山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

チーズ盛り合わせ

○金を出たあと、やや喰い足りない(≒呑み足りない)感があったので、もう一軒寄ることに。場所は東京駅八重洲口。地下にあるグランルーフフロントへ。ここはオープンしてからもう1年半以上経っていると思うが、人の流れはそれほど多くない。もうこの時間(20時過ぎ)では、地方からの出張者は新幹線に乗り込んでしまったのかも知れない。
調べてみると2014年1月29日以来の、「旅する子ぶた」入店。その頃よりは、だいぶ賑わっているようでなによりだ。店員の立ち居振る舞いもなかなか堂に入っているように感じる。やはり店員がどぎまぎしていると、客は不安に感じるもの。店員には、客に安心感を与える態度が必要だ。
席に着いたら、赤ワイン。今回は、'12 ラ クロワザード レゼルブ ピノノワール(3,800円)をチョイス。ラングドック・ルーション産。考えてみれば、フランスワインは久しぶり。呑んでみると、さすがに熟成感はいまひとつで、味わいもピノノワールにしてはフルーティだが、これはこれで飲める。コストパフォーマンスも悪くない。これに合わせるのは、田舎風パテ(830円)、ミモレット、ウォッシュタイプカマンベール及びブルータイプのチーズ盛り合わせ(800円だっけ?)にしてみた。
田舎風パテとあるが、いわゆるパテ・ド・カンパーニュ、さすがに赤ワインにはバッチリ合う。チーズは、やはりウォッシュタイプが個人的にはお気に入り、でも今日のワインではちょっと位負けと云う感じか。ミモレットぐらいが丁度いい。やっぱり、ホッピー&やきとりばかりではなく、たまにはチーズで赤ワインをやるのは悪くない。八重洲口駅構内には、この手の店はまだありそう。もうちょっとリサーチしてから来てみたい。


_DSC7277

2014_03150022

_DSC7278

_DSC7279

_DSC7280


 

会社帰りに行く店は、同伴者の好みによりたいていワイン系、焼酎系および日本酒系の3つに分かれるが、今日はワイン好き主導のメンバーである。この頃、東京駅界隈は地上も地下も随分とレストランが増えた。単に東京出張者の列車時間調整用のちょい飲み(今時はサク飲みと言うらしい)的かどうかに偏らず、かなり本格的なものが多くなってきているような感じがする。そのなかで、八重洲グランルーフの一角にできた「ACORN」に入ってみた。シーフードがメインのイタリアンバール的店らしいが、肉系の料理もそれなりにありそうだ。老若男女を問わず入れる店という感じかもしれない。今日の酒は白ワインと白のスパークリングワインにしてみた。ドリンクリストを見ると、ワイン以外に数多くのビールやハードリカー系、カクテルなど、かなりバリエーションが豊富である。当然かも知れないが(残念ながら)日本酒は置いてない。料理は、チーズ盛り合わせ、帆立と夏野菜のアヒージョ、フレンチフライの温泉卵添え、アーリオ・オーリオのスパゲッティ、鶏手羽先のスパイシー揚げ、シャルキュトリ(豚肉から作られるハムやサラミなどの加工食品を総称するフランス語、らしい)3種盛り合わせ、焼きバーニャカウダ、シーフードフラタン等々を注文。豪勢でそれなりに美味いのだが、この頃和食系の傾向が増えている(≒基礎代謝量が減少した)我が身には、これら欧米系はややヘビーな感じである。とは言え、もつ焼きやハムカツ、ポテトサラダも喰っているじゃないか、と言われると言葉に詰まる。しかもそれらが、無形文化遺産「和食」に含まれるのかさえも微妙だ。
(残念ながらスマホ(Galaxy S3)画像なので、鮮明さはご容赦願いたい)

20140728_202508


20140728_182844


20140728_182835


20140728_195334


20140728_191804


20140728_190423


20140728_190253


20140728_184750


20140728_184728


20140728_184133


20140728_184127


20140728_184122


20140728_183343

↑このページのトップヘ