。ゴールデンボール(380円)というのがあったので、それを呑むことにした。よくみると、キンボール(380円)というのもある。「ゴールデン」も「キン」も同じじゃないの? なんだか即物的なネーミングだなあ、と思いきや、実は「ゴールデン」の方は、宝焼酎ゴールデン(と云う名の焼酎)がベース、「キン」はキンミヤ焼酎がベースのハイボールだった。なかなかウケる。もうひとつ、単にボール(380円)というのもある。これは、この店オリジナルの焼酎らしい。
つまみもかなり豊富。どれにしようか迷うが、焼き餃子(380円)、ねぎメンマ(300円)、とりもも串(150円×3)、信州サーモン刺身(650円)を注文してみた。何れもさっきの「信濃」には無かった料理。信州サーモンは蕩ける。
こうやって梯子酒を呑んでいると、何だか、出張の帰りのようでもあり、事故かなにかで不通になっていて再会まで云い訳がましく呑みにいくような感じでもある。女性(特に主婦)にとって、列車待ちで一杯やるのは殆ど経験が無いと思うが、さらりーまん族は、出張の帰りに列車待ち、フライト待ちで一杯やるのは、ごく一般的な行動。そう云えば、この頃、すっかり国内出張が無くなったなと思い出した。

20170108_190550

DSC04837

DSC04838

DSC04839

DSC04840

P1082016
 

会社の帰りにまた東京駅に繰り出し、八重洲にある「昌月苑」に、ほぼ1年ぶりの入店。なかなか美味いので、会社帰りにこの店以外の焼肉屋に行くことは無い。月曜日と火曜日は和牛カルビ、ハラミ、タン塩が半額(1人前1,300円→650円)になる。この界隈では最も安価な焼肉屋だろう。そのため、予約無しの入店はなかなか困難である。4人で入って先ず和牛カルビとハラミを5人前ずつ、タン塩を3人前を平らげた後(小生はもう限界)、仕上げにミノとホルモンを1人前ずつ、若手同行者はさらにライスまで注文。さすがに基礎代謝量の違いを感じる。飲み物はやはりビール、チューハイ、ハイボールなど、炭酸系が必要になる。1人前の量の定義は焼肉店によってまちまちだと思うが、この店はかなり多めで、肉も厚切りだと思う(って、基礎代謝量が低い我が身にとっては、ほぼどうでもいいことである)。また暫くしたらきっと、(小生以外の肉好きの)誰かが「昌月苑へ行こう!」と言い出すに違いない。
(残念ながらスマホ(Galaxy S3)画像なので、鮮明さはご容赦願いたい)

20140811_183040

20140811_182624和牛カルビ5人前

20140811_183033ハラミ5人前

20140811_185830タン塩3人前

20140811_182630

20140811_193123

夏山合宿直前なのでガチ登りは無しにして、柳沢峠から丸川峠までのユルい峠巡りとなった(山の記録はこちら)。丸川峠からはもう大菩薩嶺には向かわず(丸川荘の主に「あれ、登らないの?」と言われました。まぁ、晴れていたら考えたかも(^^ゞ)、さっさと裂石まで下ってそのまま大菩薩の湯に入湯。今日は台風の影響が出始めていまいちの天気のせいか、客の出足が悪いような気がするが、利用する側としてはゆったりとしていてこの上ない。ここの湯は、「やまと天目山温泉」や「ぶどうの丘温泉天空の湯」と同様、かなりのアルカリ泉。施設自体は甲州市の持ち物だが、運営はJR甲斐大和駅から上日川峠まで定期バスを季節運行している、栄和交通が受託しているとのこと(リサーチャーなおちゃんからの情報。やまと天目山温泉も同じとのこと)。考えてみれば、甲州市は、旧塩山市、旧勝沼町、旧大和村がそれぞれ持っていた日帰り温泉をそのまま3つとも引き継いでいるので、役所が自ら運営するのは大変なのだろう(ちなみに北杜市には10ヶ所もあるらしい。閉鎖されないうちに入っておくか)。今回はその併設レストランのレポート。
自動販売機で食券を買って、カウンターで受け取るシステムは、大体どこでも同じ。受け取った飲み物や食べ物は、レストラン内のテーブルでなく、休憩室(大広間)へ持ち出すことも可。こういうときはやっぱり座敷が良い。網戸を通して吹き込む風が心地良い。普段は、湯上がりに生ビールと持ち込みの乾きものぐらいで済ますのだが、今日は甲州B級グルメ、鶏もつ煮(600円)を頼んでみた。ビールには、きゅうりの漬物(塩麹漬け?)が付いてくる。鶏もつ煮は甘辛で程良く煮込んであり、ビールにも良く合う。その後、Woodyさんもソーセージ盛り合わせと豚もつ煮込み(どちらもかなり美味い)を注文、なかなか豪勢になった。我々は通常、(立川界隈まで戻って居酒屋で打ち上げる故)このような日帰り温泉に長居することは無いので、併設レストランの良し悪しには殆ど無頓着なのだが、ここは結構、ポイント高いのではないだろうか。地元の人々(特にご老人)にとっては貴重な憩いの場であり交流の場なので、より重要な問題だろうし、車で来て、風呂のついでに夕食までとる観光客にとっても、美味い併設レストランには敏感かも知れない。今後、機会があればチェックしてみたい。

DSC_0500

DSC_0502

 

 

先週は倉岳山の暑さに懲り懲りだったので、今週は大峠までタクシーを奮発し、黒岳に登って牛奥ノ雁ヶ腹摺山からペンションすずらんに下りた(山の記録はこちら)。名前は聞いたことがあったが、実際に訪れたのは初めて。建物のまわりを大きな虫捕り網を持った人たちがうろうろしている。ここは知る人ぞ知る、昆虫好きの宿だった。立ち寄り湯(500円)があるところが山屋には嬉しい。標高約1,370mにあるので、エアコンなしでも暑くない。風呂から上がったら真っ直ぐレストランへ。ログハウス調の内装で、なかなか洒落ている。早速ビールを注文、きゃらぶきや、さんしょの佃煮がサービスで出てくる。メニューを見ると、ライダー定食(山のきのこのバターライス)、虫屋さん定食(ベーコンピラフ)、釣り屋さん定食(ビーフカレー)、山屋さん定食(しいたけご飯)などがあって面白い(何故、山屋がしいたけご飯なのかは聞き忘れた)。その後、おつまみとして「しいたけのバター焼き」を注文してみた。かなり美味い。レストランにいると、次から次と子供連れがやってくる。併設の昆虫館(入館料300円)にはなんと20万匹の昆虫標本が展示されているとのこと。今度は泊まりで来て、じっくりと見学してみたい。

_DSC3526

_DSC3522

_DSC3523

_DSC3524

_DSC3525
 
ペンションすずらんのHPはこちら 

今日の山行(含、打ち上げ)は8人の大所帯。元々、上野原駅から飯尾行バスに乗り、大茅尾根を辿って大沢山を目指す筈が、早朝、豊田駅での人身事故発生で急遽、計画変更を余儀無くされた。高尾駅プラットホームでの検討&協議の結果、手頃な場所にある倉岳山を、多少なりとも涼しそうな沢沿いの一般道から登ったのだが、暑くて死にそうだった。安易が過ぎるとろくなことにならない。ヨタヨタとなんとか立川駅に戻り、高砂湯でさっぱり汗を流した後、まだ16時20分だったので「かぶら屋」を覗いてみたのだが、やっぱり既に満席。それでは、と並びの「馬力」に入ってみると、奥の涼しそうなテーブルは(花火見物終了後に入店するという客により)既に予約とのことで、扉の目の前の(暑そうな)テーブルしか空いておらず、左様ならばさようなら。花火祭りと競馬開催日が重なり、意外に人の出足が早く、且つ店側も少々強気の対応。まだ17時前なので主だった店も開いておらず、ならば困った時の「だるま」に入店。丁度ウマイ具合に8人分の席が確保できた。いざという時にほんと頼りになる店である。
いつものようにシロとテッポウを注文し、ビールとチュウハイで乾杯。肉豆腐、メンチカツ、なす味噌炒め等も注文。その後はこの店ならではの時間がゆるく流れる。今日はのんちゃんの長女(さいちゃん)とその彼氏がゲスト参加してくれ、だいぶ酒の肴になってくれたおかげで、みんなたっぷり飲んで満腹になった。 

 _DSC3486

_DSC3477

_DSC3479

_DSC3480

_DSC3482

_DSC3484

_DSC3485

山の帰りに何とか横浜中華街に行けないものかと考え、捻り出した山は湯河原の幕山(山の記録はこちら)。もちろん、幕山公園の梅も見頃になる時期を狙っての企画。中華街の店選びは、全面的に浜っ子Woodyさんに頼った。そのWoodyさんが選んだ店が北京飯店、お友達がやっている店とのことで、大船に乗った気持ちで入店。横浜中華街の中でも老舗(創業1955年)であり、最も港側にある店なのでアクセスも良好。料理はどれもこれも美味かったが、特にお勧めはやはり小籠湯包か。ビーフカレーライスも、意外性を含め食べる価値あり。中華街の有名店、例えば華正樓や聘珍樓、萬珍樓などは確かに美味いとは思う反面、値段もそれなりなので二の足を踏んでしまうが、ここ北京飯店はぐっとリーズナブル(Woodさんのお友達特別ディスカウント付き?)で大満足。また、「山の帰りに中華街」の企画を立ててみたい。

48 ここが目当ての北京飯店。
 
55 小籠湯包。

 56 ビーフカレー。

店のHP: 北京飯店

紅葉真っ只中のノボリ尾根を登って(山の記録はこちら)、榧ノ木山に行った帰りに入店。奥多摩湖畔に「熱海」という集落があるが、その端っこの高い石垣に張り付くように「丹下堂」はある。この店のウリは少なくとも2つあると思う。一つは日帰り温泉、もう一つは鹿肉料理である。もともとは温泉に入る目的だけで(もちろん、湯上がりのビールも頂くつもりで)ここに来たので、鹿肉料理があることは店に入って(風呂から上がって)から知った。
日帰り温泉に食堂が付いている、というのはよくあるパターンだが、ここは明らかに食堂に日帰り温泉が付いている。調べたことは無いが、全国的に珍しいと思う。基本的にどちらも利用することが多い(たいてい食堂でビールを飲む)小生にとって、あまり違いは無いが・・・。ここの温泉は、ご存知、鶴の湯である。源泉は湖に水没してしまっていて、どう上手くやっているのか判らないが、ポンプで汲み上げた温泉水を「馬頭館」など、湖畔の旅館などに配っている。温泉スタンドもある。丹下堂は数少ない(鶴の湯ではここだけ?)日帰り温泉である。
予てより、奥多摩も丹沢同様、鹿が増えすぎて食害に悩まされていると聞いていた。それは山の中を歩いてみれば一目瞭然、奥多摩では下草を見ることは殆どない。みんな鹿ちゃんのせい。せいぜいあるのは毒があるハシリドコロなど。ならばサッサととっ捕まえて、ヨーロッパのジビエ料理のように、奥多摩の特産にしたらいいのにと思っていたが、ことはそんなに簡単ではないらしい。最大の課題はハンター不足との由。もし奥多摩町住民だったらハンターになってもいいが・・・。ともあれ、調べてみると予算がついて鴨沢に鹿肉解体場ができたらしく、なんとか流通の形ができ、この店でも販売を始めた次第のようだ。

29 丹下堂に到着。

ひと風呂浴びてビールを呷ってから、鹿肉の鉄板焼きを注文。しょうが味噌味か。食べてみると全く臭みは無い。食堂の女将曰く、ちゃんと下処理してあります、とのこと。食感や味は、豚でも牛でもなく、やっぱり鹿肉らしいと言えば鹿肉らしい。強いて言えば鯨肉や馬肉に近いか。バスに乗って行くのではなく、山の帰りに直接この店を目指すには、榧ノ木尾根を下るしかない。従って、そう度々来ることができないのがちょっと残念。でも何とか次の計画を捻り出したいと思っている。

32 珍しい鹿肉。奥多摩産です。

店のHP/奥多摩・丹下堂

↑このページのトップヘ