山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

サンマ塩焼き

シャトー・ルミエール新酒祭りの帰りは、浜っ子Woodyさんもいるからと、八王子で途中下車し「多摩一」へ行くことにした。前回は、午後5時半に来ても満席で入れなかったので、今回は念のため、予約の電話を入れての来店。ところが5時前の入店のせいか、我々7人以外、客はおらず。この時間に来れば、予約は不要だったようだ。
この店は、昭和24年創業とのこと。昔は地下ではなく、1階にあったように記憶しているが、あまり自信が無い。何れにしても、子供の頃からこの店があったことは覚えている。勿論、その頃は入った訳ではなく、単に通り過ぎただけ。子供の頃は、その直ぐ近くにある「都まんじゅう」の製造マシンを見る方が興味があった。
「多摩一」に入るようになったのは、大学に入ったあと(当たり前だ)。中学時代の友人と何回か入ったことがあった筈だが、その後は八王子から離れて生活するようになったこともあって、とんとご無沙汰。おそらく30年ぶりぐらいの入店であるため、店内の様子はちっとも記憶が無い。
我々の席は厨房から見て反対側の隅っこ。無垢の板や柱が店内の装飾や、テーブルに使われていて重厚な感じ。味噌樽らしきものがテーブルになっている。モダンな内装からは、ちょっと浮いた感じがしないでもない。また、何故だか油絵も何枚か飾られていて、普通の居酒屋に無い、不思議な雰囲気を醸している。奥には座敷もあるようだ。
我々の後から、三々五々、客が増えて来る。熟年夫婦連れをはじめ、中高年の割合がとても高いが、若いサラリーマンや学生もちらほら。独り呑みも結構いる。
やっぱり、スタートは生ビール。山から下りてもう6時間以上経つが、漸くビールにありつくことができた訳だ。メニューを見ると、料理の数が半端ない。ざっと100種類余り。この居酒屋の歴史が現れているようだ。何でもある感じだが、特に豆腐料理の数が多く、メニューでは独立した分類になっているところが、他ではあまり例を見ない。
鳥皮せんべい、ハムカツ、鳥皮ポンズ、ポテトサラダ、ほうれんそう炒め、サンマ塩焼き、ホルモン焼き、ちくわ磯辺揚げなど、どどっと注文。
其々それなりにイケるが、なかでも鳥皮せんべいは、いわゆる唐揚げだがパリッとしていて予想以上に美味い。ビールの伴によく合う。ポテトサラダは残念ながら凡庸。まだまだ料理は山ほどあるので、当分、「多摩一」通いができそうである。

DSC03756

DSC03757

DSC03758

DSC03762

DSC03759

DSC03760

DSC03761

DSC03763

DSC03764

DSC03766

DSC03767

DSC03768

DSC03769

DSC03770

DSC03771

DSC03772
 

勝沼ぶどう郷からの帰り道、寄り道は何処でも良かったが、高尾駅北口の再開発事業が遅れている、という話を先日、耳にしたので、ならば立退きエリアにあるという「あさかわ」も、まだそのまま残っているかも知れないと思い、確認しに行くことにした。
果たして、「あさかわ」は以前とちっとも変わらぬ姿で営業していた。よく見ると、店の前はちょっと小奇麗になっていて、バスのターンテーブルが無くなっていた。これまで、駅前広場が狭いことから、バスがUターン(又は切り返しが)出来ないために設置されていたもの。この手のものは、時々、見掛けることがある。JR上越線の後閑駅前のターンテーブルは、乗客が乗ったまま廻るので、なかなか面白い。同じような停留所は、南善福寺にもあるらしく、バスマニアの間では有名とのこと。
そんなことはともかく、高尾駅北口は、ターンテーブルの代わりに、奥が広く整備されていて、バスが向きを変えられるようになっていた。ってことは、これ以上のスペースはいらないので、「あさかわ」も立ち退く必要が無くなったのでは? という気もする。
入口に掛かった暖簾は、どうやったらこんなにボロボロになるだろう、と思う程、味がある。中に入ると、まだ時間が早かったせいか、客はカウンター席のみで、左側のテーブル席も、奥の小上がりも空いていた。一番奥のテーブル席に着地し、やっぱりビール(大瓶600円税込、以下同様)を注文。今日は陽気の加減か、喉が渇く。
ひと息ついていると、7人ぐらいの中高年ハイカー集団がやってきた。忽ち、テーブル席は満席状態。その後も次々と高尾山帰りのハイカーが現れ、小上がりも一杯になり、その後の客を断るようになる。さすが、相変わらず人気の店である。結局、ほぼオヤジばかりで占拠された。女性は2~3人か。
つまみには、摺差の豆腐を使った冷奴(300円)、ポテトサラダ(400円)、サバ魚醤漬け焼き(600円)、もつ煮(450円)、サンマ塩焼き(700円だったっけ?)を注文。どれも美味い。大まかな価格体系が、この店らしい感じ。
女将さんが云うには、年内はやっています、とのこと。このセリフは去年の今頃も聞いた。年が明けたらまた確かめに来るとしよう。

DSC_1440

DSC_1441

DSC_1442

DSC_1443

DSC_1444

DSC_1445

DSC_1446

DSC_1447

DSC_1448

DSC_1449

DSC_1450
 

↑このページのトップヘ