山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

ソース焼きそば

月いち居酒屋ツアー。今日は1人欠席で5人の宴。先週の初め、軽いぎっくり腰を患ってしまい、残念ながら山は暫くお休みとならざるを得ない。山に登らないと勿論、「山から下りた」ネタを仕入れることができず、このブログは忽ち干上がってしまう。そこで、さしあたり多少の腰痛は我慢して、なんとか「番外編」で喰いつなごうと云う、姑息な手段に頼るしかないが、平にご容赦願いたい。
今日の店は、神田の「鶴亀」という、神田のオヤジ連御用達の大衆居酒屋。居酒屋にしては中華料理がかなり豊富なので、中華居酒屋と云った方が相応しいかも知れない。店員も須らく中国系の若い女性である。
この「鶴亀」の在る場所は、神田駅北口を出て直ぐ。かつて「小次郎」という、我らが隊長のお気に入り焼きとり屋があった場所の、すぐ向かい側。「小次郎」の場所には、外観の風情そのままに、別の店(名前は失念)が入っていた。
個人的には、久しぶりの「鶴亀」入店となったが、いつのまにかだいぶ小奇麗になった感じがする。もうちょっと昭和感があったような記憶があるが、ホントに改装したのか、気のせいか、記憶が惚けてきたせいか判らない。
いちおう予約を入れたためか、席は2階とのこと。1階しか入ったことが無かったので、2階があるとは知らなかった。階段を上がると、いつものように先行組は、既に良い調子になっていて、焼酎のボトルを並べている。料理も、ソース焼きそば(500円税込、以下同様)、鳥皮煎餅(350円)、焼き鳥盛り合わせ(550円)、焼きビーフン(600円)、肉野菜炒め(450円)が並んでいる。最初から、炭水化物系が多めだな。
今日もやっぱり暑いので、生ビールで追い駆ける。その後は他の者と同様に、焼酎水割り。追加料理は、焼き餃子(600円)、バンバンジー(350円)、ホルモン炒め(450円)、ポテトサラダ(320円)、ネギ玉(450円)、梅キュウ(280円)にした。焼き餃子は、この店にしては随分高めだが、タレなんか不要な程、しっかり味が付いていて、如何にも居酒屋の餃子という感じで美味い。 ポテトサラダはきゅうりとニンジンが入ったスタンダード。これも普通以上に美味い。ネギ玉は、ニラの代わりにネギが入ったもの、と云う感じだが、意外と見掛けない。醤油をかけるべきか、ソースをかけるべきか悩むところだが、どちらも美味かった。ケチャップでも良いかも知れない。
かなり呑んで喰って、5人でしめて10,560円。計算間違いじゃないの?と、つい思う程、格安である。センベロとまではいかないが、蕎麦好きおやじさんが大満足であるのは、云うまでもない。この低成長時代にこそ相応しい居酒屋である。

20160907_183831

20160907_184002

20160907_184142

20160907_185204

20160907_185556

20160907_185816

20160907_191642

20160907_192027

20160907_192307

20160907_201600

20160908_083409

「まこちゃん本店」で不完全燃焼となった親爺達は、新橋駅方面へふらふら。もう何処でも構わないから店に入ろう、ということで飛び込んだ店が「ゑびす座・烏森本館」という立ち呑み屋だった。入口には変なマネキン人形が立っている(招き人形を洒落ているか?)。この頃、新橋の呑み屋街を歩いていると、立ち呑み屋がよく目に入る。「俺の」系列の店に触発された訳でもなかろうが、利用者側とすれば、安ければ立呑みだって厭わないという輩も多いだろうから、ニーズはあるのだろう。店側としても、小さな店舗でも集客でき、回転が速いとなればそんなに悪いこともないだろう。
小生も、せいぜい1時間ぐらいだったら立呑みは悪くない。KURANDで2時間はやや堪えた。もちろん、KURANDには時間制限が無いので、頑張れる人は5時間も6時間も居るのかも知れない。とても真似は出来ない。店側としてもそんなに長居するのであれば、もうちょっと金を取りたいかも知れない。
そういう点ではここ「ゑびす座・烏森本館」は回転が速いのだろう、我々がいる間でもどんどん客が入れ替わる。ここのウリは料理の様だ。厨房はオープンキッチンになっているので、自信を持っているのだろう。こちらは腹の膨れ具合はだいぶいいので、流石にそれ程は頼めない。とはいえ、やきとん、ソース焼きそば、もつ炒めなどを注文。酒はチュウハイやハイボールを各々注文する。
結局それなりに呑んで、ひとりあたま1,400円。1件目の「まこちゃん本店」と合わせれば、3,600円ということになる。最初っからそのつもりで計画していれば、また違った結果になっただろう。一軒で腰を据えて呑むか、足早に二軒をハシゴするかは意見の分かれるところではある。ともあれ、一軒目が安い酒だと、後で祟る可能性があるということだ。 

20151104_193704

20151104_195708

20151104_200109

20151104_202056

20151104_193715
 

奥多摩湖畔の「丹下堂」でさっぱりし、再び鹿肉で舌鼓を打ったあとは、バスとホリデー快速を乗り継いで立川に移動。道中、あれこれ考えた末に、「たから」と云う居酒屋に入ってみることにした。念のため電話を入れてみると、入れますとのこと。店が決まったら、Google Mapで場所を確認。すると、この頃とんとご無沙汰している「博多ぢどり屋」のすぐ傍のようである。
行ってみると、果たして同じビルの1階だった。「博多ぢどり屋」のマスターが、階段を下りてきそうな気がするので、そそくさと入店。入口に白い提灯が下がっていて、なかなか洒落ている。18時過ぎの入店だったが、奥のカウンター席に客が3人だけだった。我々はリュックサックを背負ってくるので、狭い店では時として置き場所に苦慮することがあるが(店によっては煙たがられるが)、ここでは全く問題なし。
店内はシンプルな造りであるものの、如何にも女性店主らしく、小奇麗に装飾されている。おしぼりはタオルではなく、手ぬぐいだった。
先ずビールを注文。ここは瓶ビールのみ、サッポロ黒ラベルで乾杯。メニューは壁に掛けられたホワイトボードと付箋。そのなかから選んだのは、キムチマカロニサラダ(390円)、納豆オムレツ(490円)、ソース焼きそば(490円)、たぬき温奴(390円)、クミン風味いわしとパセリのレモン和え(490円)、アジの開き(490円)、かぼちゃサラダ(390円)、たこさんウィンナー(390円)、ぬか漬け(390円)。「クミン風味いわしとパセリのレモン和え」は初めて食べた味、かなりイケる。
お品書きに泡盛や海ぶどうなんてあるので、このちゃんが、沖縄料理ですか?と訊いたが、女将曰く、沖縄料理を意識して作っているつもりはないとのこと。たしかに他にはそれらしき料理はなさそう。それにしても、この店の料理は、何処にもありそうで無いものも多く、意外に創作的だ。この店の雰囲気も含め、女性店主による手作り感が、この店の魅力になっているに違いない。

_DSC0640

_DSC0642

_DSC0643

_DSC0644

_DSC0645

_DSC0646

_DSC0647

_DSC0648

_DSC0649

_DSC0650

_DSC0651

_DSC0652

_DSC0653

_DSC0654

_DSC0655

_DSC0656

_DSC0657
 

↑このページのトップヘ