昭和ノスタルジー居酒屋訪問シリーズ第6回は、秋葉原の「赤津加」。秋葉原駅を出て、多くのメイド姿の客引き達を横目で見ながら進んだ先に、こんな店が現れると嬉しいだけでなく、やはりちょっとびっくりするし、よくぞこんなところに残っていてくれたものだと、密かに感動もする。板塀に白壁の建物は、秋葉原の歓楽街にあっては逆に目立つ。時代に媚びない姿勢が素晴らしい。
今回も、予約なしでアユラシがテーブルを確保していてくれた。多少入れ替わりはあるものの、常に殆ど席は埋まっている。席に着いたら、さっそく生ビール。そのあとは、菊正宗燗酒。つまみはマグロブツ、肉じゃが、鶏もつ煮込み、さんまのおろし煮、タコと茄子のうま煮(だったかな?)、お新香盛り合わせ等を注文。さんまのおろし煮などは、居酒屋の肴を超えていて、これだけで結構楽しめる。ここは定番メニュー以外に、季節によっていくつかの旬のメニューを入れ替えているようなので、年中きてもいろいろ楽しめそうだ。
(残念ながらスマホ(Galaxy S3)画像なので、鮮明さはご容赦願いたい)

 20140924_183153

20140924_183352

20140924_183534

20140924_185337

20140924_192734

20140924_194256

20140924_194331