山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

スパニッシュオムレツ

会社帰りに時折、銀座線京橋駅で途中下車し、上野寄り階段を上がれば目の前の、明治屋の地下にある洋食屋「モルチェ」に行っていた。ここは明治屋直営の店。そのせいで、扱っているウィスキーやワインを安く提供してくれていたので、結構贔屓にしていた。営業時間も朝の10時から通しで開いていたので、何かと便利だった。
料理も、値段の割にはボリュームがあり、食欲旺盛な者を連れて行っても十分満足できる程だった。其の脇には立ち飲みの「スナックモルチェ」もあって、長居出来ない時には安く呑むことも出来てとても重宝していた。
ところが、老朽化した明治屋本社ビルの建て替えに伴い、休業することとなり、暫く待ち遠しい思いをしていた。そしてこの11月に、3年4ヶ月ぶりにリニューアルオープンしたと聞いたので、ワクワク、満を持して行ってみた。
以前は勿論、建物そのものが古風だったので、それに較べると随分洗練された雰囲気。入口には、まだ開店祝いの胡蝶蘭の鉢がずらりと並んでいる。それにしても、新しく生まれた「京橋エドグラン」の地下階には、「モルチェ」以外にも数多くの飲食店が入っている。競争がし烈になりそうだが、「モルチェ」の顔馴染みウェイター曰く、うちは常連さんが多いので楽です、とのこと。
リニューアルオープンでやってくる客の殆どは(我々も含め)、常連だそうである。我々が入った時間はまだ、多少、予約無しでも入れるテーブルがあったが、間もなく新たにやって来る客を断るようになった。人気の老舗にはアドバンテージがあるようである。
さて、やっぱりビールでいこう。ここはキリンのハーフ&ハーフ(650円税込、以下同様)で。その後はウェイターの勧めに従い、赤ワインとしてマセット・エノフィル・ハロウィン2015(2,500円)を呑んだ。明らかにハロウィンの売れ残りだが、その分、安くしてくれたものと思う。
料理は、ハム盛り合わせ(950円)、チーズ4種(400円)、スパニッシュオムレツ(800円)、スパイシーフライ(1,100円)を注文。そして仕上げは、塩茹でパスタ(700円)と、牛すじ煮込み(800円)を注文。このパスタと牛すじ煮込みは、元々この店の定番。新しいメニューにはまだ載っていなかったが、顔馴染みウェイターに云ったら、すぐ出て来た。塩茹でしたパスタに粉チーズを振りかけ、それに牛すじ煮込みをかけて喰うのが、この店にやってくる常連客の流儀。これが美味いんだ。

20161201_171210

20161201_171538

20161201_171627

20161201_171736

20161201_173043

20161201_173046

20161201_173051

20161201_173312

20161201_174523

20161201_180824

20161201_180827
 

笹一酒造で新酒をテイスティングした後、先月に続いて再び立川北口の「Tempranillo」入店(先月は雁ヶ腹摺山の帰り、今回は笹子雁ヶ腹摺山の帰りということで、奇しくも雁つながり。次回は牛奥ノ雁ヶ腹摺山、あるいは日影雁ヶ腹摺山の帰りか?)。なおちゃんリサーチによれば、この店のシェフ(兼共同オーナー)であるホセさんは、「サンデージャポン」にも出演済。ということは、もう有名人なのである。HPもできたようだ。わんさか客がやってきても可笑しくない。ところが・・・
6名で店に入ろうとすると、入口に「OPEN」の看板があり、メニューが広げてあるものの、何故か照明は点いておらず、本当にやっているのか不安にさせる。恐る恐る階段を下りていくと、ウェイトレスに迎えられほっとする。どの席でもどうぞとの勧めに従い、前回と同じテーブルに着陸。女性二人の先客あり。開店時間は17時とのこと、我々の入店は18時15分、それでもどうやら我々は二番目の客だったようだ(我々のすぐ後ろから女性二人連れが入ってきた)。まだ人気はこれからの様子。裏を返せば、もう少しこのゆったり感を味わえそうだ。ウェイトレスは3人に増えている(前回居たウェイターは見掛けなかった)。うち、ひとりは未だ修行の身の様子、メニューの説明に四苦八苦していた。頑張ってほしい。
ビールで乾杯した後は、メニューにある定番スペイン料理をどんどん注文。ワインは先ずTempranillo100%のアジョッソ・クリアンサ2009 (4,500円)。コクと酸味がバランス良いミディアムボディ。料理はどれも美味いが、特にアーティーチョークのオイル漬け(650円、但しオーダーミスとのことで、サービスしてくれた)とイベリコ豚生ハム(1,500円)との組み合わせは、かなり良いコラボレーション。白ワインはトレジョ・ブランク・トランキジェ2013 (4,000円)をオーダー。かなりすっきり、酸味もしっかり。こりゃ白身魚の刺身系かな。締めはやっぱりパエジャ(1,800円/人)。魚介の旨みがしっかり米に染み込んでいて美味。
次回来る時は予約が必要なほど人気店に様変わり、なんてことになるのを半分願い、半分ならないことを願っている。

_DSC4956

_DSC4957

_DSC4958

_DSC4959

_DSC4960

_DSC4961

_DSC4964

_DSC4965

_DSC4966

_DSC4967

_DSC4968

_DSC4969

_DSC4970

_DSC4972
 
TempranilloのHP: こちら 

↑このページのトップヘ