山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

ごぼうチップ

「東尾垂の湯」で暫しゆったりした後、送迎バスで藤野駅まで移動し、予ねてより気になっていた「風里」に入店(家で愛犬が待っているのんちゃんとは駅前でオサラバ)。ネットでググってみると、藤野界隈の山を登るハイカー達に愛されている店のようである。営業時間も、昼から夜まで切れ目無しらしい。ということは、まさしく「山から下りたら」のコンセプトにぴったり合っている店のはず。これは取材せずばなるまい。こういう店をさしおいて、番外編で都心の居酒屋ばかり行ってちゃ、いけないいけない。
藤野駅前と云えば、かつて「十番」という居酒屋があって、結構美味しかったので何度か訪れたことがあったが、その後、何故か「いちばん」という名の焼肉屋に鞍替えしてしまって、それ以来、藤野には居酒屋が無くなったとばかり思い込んでいた。
「風里」は、入口が表の通りからやや、奥まっているのでちょっと判り難いが、入ってみると中は意外に広い、というか長い。入って左手がカウンター席と厨房、右手は靴箱、正面から靴を脱いで上がり、奥に長い廊下がはるか左手に続いている。突当たりがトイレの様子。その手前に座敷の間とテーブル席の間がある。我々は、座敷に通される。間仕切りを挟んだ隣の部屋(テーブル席)では将に宴会の真っ最中、大変な盛り上がりで少々喧しい。
メニューを見ると、食堂的な定食料理もかなりある一方、居酒屋メニューも充実していて、なかなか守備範囲が広い店である。
もうビールは「東尾垂の湯」でしっかり呑んできたので、日本酒を注文。久しぶりに「笹一」本醸造・生酒にしてみた。つまみには、和風サラダ、ごぼうチップ、もつ煮込み、ビッグハンバーグ、じゃこ天、そしてトウフのメンタイ焼を注文してみる。
和風サラダは大根の千切りに豆腐と山菜(わらび、ぜんまい等)が乗っていて、梅しそ味のドレッシングにかつお削り節のトッピングという完全和風スタイル、意外と云っては失礼だが美味い。トウフのメンタイ焼もありそうでない料理、B級グルメ的だが美味い。ごぼうチップは、カリカリサクサクで止まらなくなる。(ひろちゃんが呑んでいる)ハイボールに良く合いそうだ。煮込みは味噌味だがあっさり系。手造りビッグハンバーグは300gあるというが、3人ではペロリ平らげた。デミグラソースも良い味。噂だけのことはある。
山から下りた処にあるどの駅にも、立ち寄り湯と共にこのような店があると我々呑んべえ山やには有難い。ここはカレーも美味いらしい。下戸の方はどうぞお試しを。

_DSC6346

_DSC6347

_DSC6348

_DSC6349

_DSC6350

_DSC6351

_DSC6352

_DSC6353

_DSC6354

_DSC6355

_DSC6357

_DSC6358

_DSC6359

_DSC6360

_DSC6361

_DSC6362

 

杓子山から下り葭之池温泉で温まってから、これで三週連続でホリデー快速富士山2号に乗って立川に移動。北口から近い「蕪(カブラ)」に入ってみた。居酒屋というよりは、ちょっとお洒落な和風ダイニングバーの感じで、造りもゆったりしている。テーブル間はカーテンで仕切れるようになっていて、ギャル心をくすぐる。その通りに客は女性の比率が高い。ギャンブル好き親爺連中はいささか近寄り難い雰囲気であり、登山姿でも憚る感じがしないでもないが、気にせず入店。
プレミアムモルツで喉を漱いだ後は、日本酒にするかワインにするか、ちと迷うが両方飲んでも悪くないと、先ずは上喜元特別純米を頼む。つまみには、茄子とズッキーニの炭火焼、長須鯨のお造り、炙りエイヒレ、かつ煮、ごぼうチップ、気まぐれサラダ、いかわたバター焼きを注文する。茄子焼き、ズッキーニ焼きはたいへんシンプルなのだが、酒のつまみになかなか良い。ごぼうチップは驚くほどボリュームたっぷり。
今どき、長須鯨は大変珍しいのではなかろうか。北氷洋で獲れたもの(つまり調査捕鯨?)とのこと。子供の頃はいやになるほど喰ったと記憶しているが、刺身で喰ったことは無かったはずなので、初喰いだと思う。生のせいか、さして特徴を感じない。もしかすると喰ったことそのものを忘れているかも知れぬ。
ワインは、ヴィニャマイポ・レゼルバ・ヴィトラル・カルメネール2012を注文。これもチリ産ワイン(この頃、チリワインしか呑んでいないなぁ)ではポピュラーで、コストパフォーマンスも十分な一本。カルメネール種は仄かに甘い香りが特徴のようだが、味わいはカベルネ・ソーヴィニョンとメルローの中間的か。
この店にはもつ焼きをはじめ、肉系料理も結構豊富なのだが、結果的には結構、ヘルシー系のつまみを喰った。この店の雰囲気でもつ焼きもないだろう。もつ焼きは店内が薄汚れていて、少々煙っているぐらいで丁度良いと思う(あくまでも個人的な見解)。

_DSC5424


_DSC5405

_DSC5423

_DSC5406

_DSC5407

_DSC5408

_DSC5409

_DSC5410

_DSC5411

_DSC5412

_DSC5413

_DSC5414

_DSC5415

_DSC5416

_DSC5417

_DSC5418

_DSC5420

_DSC5421

_DSC5422

↑このページのトップヘ