山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

サラダ

「宮沢湖温泉喜楽里別邸」で温まった後、飯能駅まで路線バスで移動。飯能駅では少々時間があったので、駅ビル内の「くまざわ書店」で立ち読みして過ごす。何だか、山に来たことを忘れる。飯能駅からは「レッドアロー号」に乗って、ちょっとリッチに池袋へ出る。
ここまでは快適だが、このあと山手線と地下鉄大江戸線に乗らねばならぬ。今宵は六本木で忘年会なのだ。リュックサックを背負って通勤電車に乗るのは少々気が重い。今回、六本木にある「ぶどう酒食堂さくら」をセレクトしたのはアユラシ。何度か来ているらしい。
小生だったら六本木の店なんぞは思い付きもしない。職場が海浜幕張なので、会社帰りに六本木へやってくることも、とても少ない。せいぜいカミさんと国立新美術館に来る時に寄るぐらいだろうか。ましてや、まさかリュックサックを背負ってやってくることになるとは想定外だった。
「ぶどう酒食堂さくら」は外装が全てガラス張りになっていて、煌びやかさが外に漏れている。年の瀬だから尚更なのだろうが、やっぱり六本木の呑み屋はちょっと違うなと感心。こちとらは北千住の裏路地ばかり歩きまわっているので、六本木の灯りはやけに眩しい。
山帰りの2人が到着すると、既に呑み会直行組は着いていた。120分呑み放題付5,000円ぽっきりなので、全員揃ったところでスタート。料理は全て洋風。前菜は生ハムとサラミの盛り合わせ、サラダ、白身魚のカルパッチョ、フレンチフライポテト、ムール貝の白ワイン蒸し、ピザ、豚ロース炭火焼きステーキなど、続々と出て来るのでボリューム十分。ビールで乾杯した後は、ひたすらワインで盛り上がった。偶には山から下りて六本木も悪くはない。

20171229-DSC06641

20171229-DSC06642

DSC06643

DSC06644

DSC06645

DSC06646

DSC06647

DSC06648

DSC06650


その4

その3

その2

その1

今日も忘年会、今日も千葉から東京へやってきた。ところは神田、南口から徒歩わずか1分の店。大桝という、酒問屋が経営していると云うワイン系の店。ビストロ、と云うよりも更にカジュアルな感じ。これならば巷のオヤジ達同志であっても入れると思う。以前、浅草にある大桝のワイン館に入ったことがあったが、神田にも出来ているとは知らなかった。
4,500円(税別)で呑み放題のコースをチョイス。もちろん、料理はワインに合った洋風、ボリュームも育ち盛りで無ければ十分満たされるものと思われる。呑み放題では、ワインは銘柄を選ぶことは出来ない。ここはそもそも、酒問屋がやっているだけあって、品揃えが豊富なのにかなり残念。まあそれでも出されたワインはなかなかのパフォーマンスがあり、特に不満はない。
ワインリストを眺めてみると、リーズナブルなワインから高級ブランドまで多彩。ドンペリニヨン2003が2万円弱と、いかにも金持ち向けのものまである。でもドンペリニヨンは酒屋で買っても軽く1万円は超えるので、とても良心的な値段ではある(だからと云って、頼むことは絶対ない)。
料理はサラダでスタート。次にチーズとソーセージの盛り合わせ、バーニャカウダ、鯛のカルパッチョ、大アサリ(ホンビノスガイ)の蒸し物、ソーセージのソテー、ペンネ・アラビアータ、ローストビーフとかなりバリエーションも豊富。味はまずまず申し分なしである。
何れにせよ、次回来る時にはアラカルトで、ワインも何種類か試してみたい。きっとこの店は期待に応えてくれるだろう。 

_DSC1176

_DSC1177

_DSC1178

_DSC1179

_DSC1180

_DSC1181

_DSC1182

_DSC1183

_DSC1184

_DSC1185
 
酒の大桝・神田ワイン館のHP: こちら 

恐らくもう10年以上前のこと、軽井沢バイパスを信濃追分方面へ走っているとき(信濃追分の蕎麦屋に行った時のことだったか)、道の左手に「煙事」(えんじ)と書いてある看板が目に付いた。ちょっとした好奇心で寄ってみると、燻製を売っている店だった。ソーセージやチーズはともかく、オリーブオイルや醤油の燻製を売っているのにはちょっと驚いた。ここは店頭販売だけでなく、レストランもあったのだが、入ることはせず、その後も1、2回ほど寄って、チーズや醤油を買ったことがあった。
今回は、ランチを食べてみようと云うことになり、わざわざ電話予約してやってきたのだが、我々以外に客はおらず。まだシーズンはこれらからで、この夏の営業を始めようかどうか迷っていた処に電話があったので、思い切ってオープンしたらしい。結果的に、今日は我々だけの貸切状態となった。従業員の方が多い。
店の場所は良く知っているが、レストランの中に入るのは初めて。ところが、エアコンが故障しているとのことで、外の方がかえって涼しそうだ。ウッドデッキのテーブル席についた。目の前のケージの中に可愛い犬がいるが、大人しいので番犬の役目は果たしていないようだ。
席に着いたらやっぱりビール。ここにはサッポロ・エーデルピルスがあった。珍しい。料理の注文は、サラダ、燻製盛り合わせ、スパゲティ・カルボナーラにしてみた。テーブルには、燻製オリーブオイル、燻製醤油だけでなく、燻製ごま、燻製塩まで並んでいる。ちょっと手にとってテイスティングしてみると、確かに燻された香り。塩粒まで燻製するとは、なかなか極めている。サラダに振りかけてみると、もうそれだけで煙事風サラダに早変わり。
燻製盛り合わせには、鮭、たらこ、たこ、チーズ、ホヤ、オリーブの実、たくあんが並んでいた。もう、どれもこれもしっかり燻製である。カルボナーラのベーコンもはっきりと主張している。ここは、とにかく燻製好きには堪らない店である。

_DSC9082

_DSC9083

_DSC9084

_DSC9085

_DSC9086

_DSC9087

_DSC9088

_DSC9089

_DSC9090

_DSC9091

_DSC9092


煙事のHP: こちら 

↑このページのトップヘ