山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

ハツ

武蔵野線で帰る者同士で、ひろちゃんと朝霞台で乗り換え下車するついでに、打ち上げ(≒取材協力いただいた)。朝霞台界隈の店は殆ど知らないと云って良いが、武蔵野線のホームから見えるところに、呑み屋の看板がいくつかあって、この「もつ焼 松」はその一つ。
以前から、赤い看板が気になっていた。もちろん、看板は見たことがあったが入るのは初めて。店が地下だということも今回初めて知った。店はそれほど古びてはいないが、何となく居酒屋らしくない。かつて「喫茶マイアミ」だった店を、居抜きで居酒屋にしたような雰囲気がする(たとえが古い!)。
まだ17時前の入店(開店は16時)、かなり広い店内に客は数組程度。何処でも座れそうであるが、店員はここでお願いしますと、先客の並びの2人掛けテーブル。何やら端から詰めて行くのか、と云う感じだが、たしかに後から後から客がやって来て、1時間も経たないうちに粗方埋まってしまった。
それにしても、この店はオヤジ度が高い。女性は他に、ひとりかふたり。独り呑みは意外に少なく、大抵は二人連れのオヤジ同志。恋人同士じゃあるまいし、まさかこの店で待ち合わせなんてことは無いだろうから、何処からかの帰りだろうが、仕事の帰りか、競輪・競馬の帰りなのかは良く判らない。客層が気になると云う点では、大宮の「いづみや」と共通したところがある(店の雰囲気も、店員の貫録も全然違うが)。
「いずみや」との共通点で云えばもうひとつ、料理の種類の豊富さが良く似ている。その数、ざっと100種類以上。店の看板に「もつ焼」と入れてある以上、それが店のお薦めなのだろうが、他の料理の方が圧倒的に多い。肉と魚と野菜のバランスが良いように感じた。中華料理も豊富な「いずみや」とは違い、ここは徹底的に和食メニューだ。
飲み物は、先ずは黒ホッピーから(440円税込、以下同様)。その後は、スーパーニッカ水割り(300ml、710円)にしてみた。アルコール12%の水割り状態のボトル。こんなボトルあるんだ、となんとなく感心。
料理は、冷しトマト(310円)、ハツ(100円/本)、カシラ(100円/本)、ししとう(100円/本)、ホッケ(460円)、ポテトサラダ(360円)、春巻(410円)、ごぼう唐揚げ(410円)を注文。ホッケはこの頃高級魚になってしまったが、それにしてはリーズナブル。ポテトサラダは、マヨネーズ好きには物足りないかも知れないが、なかなかしっとり滑らかで結構イケる。
まだまだ試してみたい料理がたっぷり残っているので、この先何回かは来なくてはならないと思っている。

20161126_165857

20161126_170038

20161126_170309

20161126_170541

20161126_170732

20161126_171523

20161126_180745

20161126_181234

20161126_181330

20161126_190236

20161126_195828
 

月いち居酒屋ツアー。今宵は新橋で、この頃売り出し中(?)の「清水HANARE」という店にしてみた。蕎麦好きおやじさんは別件のため不参加。だからという訳ではないが、偶々ここは、蕎麦好きおやじさんが苦手なもつ焼きがメインの店。1号店が「HONTEN」と「NIKAI」、3号店が「KAKUREGA」ということで、ここ「HANARE」は2号店とのことである。3店舗とも隣り合ったビルにある。
今日は珍しく早く帰社出来たため、18時のスタートでも店に一番乗り。店の中は安普請(それをあえてウリにしている模様)だが、中身で勝負というつもりのようである。ここはもつの種類がとても豊富。もつ好きは素通り出来そうにない。この店は、少なくともテーブル席は皆、予約で埋まっている様子で、19時にはほぼ満席。かなりの人気ぶり。
一杯目のビールはなんと280円(税込、以下同様)というので(2杯目以降は550円)、当然それでスタート。料理は、モツ煮(450円)は外さないとして、後は串焼き(140円~210円/本)。ハツ、チレ、カシラ、シロ、テッポウ、ナンコツ、レバ、ハラミなどをもらう。チレなんて珍しい。どれも新鮮さは感じるし、なかなかだと思うが、もつ焼き鑑定士ではないので、評価は保留。何れ、隊長を連れて来る必要がある。
ポテトサラダ(350円)は、マヨネーズかなり少なめのあっさりタイプ。ハラミポン酢(大850円)は焼き加減が丁度良く、おろしポンズとのマリッジは思った以上に美味い。塩モツ鍋(1,480円)は、何と云っても出汁が美味かった。
飲み物は、ビールの後はワイン。カヴァッリーナ・ロッソ(3,000円)とビアンコ(3,000円)も注文。シチリア産ワインらしく、赤はネロ・ダヴォラというシチリア産品種がベースとなっている。それ程の凝縮感は感じられないが、CPとしてはまずまずと思える。白もバランスが良い感じで、呑みやすいタイプ。
それにしてもこのモツ焼き屋は何故か、ワインはイタリアン。しかもシチリア系。もしかするとこの店のオーナーは、モツ焼きとシチリアワインとの相性について、一家言を持っているのかも知れない。次回、忘れなければ聞いてみたい。

20161031_200011

20161031_174959

20161031_175552

20161031_175859

20161031_180507

20161031_180901

20161031_182753

20161031_182933

20161031_183342

20161031_183454

20161031_183816

20161031_184049

20161031_184121

20161031_184327

20161031_185725

20161031_193407
 

昨年8月以来、またぞろ「肉が喰いたくなった~」という声が出てきたので、会社帰りに東京駅で降りて「昌月苑」へ。以前も述べたように、この店は予約なしには入れない程の人気店、今回もしっかり予約してからの入店。客の全てがさらりーまんで、そのうちの大部分が20代、30代の、いわゆるまだ基礎代謝量が落ちていない世代。この店の人気の訳は、安くて美味いこと。ただし、代謝量少なめの者でも、割引デー(火・木)でなければ、食べ放題メニューを頼んだ方がずっとお得である。ということで、今日は5,000円で二時間飲み放題・食べ放題コースへ突入。
骨付きカルビ、ロース、はらみ、タン、レバ、鶏、ハツ、豚とろカルビ、ホルモンが食べ放題となるが、我々にとって焼肉イコール牛肉、鶏や豚などには目も呉れず、ひたすら牛ばかりを喰うことになる。また、このコースでは、サンチュやキムチ、ナムル、野菜焼きは各々一皿付いてくるだけで、それ以降の追加は有料となるため、(金銭的にも腹の膨れ具合からも)勿体ないと結局、肉ばかり喰うことになる。ライス、クッパ、カルビクッパ、テグタン、ユッケジャン、ビビンバなどのご飯系は食べ放題なのだが、これらにも目を奪われることがない、まこと身体に毒な喰い方になるのが常である。飲み物はやっぱり炭酸系が良いので、ビールの後はハイボール。
肉は基本的に四人前ずつの注文だが、小生以外みな健啖家揃いなので、その皿の肉を一気に焼き網に並べてしまう。従って、焼き上がりのタイミングでは、いつも追い立てられるような食べ方になる。毎度ペースが速くてだいたい一時間でもう腹一杯になってしまうが、今日はだいぶ粘って一時間半程でギブアップ。しかし毎回毎回このような喰い方に付き合っていると早死にしそうなので、そろそろ焼き方の方針見直しを提案するか、チームから抜け出すことを考えなくてはならない、と思い始めている。 

_DSC5801

_DSC5802

_DSC5803

_DSC5804

_DSC5805

_DSC5807

_DSC5808

_DSC5810

_DSC5811
 

↑このページのトップヘ