山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

ちくわ天麩羅

アユラシが山形から帰ってくると云うので、池袋で一杯やることになった。我々下山組は、高原山からの帰りだが19時だったらなんとかなる。のんちゃんや和尚も夜の部に参加とのこと。店を何処にしようかとあれこれ考えたが、安くて美味くて評判の「ずぼら」へ行ってみることにした。
東口のサンシャイン通りから、ちょっと南側へ逸れたところに「美久仁小路」という路地がある。ひと昔前まではかなり胡散臭い昭和酒場街の風情で、常連オヤジでないと入り辛い雰囲気を醸していたが、今回行ってみると小路の入口に立派なアーチが出来ていて、路の石畳もこざっぱりしている。随分おしゃれな感じになっていた。これならば池袋ギャルだって入って来そうだ。
「ずぼら」はこの小路の東側入口にあった。それも一軒だけでなく、小路の反対側にもある。しかし、どちらも建て坪は随分狭い。カウンター席はせいぜい8人くらいが限界だろうか、隣の客と肩を振れ合わせながら呑むような感じだ。
店の人に、予約している旨告げると、階段を上がれと云われ、3階へ。靴を脱いで座敷に上がると、4人掛けのテーブルが2つと、2人掛けのテーブルが1つ。こじんまりした部屋だ。先客の若者3人が一つのテーブルについている。簾が下がった窓は2方向あり、時折、爽やかな風も吹き抜ける。下の小路から、新内流しの三味線の音色でも聞こえてきそうだ。さして広い部屋ではないが、その狭さ加減も含め、なんとも居心地が良い。
のんちゃんは既に到着済み、アユラシも程なくやってきたが、(GPSを持たない)和尚からは「迷った」という連絡。確かに目印がある訳でもないので、この小路を見付けるのは少々難しいか。それでも、それほど待つこともなく到着し、乾杯。さて料理。注文したのは、うどの酢味噌和え、ハムカツ、ポテトサラダ、刺身盛り合わせ、ちくわ天麩羅、豚肉生姜焼き、小鯵の南蛮漬け、焼き餃子、ごぼうかき揚げ、キャベツ塩こぶ和え。それぞれ300円から600円くらいで、どれも在り来たりだけれど、文句なく美味いのでCPも十分と感じた。評判通りだ。随分頼んだが、まだ味わってないメニューが山ほどある。これからも楽しみ。
是非今度、ここで宴会をやりたい。3階には10人ぐらい入るので、ここを貸し切るのがベスト。窓を開けて、外の風が入って来ても良い季節が良さそうだ。

DSC01997

DSC01998

DSC01999

DSC02001

DSC02002

DSC02003

DSC02004

DSC02005

DSC02006

DSC02008

DSC02009

DSC02010

DSC02011

DSC02012

DSC02013

DSC02014

DSC02015

DSC02016

DSC02017

DSC02018
 

九鬼山の帰り、「ふろっぴぃ」でひと風呂浴びたあと、送迎バスで高尾駅に戻る。今日の目当ては、高尾駅北口の「あさかわ」か、南口にある「たまの里」のつもりだったが、まだ午後3時過ぎで「あさかわ」はやっていない。それでは、と「たまの里」に入店。今年の2月以来(前回はこちら)だが、小生以外は皆さん、初めて。
今日も店内は、高尾山から下りてきた呑んべえ達で大賑わい。この店が、呑んべえハイカーに愛されているのが良く判る。山から下りてきた時間、普通の呑み屋はまだ開いていない。大っぴらに呑めるとなるとやっぱり蕎麦屋、皆、行き着くところは一緒だ。なんとか我々も、入って左手奥の席を確保できた。前回も感じたことだが、この店は、「酒も出す蕎麦屋」と云うより、「蕎麦も出す居酒屋」に限りなく近い。
本来、高尾山から下って来たハイカー達は、小仏方面や陣場山方面からの下山客は別として、たいていの場合、登山口から高尾山口駅までの間に何軒かある蕎麦屋、例えば「高橋家」とか「栄茶屋」などに引っかかりそうなものだ。事実、小生の場合もそうやってその界隈の蕎麦屋には殆ど入った。ちょっとリッチなハイカーだったら、琵琶家(別館だったら入ったこと有)や橋本屋(敷居が高いので覗いたこともない)に寄るかも知れない。何処の蕎麦屋も、昔は蕎麦以外には、漬物かこんにゃくの味噌おでんくらいしか置いていなかったが、この頃は酒やつまみの種類はそこそこある(例えば、高橋家はこんな感じ)。店の雰囲気だって悪くない。
ハイカー達がそのような網を掻い潜って、高尾駅前の「たまの里」まで我慢してやってくるのは何故だろうか。思い至るのは酒の種類の豊富さと料理のCPだろうか。蕎麦だって安い。天ざるそばだって、870円である。でも今回は、ひたすら酒とつまみで終了、蕎麦を喰い損なった。蕎麦屋であることを忘れさせるほど、ここは酒とつまみが充実しているのである。そう考えると、今度来る時も、蕎麦を喰えるかどうかは甚だ怪しい。

_DSC8983

_DSC8984

_DSC8986

_DSC8988

_DSC8989

_DSC8990

_DSC8991

_DSC8993

_DSC8994

_DSC8995

_DSC8996

_DSC8997

_DSC8998
 

↑このページのトップヘ