山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

ハイボール

さて、今日は日曜日だが、まだ15時台。駅に向かいながら、これまでの実績を踏まえると、このままでは「酒亭 玉河」に救いを求めることになりそうだが、果たして3人で入れるかどうか、などと思案。ならば今回は確実な線でいこうと、北口大通りにある、手近な「磯丸水産」に入ることにした。こういう時には役立つ、24時間営業の店。
以前、大宮の南銀通りの店に入ったことがあった(そのときのレポートはこちら)。大宮にはその店も含め3店舗あるようだが、立川には、ここ1軒だけである。
店に入ると、1階は既に満席の様子で、2階へ通される。2階も広いが、もう半分以上埋まっている感じ。なかなか人気がある。客層は我々よりも低い。家族連れも目立つ。明るいうちから大勢がガンガン呑んでいる姿を見ると、壮観である。さっそく我々も仲間入り。
磯丸水産に限らず、この手の店に入ると炭酸系が呑みたくなる。席に着いたら先ずハイボール(399円税別)を注文。この手の店としては高からず安からずの価格設定。大宮の店とちょっと違い、お通しとしては、氷下魚(?)とさつま揚げが出てきた。これをテーブルコンロで自ら炙ることになる。
この店の特徴は、24時間営業とこのテーブルコンロである。自ら炙ることに消極的な者同士では、たぶんこの店に来ない方が良い。小生はどちらかと云うと、焼き加減が気になる性質なので、つい手が出る方である。会話はそっちのけである。そうなると、焼きに集中するのでやや疲れてくる。従って、できれば誰かに任せたいが、なかなかそれが出来ないのが悩み。だったら、こんな店に来ない方が良いんじゃないの?と云われると、そうかも知れない。
ともあれ、せっかくのコンロなので、厚揚げやホタテも注文する。焼きものが出来上がるまで待てないので、ポテトサラダとちくわの磯辺揚げも注文。在り来たりな肴だが、そこそこ美味い。困った時の「磯丸水産」頼みが増えそうである。 

DSC_1201

DSC_1202

DSC_1203

DSC_1204

DSC_1205

DSC_1206

DSC_1207

DSC_1208
 

第一水曜日は月いち居酒屋ツアー。今宵は、神田の「すすむ」にしてみた。いわゆる謎の激安居酒屋グループの店。激安と云っても、生ビールとハイボールとチューハイが220円と安い(あれっ、200円だった筈では・・・?)他は、料理などは普通の価格設定。個人的には、酔えさえすればハッピー、という呑み方には賛成しかねるが、とりあえず入ってみて確かめねば落ち着かないので、今回プランしてみた次第である。早いとこ、激安居酒屋グループを完全制覇して、もう確認に行く必要が無い状態にしたい。
店は神田駅の東側の、随分と細い路地を入った奥なので、大層判り難い。地図が読めない女性では、辿り着くことはできないだろう。店の外観は、一見、高級料亭風である。これも謎の激安居酒屋グループの特徴と云えるかも知れない。一旦中へ入れば、シロウトの日曜大工の如く、粗雑な内装(含、頭上に据え付けられた荷物用の棚)であるところも共通である。
18時30分到着。小生以外はすでに一杯やっているが、酒に比べて割高なつまみを、どう注文すべきかで喧々諤々議論中であった。こちらもキャッチアップすべく、生ビールだけでなく料理も注文。結果、注文した酒と料理は、

・生ビール(220円×8、税込、以下同様)・・・この店のウリ。とても安い。
・ハイボール(220円)・・・同上
・チューハイ(220円)・・・同上
・いいちこボトル(2,100円)・・・まずまずの価格設定。
・お湯(430円×6)・・・いくら呑み放題とは云え、白湯で430円は高くないか?
・豚バラ七味セット(530円)・・・味も価格も、まあ普通。
・細巻き3本セット(590円×2)・・・定番だが、寿司屋ならばともかく、居酒屋としてはちょっと高い感じ。
・手羽中スパイシー揚げ(390円)・・・少々、貧弱。
・ホルモン鉄板焼き(640円)・・・普通に美味い。
・もつ煮(440円)・・・普通に美味い。

しめて10,210円(≒1,700円/ひとり) 。蕎麦好きオヤジさんがブレーキを踏み続けた成果である。これで済めば肝臓にも懐にも優しいのだが、そうは簡単に問屋は卸さないのである。

20160302_183324

20160302_183522

20160302_183612

20160302_185059

20160302_185705
 

かつての職場の飲み仲間からお呼びがかかり、急きょ東京へ酒呑み出張(笑)。場所はこれから決めるから、小生にとっての都合が良い駅近辺でも良いと云うので、八丁堀駅を所望してみる。すると蕎麦好きおやじさん(「接点の人形町を選んだ」と書いているが八丁堀である。人形町は別の機会。)が見つけてきた店が、今回の「串だおれ」だった。
18時30分までは、ハイボールやチューハイ、ライムサワーが1杯100円という格安ハッピーアワーだったようだが、小生が着いた時には既に終わっていたので、生ビール(390円)でスタート。その後は角ハイボール(390円)。
店の名前に「串」が入っているように、ここはとにかく、串ものがウリ。串揚げ10本セットを2セット注文。串揚げは、パン粉の粒が細かい、いわゆる関西風。ソースはウスターソース系で、二度漬け厳禁は他と同様。様々な具材が串揚げになっていて飽きさせない。他に、ポテトカラムーチョ(450円)なんて頼んだが、辛いばっかりで何処が美味いのか判らない。牛スジ焼きそば(880円)はまずまず美味いが、CP的にはいまいち。
結果、酒はひとり当たり1,600円、料理は1,800円ということだった。常にひとり2,500円以下がマストと考えている蕎麦好きおやじさんには不満が残ったようである。(小生以外の)3人が、ハッピーアワーで8杯も(つまり800円)呑んだ割には安くない。他の飲み物や喰い物が比較的高いせいもあるが、ま、単に呑み過ぎということだろう。
他の居酒屋チェーンと同様、この店も特色を出すために色々努力しているのは判る気がする。でもやはり、その他大勢と一緒で、魅力的とは云いかねるし、どっちつかずだ。ついでに云えば、居心地良さも、やや御座なりになっている感がある。雰囲気なんぞ二の次で、酒と料理が(味は凡庸でも)安ければいいというスタイルもあっていい(現にそういう客だっている)が、そんな勝負をしない(できない)場合には、接客態度も含めた雰囲気作りが必要と思う。この店はまだまだ伸び代がある。 
(残念ながらスマホ(Galaxy S3)画像なので、鮮明さはご容赦願いたい)

20150413_183455

20150413_185119

20150413_192659

20150413_193210

20150415_072555
 

本厚木からの帰り道、新宿駅乗り換えのついでにもう1軒行ってみた。行くあてがあった訳ではないが、歩いているうちに、久しぶりに覗いてみたい、とある店が思い浮かんだ。それがここ「つるかめ食堂」。かれこれ20年ぐらい、来ていなかったと思う。名前は食堂だが、実態はほぼ居酒屋。勿論、食事だけの客もいるはずだが、小生は酒なしでここに来たことは無い。かつてションベン横丁と云われていた、思い出横丁のほぼ真ん中にある。
10数年前の火災のあと、再開発される恐れがあったが、それは免れ、細い路地の風情は、以前とさほど変わったようには感じない。でも、この店は以前、コの字型のカウンタースタイルだった筈が、いつのまにかリニューアルされていた。少々Deep感が無くなったようにも見える。それに、かつてはひとり客が多い感じで、女性客なんてほぼ皆無だった。店も人も時代に押し流され変化している。でもリニューアルされても、掘立小屋のような、仮設的雰囲気はそのままかも知れない。それはちょっぴり嬉しい。
内装はすっかり変わっても、この店独特のオリジナル料理は健在だ。例えば「バカでアホでフラメンキン」(牛肉のガーリック味天ぷら)。こんな長いタイトルだったかな。でも、スペイン語でバカ(vaca)=牛肉、アホ(ajo)=にんにく、フラメンキン(flamenquin)=巻き牛肉フライ、という意味になっているらしいので、強ち的外れではない。つまり、ネーミングはちょっと変でも、それにこんなDeep居酒屋なのに、これは立派にスペイン田舎料理なのだ。
「バカコンポジャ」(牛すじをササミで挟んだフライ)ってのもある。こんな名前だったっけ。これも英訳するとBeef with Chickenという感じだろうか。それにしても、20年も経つとすっかり記憶が曖昧になっている。
「ソイ丼」はたぶん記憶通り。大豆のカレー煮、というところだろうか。近くの席の客が喰っているソイ丼、美味そうだ。フラメンキンにしようかと思ったが、ソイでいってみるか。でもご飯はいらない。そこで、ソイのあたま(ソイ丼の具だけ)を注文する。これはこれで、酒の肴になる。
他にも結構、メニューは豊富であるが、今日はもう十分。またの機会に確認してみたい。払いを済ませ外に出ると、結構、外国人観光客が行きかっている。いつのまにか、ここはもう観光地なのだ。心なしか、さらにDeep感が少なくなったような気がした。

_DSC6983

_DSC6984

_DSC6985

_DSC6987
 

「太平山酒蔵」を出た後のこと。2軒目に行こう!と云うことで、蕎麦好きおやじさんに連れられて「誠や9号店」という変わった名前の蕎麦屋(9号店と云っても、1から8号店までがある訳ではないらしい)に行ってみた。ところが、生憎、今日は貸し切りで入店ならず!ならばと云うことで入ったのがこの「魚串さくらさく」だ。
調べてみると、東京を中心に15店舗を展開している、魚の串焼き(又は揚げ)をウリにするという、ありそうでないコンセプトの店。スペインバルのピンチョスの向こうを張った和風バル、ということかも知れない。それが証拠に、この店の1階は立ち呑みである。
入ってみると、なんと満員。店員に「3人なんだけど・・・」と告げると、2階へどうぞと云われる。上がってみるとそこは4人掛けテーブル席が6つほどで、先客は1組のみ。1階は満員だが2階はスカスカ。何故、皆さん、立席の方を好むのか。単にトレンドなのか、連れの女性がそう云ったからなのか、足腰の鍛錬のつもりなのか、階段を上がるのが面倒なのか、チョイ呑みで直ぐ帰るからか、はたまた皆ひとり呑みで、他の人と話がしたかったせいなのか。鍛錬と面倒くささ以外はどれもアリそうだが・・・。
さて飲み物は、と辺りを見回すと、「ハイボールで運だめし」の張り紙。もう日本酒と云う感じでもないので、ならばチャレンジしてみるか。サイコロ2個を振って、ぞろ目が出るとタダ、偶数だと半額になるが、奇数が出ると、メガジョッキで倍額のハイボールを呑まなくてはならないというルール。もちろん、どうせ最初から2杯以上飲むつもりの輩には、罰ゲーム的要素はないので、チャレンジする価値は十分ある。結果は、メガハイボール。あまり残念な気持ちにならないところがいい。あてには「まぐろスモーク」を注文。これもありそうでないシロモノ。なかなかいける。
そのあと、「サメ軟骨の梅和え」なるものも頼んでみる。コリコリしていて珍味。こりゃ日本酒に合いそうだ。試しにネットでググってみると、気仙沼産で「梅水晶」なる商品名で通信販売されているらしい。取り寄せてみたい気もあったが、最小単位が700gでは、量が多すぎて夢で魘されそうだ。となると、食べたいときにはこの店に来るしかない。姉妹店は立川にもあるらしいので、今度はそちらにも行ってみよう。

_DSC6683

_DSC6685

_DSC6686

_DSC6694

_DSC6687

_DSC6688

_DSC6689

_DSC6692

_DSC6693
 
魚串のHP: こちら 

西武池袋線秋津駅からJR新秋津駅(又はその逆)への乗り換えを利用する人には周知のことであるが、東村山市の端っこの街にしてはこの界隈、けっこう居酒屋がある。乗り換えに数分歩く必要があるため、その間の誘惑に負けるヒトがそれなりにいると云うことだろう。以前、隊長、たまちゃんとこの辺りの店に2、3回入ったことがある。今回は秩父からの帰り、このちゃんも秋津駅乗り換えということだったので、だいぶ久しぶりだが寄り道することにして、「立ち飲みスタジアムなべちゃん」に寄ってみた。立ち飲みなので、長居はできない。せいぜい2杯がいいところ。何処かでそこそこ呑んだあとの仕上げか、暫く移動して、少々乾いた喉を潤す程度が丁度良い。
この店の「スタジアム」というタイトルの意味は、入ってみると一目瞭然。誰かのバットやグラブ、ユニフォーム等が、壁じゅう所狭しと飾ってある。西武ライオンズの選手グッズが多いようだが、中にはイチローのバットもあった。いわゆるここは、スポーツバーの立ち飲み版という感じ。カウンターが2つ並んでいて、10数人は普通に入れる。メニューを見ると、けっこう料理の種類が豊富。居酒屋らしからぬ、ミートローフチーズ焼きなんてものもある。今回は、ハイボール(450円)とポテトサラダ(250円)を注文。意外と云っては失礼だが、ポテトサラダはクリーミーで美味かった。
この店にはもちろんテレビもあるので、さぞやプロ野球のシーズン中は、ファンで盛り上がるだろうと思われる。テレビ中継中は、ずっと立ちっ放しで観戦&飲食というつわものもいるかも知れない。ライオンズファンには勿論お薦めだが、ライオンズファンでないとアウェー感を味わってしまいそうなので、他球団ファンの方はシーズンオフに来た方が宜しいだろう。今回は常連の客が二人(どちらも一人連れ)いただけだったが、シーズンオフで立ち飲みのせいか、このちゃんキャラのせいか、自然と話が弾んだ。
この店の直ぐ隣には、いつのまにか「かぶら屋」という強力居酒屋ができていた。普通に呑みたい気分のとき、どちらも空いていたら、たぶん、椅子がある「かぶら屋」に入ってしまうだろうが、「なべちゃん」はチョイ呑みには悪くない。今度来るときもきっと秩父か所沢界隈で一杯やった後だろうし、その時にはポテトサラダ以外の料理も味わってみたい。

_DSC6081

_DSC6082
 

会社の帰りにまた東京駅に繰り出し、八重洲にある「昌月苑」に、ほぼ1年ぶりの入店。なかなか美味いので、会社帰りにこの店以外の焼肉屋に行くことは無い。月曜日と火曜日は和牛カルビ、ハラミ、タン塩が半額(1人前1,300円→650円)になる。この界隈では最も安価な焼肉屋だろう。そのため、予約無しの入店はなかなか困難である。4人で入って先ず和牛カルビとハラミを5人前ずつ、タン塩を3人前を平らげた後(小生はもう限界)、仕上げにミノとホルモンを1人前ずつ、若手同行者はさらにライスまで注文。さすがに基礎代謝量の違いを感じる。飲み物はやはりビール、チューハイ、ハイボールなど、炭酸系が必要になる。1人前の量の定義は焼肉店によってまちまちだと思うが、この店はかなり多めで、肉も厚切りだと思う(って、基礎代謝量が低い我が身にとっては、ほぼどうでもいいことである)。また暫くしたらきっと、(小生以外の肉好きの)誰かが「昌月苑へ行こう!」と言い出すに違いない。
(残念ながらスマホ(Galaxy S3)画像なので、鮮明さはご容赦願いたい)

20140811_183040

20140811_182624和牛カルビ5人前

20140811_183033ハラミ5人前

20140811_185830タン塩3人前

20140811_182630

20140811_193123

↑このページのトップヘ