山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

エイヒレ

国師ヶ岳&石楠花新道から下りたあとの帰り路は、久しぶりに立川で途中下車。女子連のご要望にお応えして、「ずくなし」へ行くこととなり、念のため予約まで入れて5人で入店。今回で3回目(前回のレポはこちら)。この店は、ひと手間かけた料理も勿論それなりに美味いのだが、モノトーンな店内の雰囲気が和める感じがウケるのだろうし、更に店主の物腰の柔らかさも、この店の味であることは間違いない。
店の入口は、茶室の躙口ほどではないが、十分屈まないと入れないほど鴨居が低い(敷居も低い)ので、リュックサックを背負ったままだと尚更入り難い。何故か、前回訪問時からこの入口に変わったのだが、このせいで、隠れ家度がさらに向上したのは確かだと思う。
そう云えば、穂高駅近くのうどん屋(店名は失念)で、この店以上に鴨居が低い店があって、実際に頭をぶつけたことがある。するとその店の偏屈親父から、頭(ず)が高いと世の中は渡れないゾ、などと講釈を受けた記憶がある。あの店は今どうなっただろうか。話が逸れた。
我々5人の予約席は、前々回(その時のレポはこちら)と同じ、小上がりの板の間。先客はカウンター席に数人と、小上がりに一組。予約していなかったら入れなかったかも知れない。この頃、繁盛しているようである。若い女性店員は、前回は見掛けなかったので新人か。店主が色々教えている様子。
ふとテーブルの上を見ると、箸置きが今日はネコジャラシ(エノコログサ(狗尾草)、花言葉は「愛嬌」)ではなく、ランの花(デンファレ、花言葉は「わがままな美人」)だった。飲み物は、もう日本酒にしようと、ゆきつばき(680円税別、以下同様)。料理はここの定番、クリームチーズの味噌漬け(580円)、チーズのポテトサラダ(450円)、肉豆腐鍋(480円)、地鶏のたたき(680円)、さんま刺し(680円)、やげん軟骨炭火焼(680円)、豚バラの薫製(580円)、エイヒレ(480円)、炙りしめサバ(680円)と、流石に5人もいると色々注文。締めにうどんを喰いたい!という声も出たので、釜玉うどん(450円)と明太子うどん(580円)も注文。皆さん、食欲旺盛である。料理は其々美味かったが、今日は客が沢山押し寄せたせいか、いくつか地酒を切らしていたようだ。普段は、日本酒を呑む客が少ない?ので、我々の様な日本酒党がやってくると忽ち在庫が無くなるのかも知れない。
ここ「ずくなし」は、呑み放題コースも始めたようなので、そのうち宴会にでも来ることになりそうだ。凸さん来るよね?

DSC03704

DSC03705

DSC03706

DSC03707

DSC03708

DSC03709

DSC03710

DSC03711

DSC03712

DSC03713

DSC03714

DSC03715

DSC03716

DSC03717

DSC03718

DSC03719

DSC03720

DSC03721
 

「松田健康福祉センター」でフラれた後は、雪崩を打ってフラれ続け、なんとかしてくれと新松田駅前の「豊丸水産」を覗いてみれば、テーブルの片付けが済めば入れるとのこと、漸くビールにありつけることとなった。ここは云わば、松田の吹き溜まりのような店である。
片付けが済むまでの時間をジリジリしながら待ち、やっと入店。とにかくビールだ。特に今日は陽気が良かったせいか、これがないと、ひと息できない。大野山の山頂からは、水すら飲んでいない。一気にグビッと呑み干す。ふ~、生き返る~。なんとか落ち着いたところで、突き出しとして小振りながらアジの開きが出てきた。なんだかちょっと嬉しい。流石は「水産」という店だけのことはある。
さて、メニューを開き、眺める。やはり魚介系を頼まない訳にはいかないだろう。それぞれの希望に合わせて注文したのは、かに味噌(390円税別、以下同様)、海鮮浜焼盛り合わせ(990円)、ちくわ磯辺揚げ(390円)、みょうがの天麩羅(あれ、いくらだっけ??)、つぶ貝ガーリック磯辺焼き(390円)、海鮮なめろう(490円)、エイヒレ(390円)、ししゃも(290円)だった。店の看板には「相模湾直送」と書いてあったが、それに該当しそうなものは、海鮮なめろうのアジぐらいか。それはともかく、それぞれ味も量も申し分は無い。個人的には、ちくわ磯辺揚げとつぶ貝ガーリック磯辺焼きが気に入った。
のんちゃんはこの店を出たら帰るとのことなので、もうちょっとゆっくりしようとビールの後は地酒に移行する。まつみどり(930円)、琴姫(970円)、丹沢山(980円)、箱根山(930円)と頼む。これらは何れもこの界隈の地酒。「まつみどり」と「琴姫」は、JR松田駅の直ぐ目の前にある中沢酒造、「丹沢山」はJR山北駅に近い川西屋酒造で、「箱根山」はJR上大井駅に近い井上酒造だ。
ここ、「豊丸水産」は、このような条件を上手く活用していると思う。それに、利用者にとっても申し分のない場所にある。支払いさえ済んでいれば、小田急線の発車時刻の1分前まで呑んで居られるくらい、近い。訊けば「はなの舞」の姉妹店だそうだ。新松田駅前に降り立って、もしこの店にフラれることがあったら、素直にこの界隈で呑むことは諦め、さっさと小田急線で別の駅へ移動すべきであろう。

_DSC2656

_DSC2657

_DSC2658

20160326_155239

_DSC2659

_DSC2660

_DSC2661

_DSC2662

_DSC2663

_DSC2664

_DSC2665

_DSC2666

_DSC2667

_DSC2668

_DSC2669
 

ビールを立ち呑みしただけではやはり物足りないので、もう一軒行こうとふらふら烏森口へ繰り出す。烏森神社近くにある「浅草弥太郎・新橋店」はどうだろう、と云う提案があったからなのだが、行ってみると、若者数人が外のテーブルまで溢れて、呑んで喰っている。この混みようでは、ちょっと入れそうにない。それならばと、当てもなくぶらぶら店探し。
程なくして、やけに気になる店を発見。見上げると看板には「もつ焼 くら島」とある。看板自体は比較的新しいようだが、建物は思わず呻き声を漏らしそうになるほど渋い。こりゃ新橋でも珍しい。入ってみると、中も外観と同程度に渋い。テーブル席が空いていたので4人で座る。昭和レトロそのままの店。
奥には古びた段ボール箱が積まれていて、入りきらないCDが崩れ落ちそうな状態のまま、薄らと埃が溜まっている。店内の一角の、この雑然とした状態は、きっとここ20~30年、何も変わっていないはず、と断言する蕎麦好きおやじ。たしかに、なるべく余計なことはしないのが、この店のポリシーのようである。
とりあえず日本酒を頼むと、ヒヤか燗か訊かれ、「ヒヤ」と答えるとコップ酒が出てくる。突き出しは柿の種。ふーむ、今どき古びた中華料理か定食屋のノリだな。忙しそうにモツを焼いている店主はともかく、女将さん(店の主の母親かな?)は愛想が全くない。ちょっとでも笑顔を見せたら親の遺言に背くか、罰でも当たると思っているようだが、これもこの店の味と云えなくもない。
看板メニューになっているので、もつ焼きを注文。特段、可もなく不可もないが、1本100円なので全く文句は無い。結果、コップ酒3杯飲んで、もつ焼きとエイヒレを喰ってひとり1,500円。日本酒ともつ焼きの味のみを追求する客にはともかく、この店の雰囲気を味わえるだけで、この料金は概ね納得できる気がする。将来、この店の常連になるかどうかは、ややビミョウであるが、今後、多少儲かっても店を奇麗に建て替えるなどという事は考えず、是非このままの雰囲気を保ち続けて欲しい。女将さんも今後とも客に媚びることがないよう願いたい。

_DSC8367

_DSC8368

_DSC8369

_DSC8370

_DSC8371

_DSC8372

_DSC8373
 

ぶどうの丘展望レストランでちょっとまったりしたあと、ホリデー快速ビューやまなし号で立川に移動。久しぶりに北口の「弁慶」を覗いてみるが、なんと一杯。では隣はどうかと「玉河」に訊いても断られる。「玉河」の別店舗にも訊いて貰ったのだが、やはり満杯とのこと。ふーむ、さすがにこの時間(18時半くらい)で9人はなかなか難しい。さてどうしようか、ものは試しに「味工房」に電話してみると、意外にOKとのこと、この店はけっこう大きいのでなんとかなったようだ。図らずも、前回「味工房」に入店したときも、「ぶどうの丘」からの流れだった。
駆け付けビールは、キリン派とサッポロ派が乾杯。そのあとは各自様々な酒に移行。この店は多摩の地酒がズラッと揃っているのが魅力(隊長お気に入りの喜正も勿論ある)。今日は、先ず東村山・豊島屋酒造の「金婚・純米」を頂くことに。辛口ではないがさらりとしていて食中酒に相応しい。豊島屋酒造と云えば「屋守(おくのかみ)」がこの頃超人気だが、元々「金婚」が主銘柄。ちなみに明治神宮、日枝神社、神田明神の御神酒は何れも「金婚」だそうである。創業はなんと慶長元年(まだ秀吉が生きていた!)というから、江戸幕府成立よりも古い。「金婚」の後は、「嘉泉・ぎんから」。これもかなり淡麗辛口で食中酒系。これを醸す福生・田村酒造場も創業文政五年とのことで、ここも200年近い歴史がある。
つまみは、エイヒレ、大根サラダ、さつま揚げ、ジャーマンポテト、牡蠣の天麩羅、串焼き12本盛り合わせ等々注文。くまちゃんは会津坂下の酒「飛露喜・特別純米」を注文。この頃、会津の酒を目にすることが多いな。いわゆるこれは、酒そのものを楽しむ濃醇系。散々飲んで喰って、概ね一人2,750円はまずまずリーズナブル。さて、払いも済ませたので帰ろうか、あれっ、凸さんは? と訊けば、ラーメンを食べて帰る、と言い残してひとりでふらふらネオン街に消えていったそうな・・・。

_DSC4794

_DSC4795

_DSC4796

_DSC4797

_DSC4798

_DSC4799

_DSC4800

_DSC4801

味工房のHPはこちら: 味工房 
豊島屋酒造のHPはこちら: 豊島屋酒造 

↑このページのトップヘ