山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

もりそば

すっかり舟下りを堪能した後は、再びアユラシ号に乗って移動。昼時なので、蕎麦を喰いに行こうと連れて行かれたのは、大石田町の山の中、次年子(じねご)という名前の集落。こんな辺鄙な場所(失礼!)に、蕎麦屋なんて有るのだろうかと訝しく思うようなところだが、ここは知る人ぞ知る蕎麦街道なんだそうな。
休日ともなると、山形ナンバーだけでなく、宮城ナンバーの車もわんさかとやっているとのこと。そんな街道、たしかにポツリポツリと蕎麦の看板が現れ、それらしき店もあった。我々が向かう「そば座敷・平吉」は、街道から更に山の中に入ったところ。まさに知る人ぞ知る店、アユラシが山形にいなければ、未来永劫まで入ることが無かった蕎麦屋だろうと思う。外には、なにやら赤い大根の様な根菜が積まれていた。近くにいたおばあちゃんに訊いてみると、次年子かぶ、だと云う。へー、これでもかぶですか、と驚いた。世の中、結構知らない野菜があるものだ。
駐車場には結構、車が停まっているし、店の中もかなりの人。予約した時間になるまでは、外でお待ち下さいとのことで、暫し外にいた後、入店を許可される。見掛けも内部も、昔の農家の佇まいそのまま。室内には仏壇や、ご先祖の写真が飾られていて、旧家にお呼ばれされたような錯覚に陥る。
アユラシには申し訳ないと思いつつ、ビールをいただく(今回はそんなシーンばかりで恐縮です)。そばのメニューは、そば膳(1,200円)ともりそば(750円)のみ。両者の違いは、前者には「揚げ出しかいもち」と「そばおしるこ」が付いてくる。もりそばで十分そうだが、「揚げ出しかいもち」に興味があったので、それだけ単品で注文した。
その「揚げ出しかいもち」というシロモノ。出て来たものを見て、齧ってみると、どうやら、そばがきを揚げて、おろし入りのだし汁と一緒になったもの。蕎麦の香りが強いだけでなく、不思議な食感。ふーん、これはなかなか面白い料理だ。何故、他の店では揚げたりしないのだろうか。
やがて「もりそば」が出て来た。「そば膳」もそうだが、付け合わせに、玉葱のかき揚げと、ワラビの煮浸し、そして生の(乾燥ではない)きくらげが出て来た。薬味は、ねりからし、だ。これが次年子風なのかどうかは判らないが、こんなパターンは初めて。生きくらげは、昨夜、伝七でも喰ったので、山形ではポピュラーなのかも知れない。何れにしても、どれも美味いし食感も新鮮。きくらげに、からしを付けて喰うのは初めてだが、イケる。ほー。そして、麺。山形にしては極めて細打ち、香り喉越しも申し分ない。辺鄙な場所(また失礼!)に、こんな店があるとは、びっくり。山形の蕎麦、恐るべし。

DSC04004

DSC04005

DSC04006

DSC04007

DSC04008

DSC04009

DSC04010

DSC04012

DSC04015

DSC04016

DSC04017

DSC04018

DSC04019

DSC04020

DSC04021

DSC04022

DSC04023

DSC04024


そば座敷平吉のHP: こちら 
 

女夫渕から鬼怒川温泉行のバスに乗る。約1時間半も乗るのでエコノミー症候群になりそうだが、途中、川俣の土産物屋前でトイレ休憩が入るのが有難い。別にトイレに行きたくなくても、身体を伸ばしたい感じ。その後、通過する瀬戸合峡は、紅葉が盛りだったら良い眺めの筈だが、今年は今一つの様子。
鬼怒川温泉駅に着いたら先ず、帰りの特急指定席を確保し、さて昼食だ。正直云って、温泉街の食事処というと、大した店が無いと云うのが世間の通り相場だが、果たして鬼怒川温泉は如何なものか。
皆の意見を集約すると「蕎麦」ということになるので、事前に調査済みだった「大吉庵」に入ってみることにした。丁度昼どきなので開いているかどうかの心配はいらない。暖簾を潜ると、先客はひと組のみ。テーブル席も座敷もあって店内はそれなりに広いが、なにしろ9人という大所帯なので、座敷に上がらせていただく。応対してくれるお年を召した女性店員は、客が入っても何だか迷惑そうな顔をしているが、それが地顔なのか(のりちゃんが、トイレのスリッパのこと(?)で、年配女性店員から注意されていたようだが、詳細は不明)。
とにかく席を確保し、生ビール(600円)で乾杯の後は、茸おろしあえ(500円)、板わさ二人前(1,000円)、舞茸天ぷら(1,200円)、漬物盛り合わせ二人前(1,000円)を注文。温泉街相場かも知れないが、少々割高である。それに、板わさと漬物は、注文の単位が二人前となっているところが何と云うか、変わっているというか、あえて敷居を高くしている感じだ。こちらとしては一人前にしてほしい、などと云うニーズは無いので、それが可能なのかどうかは訊きそびれた。
ビールの後は日本酒にする。熱燗(600円)を3本頼むと、忽ち出て来た。予め湯煎されていたのだろう。銘柄は会津の酒「末廣」。一杯目を呷ってみると、何やら変わったお味。これは明らかに普通の日本酒ではない。古酒の味に近い。たしかに、色もやや琥珀がかって見える。他の2本はどうか見てみると、それぞれ色が違う。さっき呑んだものが一番色が濃く、他の2本はほぼ無色とその中間。1年物と2年物と3年物の古酒が出て来た感じがする(実際、1年物はかなり尖った印象)。どのような経緯で、このようなシロモノが出来上がったのか、店に訊いてみたい気もしたが、事を荒立ててもしょうがない(たぶん、もう来ることは無さそうだけど、次回、また熱燗を注文してみたい気持ちもある)ので止めた(Woodyさんは訊きたがっていたが・・・)。
ポジティブに解釈すれば、思いがけず、「古酒」をいただくこととなった訳だ。店で意図していた筈も無いが、損したと云うよりも、なんとなく得した気分がしないでもない。
ともあれ、最後に蕎麦をいただこう。普通のもりそばと、ちたけ(乳茸)が入った付け汁のもりそばを注文。蕎麦そのものはまあ普通だが、なるほど「ちたけ」のつゆは、茸の香りが強くてなかなかだ。この店は突っ込みどころ満載だが、良い点もあるので、今後の改善を見守りたい。

DSC03524

DSC03525

DSC03526

DSC03527

DSC03528

DSC03529

DSC03530

DSC03532

DSC03533

DSC03531

DSC03534

DSC03535

DSC03536

DSC03537

 

また7ヶ月ぶりに久呂無木訪問(前回はこちら)。
今回は、両神山の帰りなので、日曜日の訪問となった。両神山から下りて来た4人のうち、ひろちゃんは用事のため泣く泣く帰宅、その代わりに膝のリハビリ中のくまちゃんが、久呂無木に直接やってきたので、都合4人での入店。そのため、久しぶりに奥の座敷ではなく、小上がりに腰を落ち着けた。勿論、我々は予約済みなのだが、後から後から予約していない客がやって来て、丁重にお断り。相変わらずの人気ぶりである。
早速、久呂無木のご主人のお勧め日本酒をいただく。先ずトップバッターは「花陽浴」。最早、埼玉を代表する日本酒だと思う。この赤ラベルの山田錦(純米吟醸山田錦直汲み)は初めてだ。口に含むと、「花陽浴」ならではのジューシーさと、仄かなパイナップル系の香りが広がるが、程良く旨味も酸味も併せ持っているので、バランスの良さも感じる。流石だ。
つまみはいつもの豚炙り焼き、出汁巻き玉子、さしみゆば、鴨ロース、野菜天ぷら、板わさ、牛しぐれ煮、オニオンスライスをいただく。どれもこれも変わらぬ美味さ。
続いて登場した日本酒は「雁木 純米吟醸無濾過生原酒ノ弐」。旨味があって芳醇なのにさらっと上品。これはすいすいいってしまいそうだ。危険な酒。
次は「智則 純米吟醸 佐香錦 直汲み中取り 無濾過生原酒」。ご主人曰く、「智則」とは杜氏の名前だそうだ。自分の名前を酒の名前にするとは、かなりの自信作ということか。実際、口に含んでみると、これもまた旨味ががつんと来る、骨太な日本酒。まいった。
最後の日本酒は、「まんさくの花 純米吟醸 美郷」という、ちょっと風変わりなラベルの日本酒。裏ラベルには「・・・一際目を引くデザインボトルを作りました。上から順に「日の出」「まんさくの花」「水」をアイコニックに表現したものです。」とある。ご主人の解説によると、酒造(日の丸醸造)の若旦那が、どこぞのデザイナーに、ん百万円で頼んだら、大旦那に「金を使うなら酒造りに金を使え!」と怒られたそうな。小生も大旦那の意見に賛成。呑んでみると、酸味も旨味も程々で、とにかくフレッシュ爽やか。
締めはやっぱりもりそばがいいが、今日はおろしそばもいっしょに頼んでみた。大根おろしの辛みと蕎麦のシコシコ感が良く合う。もりばかりではなく、偶には色々なそばを食べてみるのも良いようだ。毎度様々な日本酒が楽しめるし、蕎麦もいつも通り美味い。何回お邪魔しても楽しめる店である。
 
DSC02574

DSC02575

DSC02576

DSC02577

DSC02578

DSC02579

DSC02580

DSC02581

DSC02582

DSC02583

DSC02584

DSC02585

DSC02586

DSC02587

DSC02588

DSC02589

DSC02590

DSC02591

DSC02592
 

立川北口「梅の湯」の傍で、何処かいい店がないかネットで探したところ、見つけたのが「あかつき」。電話を入れると「はいれます」との返事、さっそく向かう。
北口の立川通りから、ローソンの角を東へ入る路地は、映画館が無いのに「シネマ通り」と云うそうだ(かつてはあったらしい)。ハイカラな名前だがそもそも店が少ないし、土曜日の日暮れ時は開いている店はさらに少なく、この先に果たして店があるのか、と思うような暗く寂しい小路。それでも暫し進むと、沙漠のオアシスの如く、ライトアップされた白壁の店が現れ、そこが「あかつき」だった。
扉を開けると、左手がカウンター席、右手がテーブル席。先客は、テーブル席に数名で女子会。外装も内装も、白木または古木とクリーム色の壁との組み合わせが、清潔感を感じさせる。スペインかフランスの田舎(行ったことがないので単なる妄想)にありそうな佇まいである。カウンターの中には、店主と女性店員。店主は意外にお若い。
我々はカウンター席へ。一応、ビールは「梅の湯」で済ませてきたので、とりあえず日本酒。今日の酒はこれです、と示されたのが「天寶一おりがらみ」と「貴」と「明鏡止水」。先ず「天寶一おりがらみ」をいただく。広島の酒とのこと。口に含むと、フレッシュ感はあるが、旨みも強く深い複雑な余韻。吟醸ではなさそうだ。自分好みの酒である。
先ずは揚げ蕎麦と肉味噌(?)のお通しが出てくる。これだけで、十分、酒の肴になるが、他に小松菜とエリンギのおひたし、かますの開き、大根の天麩羅、鶏カツと油麩の卵とじなどをいただく。
どれも料理はシンプルなのだが、何れもこだわりのもの、という感じ。味付けはあっさりで、出汁と素材の旨みを生かしたもの。若い店主なのに、随分と枯れた料理を出すものだ。普段、行くような居酒屋ではなかなかお目にかかれない。大根の天麩羅はあまり見たことが無いが、じんわり美味い。個性が強い日本酒だと負けそうな、繊細な味。
最後は蕎麦だが、ご主人は、蕎麦屋をやっているつもりはない、と仰る。確かにここは蕎麦居酒屋と云うよりも、割烹に近く、締めの蕎麦を提供していると云う感じ。ご主人曰く、蕎麦は毎日3ヶ月打ち続ければ、商売ができるようになるそうだ。不出来な蕎麦を3ヶ月分喰い続けるのも大変そうだが・・・。 
日本酒は酒屋が選んで来たものだとのこと、それでも品揃えを見ると、やはりこだわりがありそうだ。ほとんど、飛び込み的に入ったのだが、いい店を見つけた。馴染みになってみたい。今度は、大人数でやって来ようか。

_DSC1001

_DSC1002

_DSC1003

_DSC1004

_DSC1005

_DSC1006

_DSC1007

_DSC1008

_DSC1010

_DSC1011

_DSC1012

_DSC1014
 
あかつきのHP: こちら 

小海線に乗っている間に降り始めた雨は、小渕沢に着く頃は本降りとなった。駅舎には、雨で立ち往生しているのか、それともこの頃、かの星野リゾートの「リゾナーレ八ヶ岳」が小淵沢の傍に出来たので、そこへ行くバスを待っているのだろうか、多くの人で溢れている。駅構内の立ち食い蕎麦屋にも多くの客が群がっている。ひと昔前は長閑さがあったが、この頃随分と小淵沢駅の雰囲気も様変わりしてきた。
丁度、昼食時。さて何処へ行こうか。小淵沢駅界隈には、その「リゾナーレ」内のレストランも含め、いくつか店があるが、「やっぱり蕎麦がいい」という声が上がったので、ならばと、予め調査済みの蕎麦屋「雅」に行ってみた。傘を差して(このちゃんは傘を持って来なかったので、しっかり合羽上下を着て)、へこへこ数分の距離。中央線の車窓からも見えそうな場所にある。
目指す店は、昭和の初めに建てられたと云う、古い町家。実体験は無いのに、田舎の実家に遊びに来たような錯覚を覚える雰囲気。気取りが無い分、落ち着ける。三和土に靴を脱いで上がる。畳の間が続く、昔ながらのスタイル。3つ目の部屋に通され、一番右手奥の座卓を囲む。
席に着いたら先ずビール。付き出しが2種類出てくる。つまみは板わさ、野菜天麩羅、厚焼き卵をいただく。女将(?)と思しき女性は接客がややそっけないが(小鉢も、で~ん!と置いていくが)、雇われ花番さん(?)らしき女性は、天麩羅は単品で頼むよりも天ざるの方が割安です、と優しくアドバイスしてくれる。
せっかくなので日本酒もいただこう。七賢の生酒を頼むと、青竹の徳利と猪口が出てきた。心憎い演出だ、ひと味違う感じがしてしまう。
この界隈の名物は「おざら」という、ざるうどんらしいが、締めはやっぱりもりそば。細打ちのつるつるしこしこ系。かなり満足。その後、我々が帰るまで、二組の客がやってきただけ。お値打ち感があるのに客が少ないのはやや意外。女将(?)の愛想が改善されれば、人気も高まると見たが、そうならなくても、それはそれで別に構わないように思う。また来るときに、人気が出て予約が必要、なんてなって欲しくない。

_DSC9781

_DSC9782

_DSC9783

_DSC9784

_DSC9785

P9060352

P9060353

P9060354

_DSC9787

_DSC9788

_DSC9789

_DSC9790

_DSC9791

_DSC9792

_DSC9793

_DSC9795

_DSC9796

P9060356

_DSC9797

_DSC9798

食彩工房 雅のHP: こちら 

初めて山種美術館へ行き、東山魁夷展を鑑賞した後、まず来ることがない広尾まで折角来たので、この辺りで昼食をとろうと、蕎麦屋「松玄」に入店。蕎麦屋らしからぬ、かといって居酒屋でもない雰囲気。強いて云えばダイニングバーの趣きだが、メニューを見れば明らかに和。蕎麦屋にしては一品料理がかなり豊富、申し分ない。
ビールで喉を潤したあと、酒は日高見・超辛口純米(750円)を注文。「超辛口」という割にはちっとも辛くなく、呑み飽きないが、むしろ米の旨みが生きていて自分好みと云える。宮城は石巻の造り手らしい。肴には、汲み上げ湯葉(700円)、焼き味噌(390円)、マコモ茸の炭焼き(580円)、自家製つくね(370円)、手作りポテトサラダ(550円)、丸干しゴロイカ(680円)を注文してみた。湯葉には、紫蘇の花が散らしてあってなかなか洒落ている。焼き味噌は、かなり寝かせた八丁味噌を使っている様子で、ほとんど真っ黒、味も濃厚。個人的に好きなマコモ茸を置いている店は、結構珍しい。もう旬の終わりか。ここのポテトサラダはかなり斬新、生クリームベースのホワイトソースが掛けてある。ちょっとぐっと来た。丸干しゴロイカは、わたも一緒に干したもので、酒が何杯も呑めてしまう。
締めの蕎麦は、もり(700円)と凛(いわゆる更科系そば;930円)。挽きは細かく切りの太さも均一なので、手打ちではなさそうだが、しっかり腰がある割に、つるんと喉越しは滑らか。この店は、全体的に、卒なく客が好みそうな壺を抑えていて、とても洗練されているように感じられるが、その一方で、不器用で頑なな蕎麦打ち職人が地道にやっているという雰囲気が無いせいか、ドライというか、やや上滑りな印象を受けてしまうのは、少々気にし過ぎだろうか。

_DSC5076

_DSC5077

_DSC5079

_DSC5080

_DSC5081

_DSC5082

_DSC5083

_DSC5084

_DSC5085

_DSC5086

_DSC5087

_DSC5088
 
松玄のHP: こちら 

↑このページのトップヘ