隊長のお気に入りの店が、田町にあると云うので行ってみた。昔もこの頃も、仕事で田町にやってくることはないので、用事は呑み屋に限られる。最近来たのは、一年ほど前にアユラシと「津国屋」で呑んだ時である。
風情ある雰囲気の「まんまや」の前を通り過ぎ、奥まった路地裏。石畳の両側に「湯浅」があった。路地を挟んで二つ店があるとは面白い。右側は宴会向け、左側は少人数用とのこと。我々は左。入ると靴を脱ぐようになっており、右側は厨房を囲むようにL字カウンター席、左手には座卓が3つ。2階もあるようだ。普通の場末居酒屋には無い、ちょっと洒落た雰囲気。いつもはこの時間、満席になるとのことだが、今日はこれから嵐がやってくるせいで、我々のほかはもう一組だけ。厨房の板前さん達も暇そうである。雨のなかをやってきた甲斐があった。
先ずはハートランドビールで乾杯。いつも思うことだが、このビールを置いている店は、食への拘りを持っていると思う。それだけで期待が高まる。先ずは、隊長がいつも頼んでいると云う、じゃこサラダとつくね。じゃこサラダはボリュームたっぷり、つくねも結構大ぶりで、卵黄と共に出てきた。お奨めだけのことはある。これだけで酒をガンガンいけそうだ。
日本酒は、栃木の酒「姿 純米吟醸原酒」から行くことにした。相変わらずまろやかでジューシー。その後、福井の「黒龍 いっちょらい吟醸」もいただく。刺身は三点盛りを頼んだが、四点出てきた。おまけ、かな。他に、鰆の西京焼き、銀杏もいただく。どれも日本酒との相性は申し分ない。
ふと醤油注しを見ると、「湯浅醤油」と書いてある。店の人曰く、資本関係はないとのこと。あとで調べてみると、和歌山県にある湯浅町の会社、なんと湯浅町は醤油(いわゆる、たまり醤油)発祥の地だそうである。「湯浅醤油」は関西では名が知れているらしい。
〆には鶏スープが出てくる。これが実にやさしい味。舌にも、胃にも優しい感じだ。またそのうち寄らせてもらおう。

20151001_183925

20151001_184612

20151001_185530

20151001_190907

20151001_190930

20151001_191226

20151001_193307

20151001_193318

20151001_201108

20151001_201223

20151001_204620

20151001_205245
 
湯浅のHP: こちら