山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

ししゃも

「松田健康福祉センター」でフラれた後は、雪崩を打ってフラれ続け、なんとかしてくれと新松田駅前の「豊丸水産」を覗いてみれば、テーブルの片付けが済めば入れるとのこと、漸くビールにありつけることとなった。ここは云わば、松田の吹き溜まりのような店である。
片付けが済むまでの時間をジリジリしながら待ち、やっと入店。とにかくビールだ。特に今日は陽気が良かったせいか、これがないと、ひと息できない。大野山の山頂からは、水すら飲んでいない。一気にグビッと呑み干す。ふ~、生き返る~。なんとか落ち着いたところで、突き出しとして小振りながらアジの開きが出てきた。なんだかちょっと嬉しい。流石は「水産」という店だけのことはある。
さて、メニューを開き、眺める。やはり魚介系を頼まない訳にはいかないだろう。それぞれの希望に合わせて注文したのは、かに味噌(390円税別、以下同様)、海鮮浜焼盛り合わせ(990円)、ちくわ磯辺揚げ(390円)、みょうがの天麩羅(あれ、いくらだっけ??)、つぶ貝ガーリック磯辺焼き(390円)、海鮮なめろう(490円)、エイヒレ(390円)、ししゃも(290円)だった。店の看板には「相模湾直送」と書いてあったが、それに該当しそうなものは、海鮮なめろうのアジぐらいか。それはともかく、それぞれ味も量も申し分は無い。個人的には、ちくわ磯辺揚げとつぶ貝ガーリック磯辺焼きが気に入った。
のんちゃんはこの店を出たら帰るとのことなので、もうちょっとゆっくりしようとビールの後は地酒に移行する。まつみどり(930円)、琴姫(970円)、丹沢山(980円)、箱根山(930円)と頼む。これらは何れもこの界隈の地酒。「まつみどり」と「琴姫」は、JR松田駅の直ぐ目の前にある中沢酒造、「丹沢山」はJR山北駅に近い川西屋酒造で、「箱根山」はJR上大井駅に近い井上酒造だ。
ここ、「豊丸水産」は、このような条件を上手く活用していると思う。それに、利用者にとっても申し分のない場所にある。支払いさえ済んでいれば、小田急線の発車時刻の1分前まで呑んで居られるくらい、近い。訊けば「はなの舞」の姉妹店だそうだ。新松田駅前に降り立って、もしこの店にフラれることがあったら、素直にこの界隈で呑むことは諦め、さっさと小田急線で別の駅へ移動すべきであろう。

_DSC2656

_DSC2657

_DSC2658

20160326_155239

_DSC2659

_DSC2660

_DSC2661

_DSC2662

_DSC2663

_DSC2664

_DSC2665

_DSC2666

_DSC2667

_DSC2668

_DSC2669
 

カミさんの用事に合わせて、また大宮へ出張ってみた。午後2時に待ち合わせ。この時間となると、ランチタイムはほぼおしまいで、夕方まで仕込みの中休みに入る店が多い。通しでやっている店となると、すでに入ったことがある「いづみや本店」、「いづみや第二支店」、「アカマル屋」、「酒蔵 力 南銀店」、「酒蔵 力 東口駅前店」ぐらいしか思い浮かばない(って、結構あるな)。他に無いかと、予めこの界隈をウロウロしてみたのだが、やはり午後2時で中休みと云う店ばかりだ。
そこで、困った時の「磯丸水産」に行ってみる。云わずと知れた、24時間営業の居酒屋「磯丸水産」は、大宮駅界隈にも3軒ある。今回は、南銀通りにある店に入ってみた。
24時間営業と云うことは、朝からだって酒が呑めると云うことである。恐らく夜勤明けの人たちがやってくるのだろう。朝、学校へ行ってみたら、全ての講義が休講になっていた、なんて大学生だって行くかも知れない。朝、学校へ行ったらインフルエンザで学校閉鎖になっていた、なんて先生が行くかも知れない(そんな訳無いか)。何れにしても、日中に仕事が無い(あるいは無いことにした)呑んベエは、磯丸水産を贔屓にしている可能性がある。そうでなくては、24時間営業の居酒屋がこれほど店舗を増やす理由が見つからないが。
入ってみると、かなり広い。手前のテーブル席は客も疎らだが、奥のテーブルは結構埋まっていて、且つかなり盛り上がっている。男も女も話し声、笑い声がでかい。だいぶいい調子だ。どのテーブルにも、ガスコンロが置いてある。オーダーした生の魚介類を、自分で焼け、ということだろう。
先ずビールを頼むと、お通しでししゃも、鳥つくね、チーズ入りかまぼこ(?)が出てくるので、早速、焼くことになる。ついでに蟹味噌甲羅焼も頼んで、焼く。こういうスタイルが好きな人もいるだろうな、と思う。小生は基本的に面倒なことは嫌いだが、目の前にあるとついつい焼き具合が気になって、結局、目も手も離せなくなってしまう。結構、疲れるわけである。
それ以外に、ポテトサラダ、ハムカツ、ほっけ開き、ホッキ貝、鉄火巻も頼んだ。ポテトサラダもハムカツも、ごく普通。この頃の高級魚、ほっけは結構大きい割にリーズナブル(499円税別)。ホッキ貝(1個399円)も、アツアツを喰うのは美味い。鉄火巻き(699円)は、いままで見たことが無いほどの太巻き。この店は総じて、でっかいネタをガツガツ喰うような、基礎代謝量が高い人向きのようである。

_DSC9612

_DSC9603

_DSC9604

_DSC9605

_DSC9606

_DSC9607

_DSC9608

_DSC9609

_DSC9610

_DSC9611
 

仕事帰りに、神保町の「酔の助(よのすけ)」に行ってみた。靖国通りから1本北側の小道に面していて、我々にはICI石井スポーツ登山本店の裏辺りといった方が判り易い。ここは東銀座の「秩父錦」と同様、先日「根津の甚八」で出会った方に教えてもらった店。そんなに古いわけではないようだが(昭和54年創業)、妙に落ち着くセピア色的大衆居酒屋である。年中無休で、16時からやっているという。いつものように18時30分過ぎに店に到着し早速入ってみると、テーブル10卓がズラリと並んでいて、既にどこも席が埋まっている。奥には広い座敷があって、更に多くのテーブル(16卓)があるようだが、同様に埋まっているらしく、次から次にやってくる客を断っている。大変な賑わいである。狭い間口に比しては意外なほど中は広い(長い)。我々はアユラシのおかげで入口直ぐ右手のテーブルを確保できた。
さて、もう梅雨が明けてしまったことだし、とにかく生ビールを飲まないことには始まらない。暑いのは大の苦手だが、ビールが一層美味い季節になったことだけは確かだ。つまみは何にしようか・・・。お品書きを見ると、料理メニューがきわめて豊富で目移りする。その中から、ポテトサラダ、ベトナム風チキンサラダ、ししゃも、イワシ刺し、アスパラもみじ焼き、ベーコン厚切りステーキ、和風ガーリックポテト、ガンダーラ古代岩塩のピザ、ホルモンスタミナ炒め、なすの一本漬け、等々を注文。間もなく料理が次々と出てくる。ここは、風変わりな和洋折衷や洋物系が結構多いのも特徴と言えば特徴。特に、ガンダーラ古代岩塩のピザはチーズと岩塩(?)だけのシンプルで、生地がパリパリのピザだが、妙に酒の肴に合う。もうひとつ、これもチーズ系だが、アスパラもみじ焼きも(アスパラがやけに貧弱にもかかわらず)イケる。酒は山形・酒田の「麓井 純米吟醸」を注文。これも初めて飲む酒。いわゆる淡麗でも辛口でもなく、かと言ってべたべたした感じも無く、すっきり旨味が生きている。淡白な白身魚の刺し身などでは負けてしまう力強さを持っている。吟醸香はそれほど感じられず、全体的なバランスとしてなかなか好みに合う味で、スカスカ飲めてしまう。
アユラシと飲み始め、そのうちあひるちゃん、このちゃんも合流し、いつのまにか3時間以上飲み続けて(話し続けて)いるのに気が付いた。これもこの店の居心地の良さによるものかも知れない。きっとまた来ることになるだろう。
(残念ながらスマホ(Galaxy S3)画像なので、鮮明さはご容赦願いたい)

20140723_201051

20140723_192240

20140723_203425

20140723_201632

20140723_192849

20140723_202127

20140723_202430

20140723_202835

20140723_213822

↑このページのトップヘ