ちゃんこを喰った後、両国から総武線に乗り、浅草橋駅で降りて柳橋方面へぶらぶら。アンティーク好きなカミさんが狙いを付けていた「ルーサイト・ギャラリー」という骨董屋に行ってみたのだが、生憎お休みだった。調べてみるとこの建物、美人芸者歌手として一世を風靡した(らしい)市丸姐さんの屋敷だった(ルーサイト・ギャラリーのHPはこちら)。1907年生まれと云うから(我々の祖父の世代だったらリアルに追っかけしてたかな)、もう今となっては近代史研究家の世界だろうか。かつての花街、柳橋は、普通の商業ビルが立ち並ぶだけの無粋な街になっていたが、このギャラリー(旧家)だけがポツンと、一輪の花のように残っている。
裏通りを歩いていると人通りは少ないが、こんな処にこんな店が、と目に留まったのが「High Tea」という名の紅茶専門店。ビールは置いてないようだったが入ってみた。女性一人でやっている様子。店の名前の由来は、こうゆうことらしい。

-以下、Wikipediaからの無断抜粋-
・・・・・・アフタヌーン・ティーに類する習慣には、さらに遅い時間のハイ・ティー(High tea)がある。ハイ・ティーは本来食事としての意味合いが強く、一般的に夕方5時から6時の、・・・ ・・・遅い時間の夕食の前に、食事とともに茶など飲み物が提供されたもの。アフタヌーン・ティーが小さなラウンジ・テーブルや客間の低いテーブルで提供されるのに対し、ハイ・ティーは食事用の高いテーブルで供されることからその名が来ている。本来夕方の喫茶であると同時に、事実上の夕食でもあるため、紅茶や、サンドイッチなど簡素な軽食や菓子類のみならず、むしろ肉料理・魚料理の方が供される献立では、食事が主体である。このため、ミート・ティー(Meat tea)の別名もある。・・・・・・
-無断抜粋終了-

我々は食後なので、アフタヌーン・ティー又はロー・ティーということか。注文時に、紅茶の葉が入った小瓶を20本、テーブルに持ってきて利き酒ならぬ利き葉ができるようになっている。しかし悲しい哉、熱湯で蒸されていない、乾燥状態の葉っぱの匂いはあまりに微か過ぎて、フレーバーティー等を除けば、素人には違いが良く判らない(T_T)。小生はスリランカのヌワラエリア(720円、税込)を注文。カミさんは、ディンブラとチーズタルト。久しぶりに飲むヌワラエリアは、発酵が浅いのか、そういう葉の種類なのか定かではないが、紅茶でありながら日本茶のような抑えめの渋みと旨みを感じる。色も紅茶にしてはかなり薄め、烏龍茶に近い。
久しぶりにストレートティーを味わった後、蔵前に移動し、またぶらぶら。タイガービルという名のレトロでシックなビルの1階に、「ノーチェ(NOCE)」なる家具屋があった、少々物色。全然飾らない、シンプルな家具。これでも新品?と思うような見た目。値段も安い。IKEAやニトリとは路線が違う、なかなかありそうでないコンセプトである。同じ通り沿い、「カキモリ」という名の文房具屋にも入ってみる。ここもシックな店構え。ここはオリジナルのノートブックを作れると云う。便せん類、ペン類の品揃えも個性的に見える。つい、本体が木製のボールペンを衝動買い(まったくアウトドアには不向き)。
この江戸通りから国際通りにかけては、賑やかさや華やかさは全くないものの、シックな雰囲気をもっている店がポツポツある。今度また来たら、ウィンドショッピングだけでなくカフェかビストロにでも入ってみたい。

_DSC6195

_DSC6189

_DSC6190

_DSC6193

_DSC6192

_DSC6191


_DSC6188

_DSC6197

_DSC6198