山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

チーズの盛り合わせ

今日も会社帰りに、東京へ大幅な寄り道。およそ3ヶ月ぶりにまた、モルチェ訪問(前回のレポはこちら)。今回は3人。念のため電話予約をすると、馴染みのウェイターが応対。特段、予約するまでも無い様子だった。開店直後のご祝儀は一段落着いたようだ。
店に入ると、前回いなかったウェイターに、おひさしぶりですね、と挨拶を受ける。我々が如何にこの店に足繁く通ったのかを実感する。
さっそく生ビールで喉を潤したあと、料理を注文。「チーズの盛り合わせ」、「ソーセージの盛り合わせ」、「イワシの酢漬け」、「オムレツ」など、定番の料理を注文。以前と変わらない盛り付け。パスタも注文。メニューには載っていないが、塩味だけでプレーンなスパゲッティに、タバスコを振りかけて喰う。シンプルだが、これがなかなかイケる。これも以前と同じ。
最後に頼んだ「まるごとオニオンフライ」は、つい最近、米国ベイタウンにあったTexas Roadhouseで喰った、CACTUS BLOSSOM®とそっくりだ。
赤ワインは、Ch. Saintongey Rouge Vieilles Vignes 2014、白はスパークリングのFiore dell Amore Blanc de Blancsを注文。赤は、ボルドーにしては大人しい香りと味だが、まずまず。スパークリングは赤いバラの花束が瓶に印刷されていて(逆さにすると花束そのもの!)、直訳すればまさに愛の花束、オヤジ3人にはちょっと持て余すデザイン。
これでしめて、ひとり4,500円ぐらい。普段呑みとはいかないが、ときどき東京までやってきて、料理とワインを楽しむにはもってこいの店である。また、近いうちに来ることになるだろう。

20170309_183006

20170309_183102

20170309_183114

20170309_183254

20170309_183724

20170309_183913

20170309_190744

20170309_191922

20170309_192604
 

銀座6丁目にある「ヴィラモウラ」へ入ろうとしたときに、あれっ、「しぇりークラブ」が直ぐ傍だ、と気が付いていたので、「ヴィラモウラ」を出た後、やっぱり寄ってみることにした。こういう時でもないと、なかなか来ることが無い。久しぶりの入店だ。初めて入ってから、なんだかんだ30年ぐらいは経ってしまった。
シェリー酒専門のバー(とは云え、ビールや普通のワインを置いてない訳ではない)はもちろんその頃でも珍しかったが、それは今でも同じ。この店で、シェリー酒は、超ドライから超スイートまで、実に幅広いと知ってからは色々と試してみたが、結局、今は超ドライ(いわゆるフィノやマンサニージャ。ティオペペもフィノのひとつ)しか呑まなくなった。
階段を上がると、店内の雰囲気は殆ど変っていないが、店員はすべて女性になっていた。営業方針を変えたようである。とは云ってもドレスを着ている訳ではない。皆さん、ソムリエスタイル。カウンター席に座っていた常連と思しき男性二人が、なんで日本ではシェリー酒ができないんだろう、と管を巻いていた。そのせいではないだろうが、今日は随分と空いている。テーブル席には誰もいない。前回は何年前か覚えていないが、かなり一杯だった。そう云えば、満員で入れなかったこともあった。 
我々はカウンター席ではなく、奥のテーブルへ。席に付いたら、テーブルに置かれたシェリー酒リストを眺め、気に入ったものをオーダーする。特に頼まなくても、シェリー酒と共にチェイサーも付いてくる。何となく銀座風。つまみには、からすみの盛り合わせとチーズを注文。からすみはボラだけかと思っていたら、タラやマグロのからすみがあるのを知った。
ちびちび呑んでいるうちに、若い女性集団がやってきた。これから女子会のようである。やはり、店が銀座にあってお洒落だから、というだけでなくシェリー酒は女性にもウケるということだろう。オヤジ居酒屋ではこのような光景は見ない。
だいたいこの店に来るのは2軒目が多く、なんとなく呑み足りない時に来る感じだ。しかし、そもそもシェリー酒とは食前酒。その法則に反した呑み方をずっとやってきたし、今日もそうだった。たぶん、次回もそうなるような気がする。

20151122_202941

20151122_202934

20151122_202923

20151122_193735

20151122_193813

20151122_193939

20151122_194105

20151122_194120

20151122_201652

20151122_203340


しぇりークラブのHP: こちら 

↑このページのトップヘ