山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

カニタマ

結局今日はほぼ1日中雨なれど、むしろ陽が暮れて立川に戻って来てからの方が本降りとなった。「北京飯荘」は駅から徒歩10分ぐらいあるので、傘を差していても結構濡れた。合羽姿のこのちゃんは、山から今、雨の中を下りてきました、的な滴り具合。店に入って中を覗くと、18時過ぎにしては客はゼロ。主が(たぶん料理人も)とても暇そうにしていた。一応、電話を入れていたのだが、全く不要だったようだ。我々の後も、3組、都合7人程度がやってきたに過ぎない。
もともと、喫茶店かスナックだった店を居抜きで中華料理店にしたらしく、奥には中華料理屋らしからぬカウンターがある。どこでも好きなところに座ってくれとのことなので、一番奥に陣取る。やや遅れて、立川在住の凸さんも来店。
飲み物はそれぞれ、ホッピー、チューハイ、烏龍茶などで乾杯。ホッピーセット400円はまあまあの値段だが、「なか」は100円だった。安い。センベロの域にある。これで安酒大好き呑んべえ達がやってこないのが不思議だ(って、別に関心は無いが)。尤もここは中華料理屋なので、酒だけで終わる筈もない。
先ずは目当ての餃子。鉄鍋棒餃子(480円)も、普通の焼き餃子(380円)も其々美味い。鉄鍋棒餃子の方は、スタンダードの焼き餃子に比べ、肉の割合が多いようである。これは好みと気分の問題かも知れないが、普通の方がより美味く感じた。
他にピータン豆腐、やりいかレモンネギ炒め、鶏肉辛子山椒、小籠包、回鍋肉、カニタマ、焼豚チャーシュー、棒々鶏を注文。それぞれ普通以上に美味いが、ピータン豆腐はともかく、全般的にやや味が濃い印象。呑み助を相手にしているせいだろうか。それでも全般的にはお値打ちだろうと思う。特に中華料理も焼酎も好き、という方にはお薦めである。それにしても、こんなに空いているのは、今日が雨だったせいだろうか。

_DSC0863

_DSC0865

_DSC0866

_DSC0867

_DSC0868

_DSC0869

_DSC0870

_DSC0871

_DSC0872

_DSC0873

_DSC0874

_DSC0875

_DSC0876

_DSC0877
 

立川に帰ってきたのが20時半、山の帰りがこんな時間になるのも珍しい。やっぱり御正体山は登りでがあって、山中湖はけっこう遠いってことだろう。とにかく腹が減った。くまちゃん、なおちゃんの同意を得て、以前から気になっていた南口の中華料理屋に行ってみる。その名は「五十番」。
入ってみると、20時40分が料理ラストオーダーとのこと。おっと、あと5分。ならば諦めるかと思ったが、店の人(後で判ったが店長)が料理の注文さえしてもらえれば何時まででも大丈夫です、飲み物はその後でも大丈夫、と熱心に仰るので、ならばまとめて一回で頼めばいいか、ということでギリギリセーフの入店。この店には2階、3階もあるらしい。
先ずビールをグビッとやったあと、メニューを眺めると、麺類、ご飯類、一品料理等の他に、小皿料理と云うものがある。一品料理は何れも1,000円見当だが、小皿料理はだいたい500~600円台でリーズナブル。ランチの一人分の量とのこと。それならば色々な料理を頼めそうだと、皮蛋、青椒肉絲、カニタマ、フクロタケうま煮、八宝菜、焼き餃子、あんかけ炒飯を頼んだ。ビールの後は紹興酒を注文。
焼き餃子は定番通りに、中はジューシー、外はパリパリもちもち。餡も皮もかなりイケてる。食べ飽きないタイプ、ポイント高いぞこの餃子。其々他の料理も結構本格的で美味い。ただ、注文した量の見積を誤ったため、あんかけ炒飯には全く手が付かず、くまちゃん、そっくりお持ち帰りとなった。
ひと通り料理が出てきた段階で、料理人が次々と帰っていき、店長だけが残った。その店長の話によれば、この店の上のフロアを使って、様々なイベントをやっているそうだ。ライブ演奏や、講演会、料理教室までやるそうだ。また、チャリティーで東日本大震災鎮魂イベントなんていうものまでやっているとのことで、この店長、単なる中華料理店主ではない。
店のBGMに、ふと耳を澄ますと、おんやぁ、「ゲッツ・ジルベルト」だ。訊けば、ここの店長、テナーサックスを吹いているそうである。こりゃ、次は隊長を連れて来なくちゃ。 

_DSC9320

_DSC9321

_DSC9322

_DSC9323

_DSC9324

_DSC9325

_DSC9326

_DSC9327

_DSC9329

_DSC9330


中国料理五十番の社長のブログ: こちら 

↑このページのトップヘ